常陸多賀よかっぺまつり2017!パフォーマーの演技がすごい!みどころガイド!

スポンサーリンク


皆さんの町には、市民で手作りする地域密着型のお祭りはありますか?私が住んでいる地域にはお祭りではありませんが、花火大会があります。市や町で人気があるお店がブースを出したり、ご当地グルメの新作の発表会がなされます。


ご当地ゆるキャラも複数駆けつけ、地元のお祭りらしい雰囲気が楽しめます。そんなアットホームなお祭りが茨城県の常陸多賀にもあります。お祭り名は「よかっぺまつり」ととてもユニークで、気さくで大らかな人柄がにじみ出た素敵なお祭りなんですよ。


スポンサーリンク

茨城の9月といえばたが常陸多賀よかっぺまつり!

1974年に第1回目が開催されて以来、2017年で第44回目となる市民が作り上げるアットホームなお祭りが「常陸多賀のよかっぺまつり」です。毎年、9月第2土曜日に開催されており、雨天などの場合に備え、予備日としてその次の日の第2日曜日が設定されています。


会場の場所とアクセス方法

茨城県日立市多賀地区多賀駅前よかっぺ通り千石町すずらん通りアンズ並木通りなどが開催地となります。駅前の通りが会場となるので、JR常磐線「常陸多賀」駅を利用するとアクセスしやすいですよ。


市民で作り上げるお祭りがコンセプトであるため、毎年、行われる催し物は異なっていますが、毎年あるのが子供たちに人気がある抽選会、よさこい、パレードです。盆踊りも行われ、御輿が登場したり、フラダンスやジャズ、園児たちの太鼓演奏など楽しめるポイントはさまざまです。市民たちが手作りするお祭りとして、毎年、大盛況です。


日立市でよかっぺまつり 三輪車でアート




よかっぺってどんな意味?茨城弁の特長は?

よかっぺまつりの「よかっぺ」という言葉の意味をご存知ですか?東北・関東にお住まいの方ならご存知の方も多いかもしれませんね。意味としては、「大丈夫」とか「いいよ、いいよ」などです。茨城県の方言で、茨城の気さくで大らかな人柄がにじみ出た素敵な言葉です。


よかっぺまつりはそんな意味合いから、市民が毎年、いろんなことを取り入れて、楽しみながら作り上げており、地元のお祭りらしいアットホームな雰囲気が魅力だと思います。


茨城の方言の特長は?

ちなみに、茨城の方言の特長は、県内のほとんどで同じ茨城弁が話されていることです。もちろん、多少の違いはありますが、ほとんどが早口で尻上がりのイントネーション、平板型のアクセント、あいまいな発音、「ん」から始まる言葉が多いことなどが挙げられます。また、男女で差がなく、敬語がないのも有名ですね。


茨城の方言は関東地方でありながら、東北から来た方言のスタイルであり、3文字くらいの短い言葉表現が多いです。若者の標準化が進んでいるとされる茨城ですが、語尾に「だっぺ」、「やっぺ」が付くのが日常です。


よかっぺまつり(常陸多賀)での氷柱割演武

スポンサーリンク


よかっぺまつりのみどころ3選!

・手作り感あふれる祭りの雰囲気

やはりこのお祭りの最大の特徴は、お祭りの雰囲気でしょう。日本全国には大なり小なり様々なお祭りがありますが、地域密着型の地元の小さなお祭りって素朴ですがいるだけでほっこりするものですよね。


観光客として参加するとちょっと浮いてしまうものですが、その土地の人柄を肌で感じられる良い機会だと思うので、ぜひ体験してみてください。


・常陸多賀のロゴ入りグッズ

毎年販売しているとは限りませんが、あるときっと買いたくなると思います。よかっぺ通りなどにずらりと並ぶ出店で取り扱っている常陸多賀のロゴ入りグッズは、旅行者におすすめです。旅行先のグッズって見るとほしくなるんですよね。


過去には、手拭い、タオル、ブックカバー、Tシャツ、トートバック、ポロシャツ、コースターなどが販売されていました。遊びに行った際は、ぜひ探してみてください。


・その年、特有のメインイベント

2013年には、参加者が自由に書き込む大きな桜の木のアートが展示されていました。てるてる坊主のコンテストが行われた年もありました。


参加者は作成したテルテル坊主をエントリーして、審査を受けます。優勝者には金券が授与されていましたよ。ユニークなアイディアで市民参加型のイベントが用意されるので、ぜひそちらにも注目してくださいね。


第40回 よかっぺまつり ~多賀さくら保育園 <太鼓演舞> KIDS



千葉県匝瑳市のよかっぺ祭りと何が違う?

同じような名前で千葉県匝瑳市でも市民が手作りする市民参加型のお祭り「よかっぺ祭り」が開催されます。2017年は10月19日の日曜日に予定されており、9:30~4:30までです。


八日市場本町通り商店街を中心に開催されるこのお祭りでは、地域の小学校が各自で作った手作りのたるみこしとお囃子が楽しめたり、ご当地グルメやバザーのブースが並びます。さらに、よさこい鳴子踊りやステージでのダンスパフォーマンス、太鼓、ご当地ヒーローのソーサマンショーなども行われる予定です。


茨城のよかっぺまつりとほとんど変わらない市民の手作り感あふれるアットホームな雰囲気のお祭りだと思います。土地柄を見られるよい機会だと思うので、近場にお住まいの方はぜひ足を運んでみてくださいね。


神輿渡御・よかっぺ祭り(千葉県匝瑳市八日市場)



【最後に】


歴史があって、大きな神輿や山車が登場する派手なお祭りは日本全国にたくさんありますが、歴史が浅く、これと言って名物があるわけでもない地域密着型の市民祭りはあまりメディアで紹介されないものですよね。でも、そこに暮らす市民にとってはとても楽しいひと時です。その土地その土地の雰囲気を肌で感じられる地域密着型のお祭りにも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です