ゆずの保存方法まとめ完全版!生・冷凍・果汁・皮の保存方法は?

生活の知恵・裏ワザ

寒くなってくると、食卓に加わってくるのが「お鍋」。

毎日でも違う「お鍋」ができるほど、色々なお出汁や鍋つゆが出ていますね。

湯豆腐も良いですね!

冬の食卓を飾る様々なお料理にちょっと加えるだけで、劇的に高級感が増す「ゆず」はこれからが出回る季節です。

今回は、旬のゆずの色々な保存方法についてご紹介したいと思います。

冬至の日に、ゆず湯にするだけでなく、せっかくの旬を無駄なく利用してみませんか?

冬といえばゆず!そもそもゆずってどんな果物?

特有のさわやかな香りが特徴の「ゆず」は、ミカン科の常緑小高木。中国、長江上流が原産と言われてます。

初夏、白花をつけ、果実は径4~8センチメートルの扁球形で、でこぼこがあり、淡黄色に熟します。

酸味が強いので生食はできませんが、果汁を絞ったり皮を薄くスライスして、料理の香り付けや飲料、お菓子などに利用しています。

ゆずは1年を通して流通していますが、11月から12月頃が旬です!!

果皮がゴツゴツとしていて、サイズは1個100~130gくらいです。

夏に出回る「青ゆず」は果皮が青くて果汁がやや少なめですが、秋以降の「黄ゆず」果汁が豊富で色々なお料理に活用できます

全国シェアの49%を占めるゆずの生産で有名なのが高知県です。

その1/4が北川村で生産され、村の特産品として、ゆず酢、飲料などに加工され全国に出荷されていて、通販で加工品を購入することもできます。

北川村ゆず王国HP:

素材を厳選。|ゆず・ぽん酢の通販|北川村ゆず王国 - ヨーロッパへ飛び立て柚子玉 -
素材を厳選。|柚子の事なら北川村ゆず王国へ。ぽん酢の通販もご利用いただけます。高知県の山裾の小さな小さな村です。柚子の香りが谷間いっぱいにひろがります。産地から安心安全な食品をお届けさせていただきます。

また、スペインの著名なレストランであったエル・ブリ(世界一予約が取れない繁盛店*2011年閉店)のシェフ フェラン・アドリア氏がゆずのエスプーマを使ったり、冷製スープにして提供したことが発端となり、フランス料理を始めとした西洋料理にも柚子の使用が広まっています

いつまでもいい香り!ゆずのベストな保存方法は?

購入するときに注目すべきポイント

ゆずを選ぶ時は、皮がブヨブヨしていない張りのあるものを選ぶようにしてください。

また、ヘタの切り口が新鮮で茶色くなっていないものが良いです。

新鮮な物ほど香りが良いので、においを確認することも大切です。

保存方法について

ゆずは乾燥しないよう丸ごと新聞紙に包んで保存します。

冬の寒い時期なら常温でも大丈夫ですが、気温が高い場合や暖房が入っている場合は、冷蔵庫の野菜室に入れる方が良いです。

それでも、3週間が限度

長く保存したい場合は、皮と果肉を分けて冷凍すると良いですよ!

ゆずの皮の保存

(1)柚子はタワシを使い、ぬるま湯でよく洗います。

(2)皮を出来るだけ幅広く剥きます。
黄色部分だけにせず、白い部分は削ぎ落とす程度で多少は残します。
縦方向に剥く方が、切った面が短いので潰す組織も少なくなります。
白い部分は切りづらいので指を切らないように注意して下さい。
包丁を上下に動かしながら進ませると切りやすいです。

(3)空気を入れないよう、ラップでピッタリと包んで冷凍します。
使うときは、使う直前に刻むと香りが引き立ちますので、冷凍前は刻まないでください。

柚子の果肉の保存

残ったゆずの果肉を横半分に切って、
それを1個ずつラップで包んでジップロックに入れて冷凍し、
自然解凍させてから絞って、鍋や酢の物などの香りづけとして使ってください。

ゆずの絞り汁・果汁のベストな保存方法は?

ゆずは搾ってすぐに、そのままジャムの空き瓶(煮沸消毒済)や小さなタッパーなどに小分けにして、ジップロックやビニール袋へ入れて、出来るだけ空気を抜いて冷凍庫へ入れてください。

1~2ヶ月程度なら風味を損なうこと無く保存出来ますよ。

また、もう少し長期保存したいのなら、ゆずポン酢にする事をオススメします。

絞りたての果汁に、果汁の重量の10%の塩と酢を加えれば、塩分濃度を高めることで1年くらいは冷蔵庫での保存が可能です。

この場合100%果汁ですから時間が経つとゆずの成分が沈殿する事がありますが、特に問題ありません。

ゆずの皮のベストな保存方法とは?

先ほど、ゆずの皮は冷凍保存して使う直前に刻む方法をお教えしましたが、乾燥保存もオススメです。

冷凍保存と同様に剥いた皮を大きい状態で干して乾燥後に細切りすると香りを逃がすことなく利用できます。

ゆずの皮の乾燥保存

(1)柚子はタワシを使い、ぬるま湯でよく洗います。

(2)出来るだけ幅広く剥きます。(冷凍保存と同様)

(3)包丁の先端で白い部分を削ぎ取ります。

(4)ザルに広げて天日干しします。

(5)カラカラの乾燥状態になったらジップロック等で保存します。

また、皮を剥くのが面倒な場合、そのまま丸ごと冷凍する方法もあります。

やり方は、よく洗ったゆずを丸ごとジップロックに入れて冷凍保存するだけ。(空気は出来るだけ抜いておきましょう)。

使う時に冷凍庫から取り出して、凍ったまま使う量だけを皮を包丁で切るか、擦り下ろして利用します。

残りのゆずは再度冷凍庫に入れましょう

まとめ

日本には冬至にゆず湯に入るという風習があります。

ゆず湯は血行促進や肌の保湿効果があると言われているので、寒くて空気が乾燥する季節に最適です。

また、ゆず茶(ゆずの皮をはちみつと砂糖に漬け込んでジャム状に煮詰めたもの)にしておくのもオススメ!

お湯をいれたときに沸き立つゆずの香りは、リモネンという柑橘類の皮に含まれる香り成分で、リラックス作用があり、交感神経を活性化させ血流をよくするので体が温まり安眠効果が期待できますよ♪

ゆずはやっぱり香りのいい新鮮なうちに使うか、冷凍か乾燥保存がおすすめ。

無駄なく活用して、中からも外からもホッコリしましょっ!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました