事務所開きの神事・式次第・お供え・玉串料などまとめ!事務所開きガイド!


事務所を設けることは、選挙関連や個人経営などではよくあることですよね。


最近はとっても簡素化された事務所も多く展開しているので、事務所開きなどと言う大掛かりなことをする人も減りましたが、それでも従業員を抱える場合は、事務所開きの神事などを行う場合もあるでしょう。特に選挙の場合は必須ですね。


今回は、疑問の多い事務所開きの神事についてご紹介します。


スポンサーリンク

事務所開きの神事の意味は?

事務所開きの神事は、多くが選挙に出る人の場合だと思います。
出陣式の神事として知られており、必勝祈願が主な内容です。


なので、やらなかったから、どうなるということでもありません。
一般的な事務所開きで、神事を行うことはほとんどないようです。


一般的には、祭壇や神棚を準備して、神社の神官を呼んで、お祓いをしてもらいます。準備をある程度は自分たちで行うので、どんな台にどんなお供え物を用意すればいいのか、きちんと把握しておく必要があります。


置く順番や段取りが大切ですが、地域で違う箇所もありますし、必須のものも違うので、細かい内容はお祓いを頼む神職の方に尋ねた方が間違いがありません


事務所開き神事




事務所開きのお供えは?


お供え物には、海の物と山の物の両方を揃える必要があります。
またお供え物を置く台となる三方の数にもよります。
通常は、3、5、7台のどれかになります。


一般的に、塩が200~300g酒が5合水洗いした米が5合水は500mlが必須となります。


そこにさらに乾物(もしくは魚)野菜果物を並べるのが一般的です。


まず乾物ですが、鰹節や海苔、するめ、昆布、しいたけなどが良いでしょう。三方に乗るようにバランスを考えて用意すべきなので、大目に用意しておくと良いでしょう。魚も飾る場合は、鯛が一般的ですが、選挙関連の場合は、カツオも縁起物として好まれます。


野菜は、じゃがいも、長ねぎ、玉ねぎ、大根、ほうれん草、小松菜、人参、キャベツなど季節ものを用意すれば間違いありません。複数用意するのが重要です。


果物は、バナナ、イチゴ、リンゴ、みかん、メロン、スイカなどこちらも見栄えが良く、季節感のあるものを揃えるといいでしょう。


これらの用意したお供え物を、最近はあまり一般的ではありませんが、儀式的には参加者全員でお祓いの後の食すのが流れです。なので、皆で食べられる量を用意するのも良いでしょう。


事務所開きの玉串料は?神社や神主さんの選び方は?

神社や神主さんの選び方は、氏神を祀っているかどうかで決めます。
適当に近場の神社にお願いすればよいというものではありません。


どこが氏神さまの神社か分からない場合は、問い合わせができる地域の神社に電話して、尋ねるといいでしょう。地域の神社は氏神様の居場所を知っていて当然なので、すぐに教えてくれますよ。


氏神様の神社が分かったら、そこに連絡して祈祷をお願いしましょう。
祈祷する際に渡す玉串料は、神社によって異なりますが、5000円から1万円前後の所が多いんじゃないでしょうか。


多いところでは、5万というところもありますが、神様にお支払いするお金であり、神社なので、身銭を切れば、いくらであっても問題ありませんよ。「金額はお気持ちから」という神社も多く、その場合は5000円以上であれば、問題ありません。


中野渡詔子後援会事務所開き 神事



事務所開きの挨拶ってどうすれば?


事務所開きをする際には、挨拶が必要となりますね。
その場で口頭で行う場合もありますし、手紙にする場合もあるでしょう。


選挙関連の事務所開きであれば、とっても簡単ですね。
自分の公約や抱負、意気込みなどを語ればよいですね。


出馬するのではなく応援する側で、挨拶を頼まれた場合は、相手を褒めて、期待している旨、なぜ支持しているのかなどを述べて、その場にいる人の士気が上がるような言葉で締めくくればよいでしょう。


一般的な事務所開きの場合は、今後の事務所の発展や、事務所の拡張の場合はそこに至った経緯、後押ししてくれた人への感謝、今後の抱負などを語るのが良いでしょう。


知人や取引相手にあてるのですから、周りが支えていきたいと思えるような内容がふさわしいですね。最後に「気軽に立ち寄ってください」と締めくくるのも素敵だと思います。


【最後に】


選挙以外ではほとんど事務所開きの神事は行われないようですね。選挙の場合も、必勝祈願のために祈祷します。それでも、神職を呼んで祈祷してもらうので、お供え物の準備はしっかりと行いましょう。


特に選挙関連の祈祷の場合は、マナーがなっていないと、それだけで事務所のイメージが落ちてしまいます。きちんとマナーを調べて挑みましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です