梅雨の風物詩は、あじさいとかたつむり!それぞれ調べてみたよ!

あじさい

梅雨や6月でイメージするものといえば・・・?

そう!あじさいとかたつむりですよね!

でも、、、あじさいの葉の上にかたつむりって実際に見たことあります?

いつから/なぜ、この季節にあじさいとかたつむりが風物詩となったのか調べてみました。

あじさいとかたつむりの奇妙な関係

3FotorCreated

あじさいの葉の上にかたつむりがのっているイメージは良く見かけます。かたつむりはあじさいの葉が好物なのかなと思いますよね。

でも、あじさいの葉には毒があり、かたつむりが好んで食べるわけではないようです。

あじさいとかたつむり、どちらも雨を好むことから、観念的に結び付けられたものらしいです。

知っているようで知らないあじさいってどんな花?

1FotorCreated

あじさいは6月から7月にかけて開花します。種類は豊富にあり、白、ピンク、青や紫のものが主流です。

最近の品種改良では薄いグリーンの花をつけるものもあります。

花に見えている部分は、実はガクが大きく発達したものです。

原産地は日本ですが、日本では「心変わり、移り気」という花言葉の通り、あまり好まれていませんでした。

そのため、ヨーロッパに紹介されてから、そこで品種改良が進んだようです。

あじさいは土壌の酸性度によって花の色が変わります。

一般的に酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。

また、開花から時間の経過とともに色が変化します。時間の移り変わりとともに花の色を楽しむことができますね。

あじさいの葉は猛毒?

5FotorCreated

先ほど、あじさいの葉には毒があるのでかたつむりは食べないと書きました。

その毒性は人に対しても有害で、2008年6月に、飾りとして料理にそえられていたあじさいの葉を食べた人が、食中毒を起こした件が報道されています。

実際にあじさいの葉に含まれる毒は何かという問題については、まだはっきりしていないようです。

通説では、青酸配糖体という成分が含まれていて、これは青酸カリと同じように人体に害を及ぼします。

未だ、動物実験が行われていないので、どれくらいの毒性で、青酸配糖体以外にも毒成分があるのかどうかもわかっていません。

でも、とにかく、あじさいの葉は食べないでくださいね!

かたつむりは何を食べている?

2FotorCreated

しかし、調べてみるとかたつむりの中にはアジサイの葉を食べる品種があるようなのです。

本来のカタツムリは、種類によってえさとするものが違います。

ほとんどのものは植物性のものをえさとし、キャベツ、リンゴ、キュウリ、ナス、バナナなど、生の植物や枯葉などを食べます。

また、菌類をえさとするものや雑食性のもの、他のかたつむりを捕食する肉食性ものもあるというから驚きです。

また、かたつむりは殻を維持するためにカルシウムを必要とします。

そのため、捨てられた貝殻や他のカタツムリの死殻をなめることがあります。

雨が降った後にブロック塀やコンクリート壁にかたつむりがいるのを見かけたことはありませんか。

これはコンクリートに含まれるカルシウムを摂食するために集まってくるのです。

エスカルゴとかたつむりの違い

7FotorCreated

ちなみに、フランス料理ではエスカルゴと呼んで、かたつむりを食用にします。

食用カタツムリとして流通しているものはほとんどが養殖されたもので、かたつむりの中でもリンゴマイマイや、プティ・グリなどと呼ばれる品種のものです。

最近みかけなくなったかたつむり、どこにいった?

6FotorCreated

かたつむりを最近見かけなくなったとよく耳にします。

確かに昔に比べると激減しましたね。

その原因はよくわかっていませんが、かたつむりの形状は生存競争の中で不利なのかもしれません。

かたつむりは背中に貝殻を持っているので、鳥などの外敵から身を守るには有利ですが、移動したり、狭いところに潜り込むのは苦手です。

同じような仲間にナメクジがいますが、あちらは貝殻を持たないので、どんなに狭いところ(例えば、庭のプランターの鉢下とか)にも、もぐりこんでいたりします。

なにしろ、かたつむりは巻貝が海から陸に上がって進化したもので、ナメクジはそのかたつむりの殻がさらに進化したものです。

やはり、進化論にのっとって、ナメクジに淘汰されていゆくのでしょうか・・・。

まとめ

「梅雨の風物詩はあじさいとかたつむり!それぞれ調べてみたよ!」は、いかかでしたか?

梅雨の日には、あじさいの花が生き生きとして、とてもきれいですよね。

その時、あじさいのそばに近づいて見てください。

カタツムリが遊んでいるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました