1月の風物詩!大日堂舞楽のみどころまとめ!日程は?

スポンサーリンク


ユネスコの無形文化遺産に登録された大日堂舞楽をご存じですか?1,000年以上もの長い間受け継がれたお正月に奉納される舞いです。この大日堂舞楽、一体どんなものなのでしょうか。


いつどこで見られるのか、みどころ、登録されているユネスコの無形文化遺産についても解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

大日堂舞楽とは?


大日堂舞楽とは、秋田県鹿角市の大日霊貴(おおひるめむち)神社毎年1月2日に奉納される神楽のことをいいます。


大日堂舞楽の歴史は?どんな踊り?

大日堂舞楽の始まりは718年のことと伝えられています。天皇の勅令により大日霊貴神社(通称 大日堂)が建立されます。その際、高僧 行基と共にこの地に訪れた楽人が、お祝いの舞楽を里の人に伝えたことが由来とされています。


その後1300年に渡ってこの地で大事に伝承されてきました。
国重要無形民俗文化財、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。


大里、小豆沢、長嶺、谷内の各地区の代表が集まり、大日堂で舞いを奉納します。
それぞれの地区で違う舞いが伝承されています。


全部で11個の舞いがあり、神様に捧げる舞い、豊作を感謝する舞い、天皇の御霊を鎮める舞いなど、それぞれ舞いに込められる意味や衣装なども異なってきます


大日堂舞楽 開催概要

日時毎年1月2日 2018年は(火)の開催です。
   8:00~12:00頃

場所:大日霊貴神社(秋田県か鹿角市八幡平字堂の上16)

アクセス:JR花輪線 八幡平駅 徒歩1分
     高速道路鹿角八幡平IC 車で約5分


当日は大日堂舞楽観覧用にシャトルバスが運行されます
車でお越しの方は、「道の駅かづの・あんとらあ」に駐車し、シャトルバスで八幡平駅に移動、徒歩で神社へ行くのがオススメです。


<シャトルバス時間>

あんとらあ→八幡平駅 7:30発 8:30発 9:30発

八幡平駅→あんとらあ 10:00発 11:00発 11:45発 12:25発

料金:大人100円、小人50円


大日堂舞楽




大日堂舞楽が登録されたユネスコ無形文化遺産って?


ユネスコ無形文化遺産とは?

そもそもユネスコとは国連機関の1つで、教育、科学、文化などを専門に扱う機関です。その中でも無形文化遺産とは、古くから伝わる民俗文化や口伝伝承などの形の無いものを保護する事業です。


無形文化遺産に登録されるものは、民族音楽、踊り、お祭り、食文化、伝統工芸品など多岐にわたります。


登録方法、メリットとデメリット

ユネスコの文化遺産に登録されるには、毎年各国からユネスコへの登録推薦状を提出する必要があります。その上で専門機関による文化遺産にふさわしいかどうかの審査を行います。


推薦状があったとしても、必ずしも登録されるわけでなく、岩手県の平泉は2008年に1度登録の見送りがありましたが、推薦状を練り直して2011年に登録されました。


ユネスコの文化遺産に登録されることのメリットはなんといっても観光客の増加です。観光客を呼び込めるため、サービス業などの雇用も増えますし、近隣への経済効果も大きいです。


ただし、世界的に有名になることは良いことだけではありません。その地域の自然環境や、文化をしっかり守っていく体制を作っておかなければいけません。文化や習慣の違う海外の人が来るとマナーやごみ問題などが出てくるからです。


また登録された後も6年ごとに状況を報告しなければならず、保護体制が整っておらず景観や環境が悪化していると文化遺産の登録を抹消される可能性もあります


大日堂舞楽のみどころは?


個性の違う11の舞い

4つの地区ごとにそれぞれ7つの舞いと、複数の地区合同で4つの舞いを奉納します。1つずつ舞いに込められる思いは違い、衣装も雰囲気も異なります


獅子頭を使う権現舞では荒々しい太鼓の演奏と共に迫力のある舞いが、鳥舞では子供3人がどこか可愛らしい踊りを披露します。


秋田県最大の社殿造りの建物

舞いを披露する大日霊貴神社の建物は、中央に舞台があり、それを取り囲むように観客席が設けられる程広い建物です。大日堂舞楽を奉納する神社として造られた建物は神社建築としては秋田県最大になります。歴史的建築物としても見応えがありますよ。


【鹿角市市勢要覧2017】大日堂舞楽



大日堂舞楽奉納時期の秋田県のみどころは?


秋田1月のお祭り

秋田県内では、1月になると梵天と呼ばれるお祭りが各地で行われます。梵天と呼ばれる神様の依代(よりしろ)を神社に奉納する行事です。


特に秋田市の太平山三吉神社総本宮で行われる梵天祭は「けんか梵天」として県内では知らない人がいない程有名な梵天まつりです。


名称三吉梵天祭

日時2018年1月17日(水) 10:30~12:00

場所:太平山三吉神社総本宮(秋田県秋田市広面字赤沼3の2)

アクセス:タクシー 秋田駅より約6分
     バス 秋田駅西口より太平方面行き 約10分「三吉神社入口」下車徒歩約2分


三吉梵天祭 MIYOSHI BONDEN



秋田1月のグルメ

秋田といえばきりたんぽ鍋。鍋を食べるならやっぱり冬場ですよね。


このお店ではきりたんぽだけでなく、比内地鶏、はたはた、稲庭うどんなど秋田の郷土料理全般を提供しており、しかも猟師の家をモデルにしているので、囲炉裏できりたんぽを焼き、鍋にはイノシシやウサギなどの肉も入れられます(入荷状況による)。


ご当地感満載のお店ですよ。


店名秋田きりたんぽ屋

住所:秋田県秋田市中通2-7-6 緑屋ビル1F

アクセス:JR秋田駅西口より徒歩2分

営業時間:月~土16:00~1:00/日曜日11:30~1:00

定休日:無休


【まとめ】

大日堂舞楽とは、

秋田県鹿角市、大日霊貴神社で毎年1月2日に奉納される舞い

1300年に渡って受け継がれた、歴史ある行事

国の重要無形民俗文化財、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている


1月の秋田のみどころは

秋田市 太平山三吉神社の梵天祭

グルメでは きりたんぽ鍋 がオススメ


1300年以上の歴史を持つ大日堂舞楽。厳かな雰囲気の中で行われる舞いの奉納は、古式ゆかしい神秘的な行事です。身を切るような秋田の冬の寒さの中で舞いを見た後は、ほっこり秋田グルメで体を温めてはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です