豊橋祇園祭2019!奉賛会の歴史は?手筒花火はいつみれるの?

スポンサーリンク
7月のお祭り
スポンサーリンク

祇園祭は、京都で有名ですが、今回ご紹介するのは、愛知県豊橋市の祇園祭です。

この記事では、豊橋祇園祭の歴史や2019年のスケジュールやみどころ豊橋祇園祭奉賛会って何をしているのか?などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

豊橋祇園祭2019ってどんなお祭り?

祇園祭の「祇園」は、牛頭天王を祀る、仏教系の信仰「祇園信仰」のことです。

豊橋祇園祭は、吉田神社で行われます。

神社は仏教じゃないのに、なぜ祇園祭かというと、昔は吉田神社で牛頭天王を祀っていたことがあるからだそうです。

その名残というわけですね。

豊橋祇園祭
手筒花火発祥之地、吉田神社(豊橋市役所西隣)の460年の歴史を受け継ぐ祭礼。境内での手筒花火放揚、豊川河川での打上花火大会、豊橋市街を頼朋行列が練り歩く歴史絵巻 神輿渡御など。

概要

開催日:2019年7月18日(木) ~ 7月21日(日)

スケジュール

7月18日(木)

子供の笹踊り 午後3時〜午後5時

7月19日(金)

宵祭り 午後6時より

神前花火奉納 午後6時30分より 於吉田神社境内

・神前手筒花火 ・子供連花火 ・青年会花火

7月20日(土)

前夜祭 於豊川河畔

・昼の部 午後6時〜 ・夜の部 昼の部終了次第

7月21日(日)

・みこし渡御 午後5時 吉田神社出発

・頼朝行列 ・饅頭配り ・笹踊り

最終日が本祭で、花火大会などは前夜祭のイベントです。

アクセス

吉田神社

公共交通機関:
豊橋駅より豊鉄市内線(路面電車)札木もしくは市役所前下車 徒歩7~8分

豊橋駅より豊鉄バス(新豊・豊川線)豊橋市役所前下車 徒歩1分

車:
東名高速道路豊川ICもしくは音羽蒲郡ICより 30~40分

境内の駐車場は、祇園祭期間(7月第3金曜日~日曜日)とその前後の準備・片付け期間はご利用できません。

吉田神社

豊橋祇園祭奉賛会ってどんな会?誰でも入れるの?

豊橋祇園祭奉賛会は、祭りの運営や手筒花火の保存を目的に、昭和48年に発足した団体です。

総勢240名(平成27年)で、みんな有志で集まっていることからも、豊橋祇園祭への愛を感じます。

奉賛会は、豊橋祇園祭に手筒を数百本も奉納し、手筒花火の文化を後世に伝えるために、手筒制作教室なども行っています。

HPでは、打ち上げ花火の観覧席チケットや、豊橋祇園祭グッズの販売などもしており、奉賛会は豊橋祇園祭を支える大事な役割があることがわかります。

奉賛会のメンバーは、地元の8つの町内の人で構成されています。

入会資格のようなものは特にないそうですが、外部の人が入会することは基本的になさそうです。

豊橋祇園祭といえば「手筒花火」!どんな花火?

豊橋祇園祭は、「手筒花火」の発祥の地として知られています。

きっかけは、戦国時代に今川義元に「手筒花火」が奉納されたこと

職人さんが、大きな竹筒を持って火花の雨を降らせる勇姿は、大迫力で、感動します。最後はドーンという大きな音で終わります。

一般の人でも、材料の竹を調達するところから、花火を作って、煙火消費保安手帳をとり、指導を受けて準備すれば、体験できるそうですよ。

ただし、年1回しか講習がないことと、やけどする覚悟で挑まないといけませんから、ハードルは高そうですね。

「手筒花火」が見られるスケジュールは?

2019年7月19日(金) 18:30~

会場:吉田神社境内

※場所取りは禁止されています。

危ないので、少し離れた場所から見学します。

火花、勢いよく 「豊橋祇園祭」で手筒花火の奉納

豊橋祇園祭の打ち上げ花火!有料席はあるの?

豊橋祇園祭の名物は、手筒花火だけでなく、打ち上げ花火も有名です。

もともとは前夜祭のイベントとして行われていましたが、今ではメインイベントと言えるほどの規模になっています。

「打ち上げ花火」が見られるスケジュールは?

2019年7月20日(土)18:55から始まり、本格的なスタートは19:10から21:00頃まで

会場:豊川河畔 吉田大橋~豊橋間

「花火コンクール」「スターマイン」「水上からの仕掛け花火」と盛りだくさんの内容です。

花火大会が始まってから2時間の間、1度も途切れることなくどこかしらで花火が打ち上がり続けるのも、人気の理由です。

豊橋祇園祭り打上花火2018(1)

桟敷席で見たい!どうすればいい?

チケットがなくても観覧できますが、一番見やすい川岸の桟敷席で見たい場合は、事前にチケットの予約・購入が必要です。

一般桟敷席(指定席)は、1名5,000円(昨年より値上がりしました

ご希望の方は豊橋祇園祭奉賛会までお電話にてご確認ください。

・Tel 0532-53-5528 ・受付時間:平日10:00〜17:00

まとめ

いかがでしたか?今回は、豊橋祇園祭をご紹介しました。

開催日:2019年7月18日(木) ~ 7月21日(日)

手筒花火と打ち上げ花火、どちらも豊橋祇園祭に欠かせない魅力的なイベントです。

大迫力の花火は圧巻なので、今年はぜひ見に行ってみてくださいね。

手筒花火と打ち上げ花火は、日にちをまたぐので、泊まりで遊びに行くのもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました