生後3ヶ月・4ヶ月・5ヶ月の雨の日の過ごし方ガイド!梅雨の日のお出かけはあり?

保育園

雨の日が続く梅雨の時期にもなると、赤ちゃんとどうやって過ごそうか考えてしまいますよね?特に、生後3ヶ月~5ヶ月くらいの幼い子であれば、まだまだあまり動けないので、雨の日の散歩は大変です。

そんな時、室内でどうやって過ごせばいいのか、詳しく見て行きましょう。

生後3ヶ月と雨の日の過ごし方アイデア!

生後3ヶ月の赤ちゃんの場合は、ようやく昼と夜の区別がついてきた頃合いでしょう。そんな小さなお子さんと雨の日を過ごすなら、室内が断然おすすめです。晴れの日でも手のかかる時期なので、なんでもすぐに対応できる室内がぴったりです。

そんな3ヶ月の赤ちゃんと遊ぶなら、音が鳴るおもちゃがぴったりでしょう。小さな容器にピーズなどを入れてカシャカシャ振るおもちゃがおすすめですよ。

他にも、ぎゅっと握るおもちゃもいいですね。まだまだ動き回ることができない年齢なので、音や手の感触を楽しむようなおもちゃがいいでしょう。また目の前でカラフルなものがくるくると回るおもちゃもおすすめですよ。

3ヶ月の赤ちゃんに買ってよかったおもちゃBEST3!!各レビュー付きでまとめてみました【おもちゃ】【めいちゃんねる】

3ヶ月の赤ちゃんに買ってよかったおもちゃBEST3!!各レビュー付きでまとめてみました【おもちゃ】【めいちゃんねる】

生後4ヶ月と雨の日の過ごし方アイデア!

生後4ヶ月にもなると、やっと首がすわってきます。頭を自由に動かすことができるので、視界が広がっていろんなものに興味が湧いてきます。だんだんと、喜怒哀楽を表現してくれるようになりますし、昼と夜の区別がはっきりして来て、生活リズムを作ることができるようになります。

そんな生後4ヶ月の赤ちゃんは、腕を伸ばしていろんな物に触れようとしたり、口に物を入れようとしたりします。なので、いろんな機能が付いているおもちゃがおすすめです。口に入れたり、引っ張ったり、振り回したりできるような持って遊べるおもちゃが最適です。

また、ママやパパの声もしっかりと聞こえるので、いないいないばぁで遊ぶのも良いでしょう。鏡などで遊ぶこともできるので、そう言った機能もついている知育玩具をベッドに飾ったり、持たせてあげるといいでしょう。

生後4ヶ月の赤ちゃんの一日の風景【がっちゃんくらぶ】One day with a baby.

生後4ヶ月の赤ちゃんの一日の風景【がっちゃんくらぶ】One day with a baby.

生後5ヶ月と雨の日の過ごし方アイデア!

生後5ヶ月にもなると、手足が自由に動かせるようになってきます。手で足を持ったりできるようになり、早い子であれば離乳食が始まるでしょう。

5ヶ月の赤ちゃんは、特に足の筋肉の発達が著しいので、物を蹴ったり、足をバタバタして遊ばせて、ハイハイができるようになるように、促しましょう。寝返りやズリバイができる子も出てきます。

5ヶ月にもなると、自分の意志で遊べるようになってきます。なので、赤ちゃんがやりたいように遊ばせてあげるといいでしょう。もちろん、危険なことはダメだとしっかりと教えるようにしましょう。

会話や遊びの相手になってあげることも大切です。なので、会話ごっこに付き合ってあげたり、布絵本やガラガラ、鏡、歯がためのような知育玩具が有効です。歌のCDを流しておくのもいいでしょう。

1歳児の1日に密着♡遊びながら学ぶ、雨の日の過ごし方♪ アメリカ生活|新米ママ|子育て|国際結婚

1歳児の1日に密着♡遊びながら学ぶ、雨の日の過ごし方♪ アメリカ生活|新米ママ|子育て|国際結婚

生後3ヶ月・4ヶ月・5ヶ月で雨の日の外出ってそもそもしてもいいの?

 

生後1か月ころから、あかちゃんを毎日外に散歩に連れ出す方が良いとされています。理由は外気に触れることで、いろんな好奇心を刺激できることと、日光浴をすることで、ビタミンDが形成されて、骨を丈夫にすることができるからです。

ですが、雨の日は日光浴ができるわけではありません。なので、1日だけ雨であるなら、外出は大変なので、無理に散歩に出かける必要はないですが、梅雨の時期ともなると、毎日になってしまうので、3日1回程度でも良いので、外に散歩に出かけるようにしましょう。

これは、赤ちゃんのためというよりも、育児ノイローゼにならないように、ママのためです。人は日光浴をしていないと、うつになりやすくなります。雨の日では、日光浴はできませんが、外気に触れることで気分転換ができるものです。買い物がてらなど、ついでで良いので、外に出かけるようにしましょう。

【最後に/まとめ】

生後1か月を過ぎたころから、外に散歩に出かけてよいというのは、意外ですよね。でも、雨の日は酸性雨などの影響も怖いので、あまり幼いうちから頻繁に外に出かけない方が良いと思います。

他にも、花粉やPM2.5などの脅威もあります。外は刺激がいっぱいですが、環境汚染などから危険もあるので、注意して出かけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました