騎馬戦の組み方のコツ!4人・3人・5人・2人の場合の崩れない組み方とは?

スポンサーリンク
運動会・体育祭・文化祭
スポンサーリンク

運動会で白熱する競技のひとつと言えば「騎馬戦」!

男子も女子も本気になって戦う姿が見られますよね。

白熱する騎馬戦は見ている方も大興奮!

騎馬戦で大事なことは、組み方をきちんと指導すること。

組み方のコツを知ることで、安定した土台作りができ、競技に集中できるほか、安全性も高まります

今回は、運動会を迎える学校の先生向け

4人・3人・5人・2人の場合の騎馬戦で、組み方のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

騎馬戦の組み方のコツ!「4人」の場合の組み方とは?

騎馬戦のメジャーな人数といえば、4人ですよね。

一番やりやすい人数形態なのではないかと思いますが、そんな4人の騎馬戦のコツはどんなものでしょうか。

4人の組み方

土台:3人

:1人

4人の組み方のコツ

土台となる左右の子の肩の高さを合わせると、安定性がアップ!

上に乗る子は左右の子の肩に座り、戦う時だけ立ち上がること。

左の子と右の子の腕がクロスするように、正面の子の肩に手をおくと安定性がアップ!

(左の子の右手を正面の子の右肩、右の子の左手を正面の子の左肩)
2

騎馬戦ではとにかく安定性が大事!

このイラストには手がありませんが、左右の子の腕の土台をしっかりとすることで、上に乗る子の安定性がアップしますよ!

2014年 騎馬戦2

騎馬戦の組み方のコツ!「3人」の場合の組み方とは?

生徒を組ごとに分けるとき、4人でやるにはどうしても人数が合わず、3人の騎馬をつくらなくてはいけないこともあります。

中には3人でやるのが普通の学校もあるようですね。

なかなか難しそうな3人騎馬ですが、どうやって組むのが良いのでしょうか

3人の組み方

土台:2人

:1人

基本的な組み方:土台の子が前後に並び、下で手をしっかり握る。

その手の上に1人乗る。

3人の組み方のコツ

土台の子は体力自慢の子が良い

・基本的な組み方では、前後の土台になる子の背の高さを合わせることが安定性のカギ!

・さらに安定性を増す組み方は、土台の2人は向き合って手を組み、上の子は組んだ足を隙間に入れる形

しかしスピードには欠ける欠点も…。

騎馬戦の組み方のコツ!「5人」の場合の組み方とは?

4人でも3人でもなく、更に人数が増えて5人でやる騎馬戦もありますね。

5人は一番安定性が高く、土台の子にかかる力も軽減できる方法です。

そんな5人の組み方はどうするのでしょうか

5人の組み方

土台:4人

:1人

基本的な組み方:土台の前2人が肩を組み、土台の後ろになる2人と前後で手をつなぐ。

土台後ろの子のもう片方の手を前の子の肩に置き、その上に、上の子をまたがせて乗る。

5人の組み方のコツ

土台になる左右2人ずつは同じ背丈だと安定性アップ!

後ろの子の腕に体重がかかるため、後ろの子は力がある子だと更に良い。

元々5人騎馬を行っている学校もあるようですね。

 

安定性は増すのですが、4人で走るには息の合った行動が必要です。

練習は何回も繰り返し行った方が良さそうですね。

騎馬戦の組み方のコツ!「2人」の場合の組み方とは?

さて、最後にご紹介するのは4人でも3人でも、5人でもない「2人」の組み方とコツ!

騎馬戦を2人でやることってあんまり多くないようですが、人数調整のために2人で行う学校もあるようですね。

なかなか見たことがないですが、2人でバディを組んで戦うのも面白そうです!

2人の組み方

土台:1人

:1人

基本的な組み方:土台の子が上の子をおんぶする。

2人の組み方のコツ

土台の子は大柄な子だと、持続力がアップ

肩甲骨あたりでおんぶできるのが長持ちのコツ!

背が高い子ならそれなりに高さも出るので、勝利率があがります

できれば背の順で半分に分けるとベスト!

2人の騎馬戦は「おんぶで動き回る」ことになるので、速さ勝負よりも持続力勝負です。

土台になる子に力がなければなりたたないので、土台選びが最も重要です。

まとめ

騎馬戦は組み方のコツと、安定性が重要なんですね。

人数に合わせて安定性のある騎馬を組み、崩れない騎馬戦で正々堂々と戦ってもらいましょう!

1.4人の組み方のコツ!

・土台になる左右の子の肩の高さを合わせ安定性アップ!

・上に乗る子は左右の子の肩に座ること!

・左の子と右の子の腕はクロス!

2.3人の組み方のコツ

・土台の子は体力自慢の子を選べ!

・土台になる子の背の高さを合わせて安定性アップ!

3.5人の組み方のコツ

・土台の左右2人は同じ背丈で安定性アップ!

・後ろの子は力がある子だと更に安定!

4.2人の組み方のコツ

・土台の子は大柄な子・背の高い子で持続力アップ!

・高い位置でおんぶできるのが長持ちの秘訣!

戦う方も、見る方も白熱する騎馬戦!

チーム一丸となって戦う姿がまた良いんですよね~。

子供達には楽しんで戦ってもらいたいものですね。

しかし楽しむには、それなりのチーム分けが必要不可欠!

先生の腕のみせどころ、頑張って下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました