婦人病のお守り・御利益が有名な東京のお寺・神社3選!お参り・ご祈祷のお作法は?

東京都内には数え切れないほどの神社仏閣があり、病気平癒にご利益のある神社やお寺も数多くあります。


自分自身のため、また大事な家族や知人のため、少しでも病気平癒のご利益が欲しいと願っている人は多いかもしれません。よりピンポイントで婦人病から守ってくれる神様がいるとしたら、心強いですよね?


そこで今回は病気平癒、婦人病にご利益がある東京のお寺・神社を3箇所ご紹介します。



スポンサーリンク

【婦人病ってそもそもどんな病気?お参りの作法は?】

主な婦人病には、次のような種類があります。


1.子宮内膜症
2.子宮内膜増殖症
3.子宮筋腫
4.子宮がん
5.卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)
6.機能性月経困難症
7.無排卵症
8.乳がん
9.不妊症
10.更年期障害


このほかにもまだまだ女性特有の病気はあります。


この中でも、子宮筋層内に良性腫瘍ができる子宮筋腫は、婦人科の腫瘍の中では最も多い病気で、発生頻度は30歳以上の女性で20〜30%です。


自分はまだ若いから大丈夫と思っている人も安心はできません。将来の妊娠・出産にも影響がある場合もありますので、注意が必要です。


特に女性は月経に何らかの異常がある場合は、早めに検査をすることが重要です。


ご祈祷の作法

神社での祈祷の正式な作法を、知らないという方は多いと思います。お願いごとをするのに、神様に無礼があってはいけませんよね?お参りの仕方をまとめてみました。覚えておくと良いですよ?


[神社編]
一礼してから鳥居をくぐり、左右どちらかに寄って進みます(参道の中央は神様の通り道なので)。手水舎で手水をとりお清めをして、本殿で拝礼をします。
※参拝者が手水でお清めをする施設を手水舎(ちょうずや、てみずや)と言います。


≪手水のしかた≫
①ひしゃくを右手で持って、水をくみ左手にかけます。
②ひしゃくを持ちかえて、右手に水をかけます。
③再びひしゃくを右手に持ちかえ、左の手のひらに水をため、その水で口をすすぎ、左手に水を流します。(この時にひしゃくに直接口をつけない様にして下さいね?)
④最後にひしゃくを立て、自分がさわった柄の部分に水をかけて洗い流し、元の位置に戻します。


≪拝礼の仕方≫
おさいせん箱の前に立ち会釈をして、おさいせんを入れ、二礼二拍手一礼で拝礼します。


〈二礼二拍手一礼の仕方〉
①深いお辞儀を(2回)繰り返す。
②両手を胸の高さで合わせ、右手を少し下にずらし、拍手を(2回)する。
③両手をずらさず合わせてお祈りする。
④両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀をする。


[お寺編]
①門の前で浅いお辞儀をする。
②神社と同じように手水をする。
③お線香をあげる。
④浅いお辞儀をし、おさいせんを入れて鈴を鳴らす。
⑤胸の前で手を合わせお祈りする。(拍手は打たないで下さいね?)
⑥最後に浅いお辞儀をする。


〈参考〉手水の作法


ご祈祷の作法

服装は特に決まりはありませんが、肌の露出の多い服はちょっと神様に対して失礼ですよね?スーツ等のフォーマルな服装が無難ですよ?


祈祷を受ける前は必ず手水をします。ご祈祷料は一般のお祝い用のちょうちょ結びののし袋を使い、表には「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などと記入します。


お守りは持ち歩きましょう!

お守りはパワーが分散しないように、今の自分に本当に必要なものだけを持つようにしましょう!たくさんのお守りで神様がケンカをすると聞いたことがありますが、それは大丈夫です!でも神様の喧嘩は怖そうですよね?


バッグや財布など、いつも持ち歩くものにつけるのが一番効果的です。また、お守りの御利益は1年です。古いものは頂いた神社などにお返ししましょう。


また、お守りは人からもらった物の方が、その人の願いが込められている分、効果がアップします!



お守りをネットで買うことに、迷う方もいますよね?でも安心してください!行かないからといってお守りの効果が薄くなるということはないです。お守りに願いをこめる気持ちは一緒なのですから!





