北海道神宮例大祭2017!神輿・屋台の時間は?みどころまとめ!

スポンサーリンク


札幌まつりと呼ばれている北海道の都会・札幌市が誇る初夏のお祭り「北海道神宮例大祭」をご存知ですか?1000人以上の行列や400を超える出店が並ぶことでも有名なお祭りなんです。


北海道と言えば冬が見所とも思いますが、6月に行われるこの北海道神宮例大祭もとっても活気があって見ごたえがありますよ。暖かいうちに北海道を訪れたいと考えている方は、このお祭りに合わせて遊び行かれてはどうですか?


スポンサーリンク

北海道神宮例大祭2017!どんなお祭り?

北海道神宮例大祭は、毎年、6月14日・15日・16日の3日間に渡って開催される、札幌まつりと呼ばれ、100年を超える歴史がある、札幌の伝統的なお祭りです。


お祭りの会場となるのは、北海道札幌市中央区にある北海道神宮です。4基の神輿と8基の山車、さらに1000人以上の行列が行われ、このお祭りで札幌市の人々は、夏の到来を知るんだそうです。


お祭り3日間のスケジュール

1日目となる6月14日は、前夜祭のようなもので、宵宮祭と呼ばれ、北海道神宮で18時ごろから三条神楽やよさこいソーラン、太鼓の演奏、野点、猿回しなどを楽しむことができます。


2日目となる6月15日は、例祭と呼ばれ、奉納行事がメインとなります。10時頃から北海道神宮で、三条神楽や能楽、雅楽、弓道のパフォーマンス、野点、猿回しが行われますよ。


3日目で最終日となる6月16日は、北海道神宮例大祭のメインである神輿渡御が行われます。神輿に北海道神宮の神様をのせて、1000人以上の平安時代の恰好をした市民が札幌市内を練り歩きます


アクセス情報

北海道神宮へのアクセス方法は、地下鉄東西線円山公園駅から徒歩15分バスの場合は、JRバス神宮前停留所から徒歩1分です。北海道神宮には、250台ほどの駐車スペースがありますが、祭り期間中は満車となるので、公共交通機関を利用して行かれた方が良いでしょう。


北海道神宮祭 神輿渡御 【行列全景】 2016年




神輿のルート、時間は?ベスト観覧スポットは??

最終日に行われる、北海道神宮例大祭の目玉となる神輿渡御は、4基の神輿と8基の山車、1000人以上の平安時代の衣装を着た市民行列が、西の北海道神宮と東の頓宮の間を往復するルートで、札幌市内をまんべんなく、1日かけて練り歩きます。


これには、北海道神宮の神様に、町の繁栄をお見せする目的があるからです。大勢の市民が神輿をお迎えして、行列を見守ります。


ただ、この神輿渡御のルートは、午前と午後で異なり、毎年変更されており、なかなか攻略するのが難しいんです。


参考にしよう!2016年のルートはどうだった?

2016年は、午前9時ごろに出発して、お昼頃に頓宮に到着して、午後に中心部を通り、大通りで神輿と山車のお披露目の時間があって、午後17時ごろに北海道神宮に戻ってきています。


2017年がどのようなルートになるのかは未だ不明なので、遊びにいかれる際には事前にチェックされると良いでしょう。


平成28年北海道神宮例祭「神輿渡御」



北海道神宮例大祭といえば屋台・露店!開店時間は?

北海道神宮例大祭のもう一つの目玉と言えば、中島公園にずらりと並ぶ出店です。なんと、400~500店も出店が集まるそうです。


出店の中には、全国的にメジャーなものから、オートバイサーカスやお化け屋敷、見世物小屋などの一風変わったアトラクション系のものもあり、子供連れや若者に大人気なんだそうです。


過去に出店された様々な屋台・露店の紹介

過去に出店されたものには、肉巻きおにぎり、チキンステーキ、いかやき、みそおでん、えびせんべい、つぶやき、キャンドルボーイ、さつまフライスティック、ふりふりポテト、もちもちポテト、東京ソース焼きそば、大阪とん玉焼、りんご飴、スティックワッフル、フルーツまるごとシャーベット、ハッカパイプ、クレープ、エアーガン射撃場、ピッチングゲーム、亀すくい、スマートボール、数字あわせ、輪投げ、千本くじ、マジックハウス、びっくりハウスなどです。


開店時間は?

中島公園の出店は、お祭り期間である3日間ずっと楽しめ営業時間は10時から午後22時までで、最終日は、午後18時ごろまでとなっています。


ちなみに、中島公園以外にも、お祭りのメイン会場となる北海道神宮にも出店は並びますよ。どちらも、学生や会社員が遊びに行ける夕方から夜にかけてが混雑しています。


アクセス情報

中島公園へのアクセス方法は、地下鉄の南北線の「中島公園駅」で降りて、3番出口を出て左側です。お祭り期間中はとってもにぎやかなので、すぐにわかると思いますよ。


最終日は、神輿渡御に合わせて、交通規制が敷かれるので電車で出かけることをおすすめします。また、中島公園に駐車場はないので、周囲のコインパーキングに停めるほかありません。


北海道神宮祭に行ってみた!



その他 北海道神宮例大祭のみどころ3選!

神輿渡御の豪華さ

まずは、やはりメインとなる神輿渡御の豪華さです。万燈(まんど)のお囃子を先頭に、猿田彦や維新勤王隊、祭典を運営する各祭典区の代表委員もいる大行列は、平安絵巻を彷彿とさせるきらびやかなもので、迫力もあります。8台の山車の飾り人形と4基の神輿も注目ですよ。


野点

北海道ではなかなか楽しめない行事なのが、外で楽しめる大規模な野点です。毎年開催されており、体験コーナーも設けられ、大人から子供までお茶のお点前を体験することができます。


野点は長椅子に腰かけての一服のため、子供からお年寄りまで気軽に参加可能です。毎年、趣向を凝らしたお菓子や茶碗が用意され、目でも楽しめる野点となっていますよ。


大道芸猿回し

とっても人気があるのが、大道芸猿回しです。本場である伊東市から、お祭りのために遠征してくるのですが、無料で観覧できるとあって、毎年大盛況なんです。奉納行事の中でも目玉であり、愛嬌のあるお猿さんのかわいい芸を楽しめますよ。


猿回し



【最後に】


北海道神宮例大祭は出店だけでも楽しめますし、伝統的な神輿や奉納行事を楽しむこともできるので、若い人からお年寄りまで幅広い年齢が楽しめるお祭りだと思います。3日間開催されており、札幌市内が祭り一色に染まる風景も良いものですよ。


北海道神宮内だけでも、さまざまなイベントが開催されており、神宮内にいるだけでも十分にお祭りを楽しめますよ。夏に北海道に行かれるなら、ぜひこの北海道神宮例大祭の時期も検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です