【婦人病ご利益で有名なお寺神社3選:浅草寺・淡島堂】

「淡島堂」は、浅草寺の境内、本堂の西にあるお堂です。本堂の喧騒から少し離れた場所にあるので、ここに来る参拝客はあまり見られませんが、靴を脱いで淡島堂の中でお参りすることも出来るようです。


「淡島堂」は、江戸・元禄年間に女性に優しい神様をまつる、和歌山の加太神社の淡島明神をお迎えして建てられました。


御本尊は阿弥陀如来ですが、淡島大明神の本地仏(ほんじぶつ)として、「虚空蔵(こくうぞう)菩薩」をまつっています。


淡島明神は女性の守り神として、婦人病の女性を守護するために神となったと伝えられている神さまです。


中でも女性の下半身の病に霊験があるといわれていて、婦人病平癒、安産、子授け、人形供養など、昔から女性の女性に関するあらゆることに霊験のある神とされ、守り神として女性の信仰を集めています。


江戸時代には、裁縫技能の神様として広く信仰されていたので、毎年2月8日には、日頃使っていて折れてしまった針をお豆腐に刺して、感謝の意を表す針供養が行われています。


<施設概要>
名称:淡島堂
場所:東京都台東区浅草2-3-1
アクセス:東武スカイツリーライン、東京メトロ銀座線、つくばエクスプレス、都営地下鉄浅草線の各「浅草駅」より徒歩5分。浅草寺には専用駐車場がなく、周辺にも「無料駐車場」はありませんので、電車の利用をおすすめします。


問合せ:浅草寺(TEL 03-3842-0181)



【婦人病ご利益で有名なお寺神社3選:淡島神社】

東京・町田市にある「淡島神社」は、先にご紹介した「浅草寺・淡島堂」と同様、和歌山の加太神社の淡島明神をお迎えして建てられました。


創建年代等は不詳ですが、享保年間(1716-1745)頃には、既にまつられた碑があると言われています。もとは同じ町田市にある箭幹八幡宮飛地境内社だったもので、昭和42年に宗教法人として登記されました。


少彦名命、天照大神、菅原道真公などがまつられていて、婦人病に霊験のある神として信仰されていて、婦人の守り神とされています。


<施設概要>
名称:淡島神社
場所:東京都町田市根岸町457
アクセス:東急田園都市線「つくし野駅」から徒歩約11分。


問合せ:淡島神社(TEL 03-3842-0181)


【婦人病ご利益で有名なお寺神社3選:森巌寺・淡島堂】


森巌寺の本堂は、1608年(慶長13年)に徳川家康の次男・結城秀康の位牌所として建立されました。境内にある「淡島堂」のご祭礼は、医療と医薬の神の少彦名神(スクナビコナ)です。


浅草寺の淡島堂と同様に、淡島明神は女性の守り神として、婦人病の女性を守護するために神となったと伝えられている神さまです。


中でも女性の下半身の病に霊験があるといわれていて、婦人病平癒、安産、子授け、人形供養など、昔から女性の女性に関するあらゆることに霊験のある神とされ、守り神として江戸時代から女性の信仰を集めています。


江戸時代には灸と針供養、そして民衆信仰の富士講で有名で、多くの参詣者で賑わっていました。毎年2月8日に行われる「森巌寺の針供養」は、世田谷区指定無形民俗文化財に指定されています。


<施設概要>
名称:森巌寺(しんがんじ)
場所:東京都世田谷区代沢3-27-1
アクセス:小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」より徒歩約8分


問合せ:森巌寺(TEL 03-3421-1730)



【最後に】

「婦人病のお守り・御利益が有名な東京のお寺・神社3選!」のまとめはいかがでしたか?
和歌山県の淡嶋神社を総本社とする全国の淡島神社や、淡島堂には「淡島明神」がいて女性を守ってくれているということがわかりましたね?


今回ご紹介したのは、


①東京の婦人病のお守り・御利益が有名なのは、「浅草寺・淡島堂」
②東京の婦人病のお守り・御利益が有名なのは、「淡島神社」
③東京の婦人病のお守り・御利益が有名なのは、「森巌寺・淡島堂」


などをご紹介しました。参考にしていただき、心配ごとがある人は、婦人病のお守り・御利益で有名な東京のお寺・神社に足を運んでみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です