金木犀の見頃時期・剪定時期はいつ?金木犀の花言葉や人気の香水まとめ!

スポンサーリンク
四季の花・植物
スポンサーリンク

秋になるとふわっと漂ってくる甘い香りに気づく方も多いと思いますが、秋の甘い香りといえば金木犀ですよね。

小さなオレンジ色の花びらと緑色の葉のコントラストはとても目立つので、先に金木犀を見つけてその香りを楽しみに行く方も多いと思います。

そんな金木犀は昔から馴染み深くはあるものの、具体的な金木犀の見頃時期や金木犀について、詳しくはあまり知らないという方も多いんですよね。

秋の風物詩のひとつでもある金木犀、この機会に金木犀とはどのような花でいつが見頃なのか、改めて詳しくチェックしてみませんか!

スポンサーリンク

【秋といえば「金木犀」!金木犀の見頃時期はいつ?金木犀の名所といえば?】

金木犀といえば秋の花というイメージはあり、やっぱり見頃時期としても「9月中旬から10月下旬」なんですね。

金木犀は一度花をつけ散った後10月になってまた新しく花を咲かせる2分咲きの品種、また品種によっては四季咲きの花など、実は様々な種類があります。

「じゃあ金木犀も長く楽しむことができるのでは?」と思ってしまうのですが、実は金木犀の開花期間はとても短く、一週間ほどで終わってしまいます。

もちろん見頃もその年の気温などによっても変わってしまうため、あまり長いこと金木犀の香りや花を楽しんだ経験がある方は多くないのではないでしょうか。

そんな金木犀ですが、日本各地でも「金木犀の名所」と言われるところがいくつかあるのでぜひ覚えておきましょう!

◎小金井公園

関東で金木犀の名所と言えば真っ先にここを思い浮かべる方も多いと思いますが、小金井公園の江戸東京たてもの園の入り口有名な金木犀の木があります。

小金井公園の金木犀はその木の大きさも魅力で、江戸東京たてもの園へ金木犀の見頃時期に行くと甘い香りに包まれているんですよ。

小金井公園はJR中央線の武蔵小金井駅もしくは東小金井駅からバス西武新宿線の場合は花小金井駅からバスに乗っていけるというアクセスの良さも魅力です!

◎京都植物園

関西の金木犀の名所もいくつかありますが、京都の植物園も金木犀の名所として有名なのでおすすめです。

京都植物園では金木犀だけではなく銀木犀もあるので、それぞれの違いを楽しみつつ金木犀の甘い香りを楽しみましょう!

京都植物園へのアクセスはJR京都駅から市営地下鉄の「北山駅」まで移動してすぐ、もしくは京阪の出町柳駅からバスで移動になります。

アクセスも非常に良くそのまま京都観光も楽しめるので、ぜひ京都植物園はおすすめします!

◎三嶋大社

最後に紹介するのは静岡県三島市にある三嶋大社で、三嶋大社では樹齢日本一、国の天然記念物に指定されている金木犀を楽しむことが出来ます。

また三嶋大社の金木犀は2分咲きの金木犀でもあるので、一度だけではなく長く金木犀の香りを楽しめる場所としてもおすすめです!

三嶋大社へ行く場合はJR東海道線「三島駅」から徒歩で15分ほど、伊豆箱根鉄道「三島田町駅」から徒歩7分程度と、こちらもアクセスの良さも合わせて魅力となっています。

【金木犀の花言葉は?金木犀の名前の由来は?】

金木犀はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、銀木犀から生まれた変種でもあり、中国名の「丹桂」「桂花」などでも知られています。

学名は「Osmanthus fragrans var. aurantiacus」、英名は「fragrant orange-colored olive」「香り」「橙色」という意味が含まれていて、金木犀の花が分かりやすくなっているんですね。

元々の銀木犀よりも香りがより強く、庭木など観賞用としてはもちろん、ワインやお茶、香味料などにも使われています。

金木犀は庭木として、そして鉢植えや盆栽などでもたくさんの種類があり、植えるのは4月から5月、もしくは10月から11月頃がおすすめです。

鉢の場合小さなタイプではすぐに植え替えが必要になるので、大きめの鉢を用意して育てると良いですね。

金木犀の花を愛でているとどんな花言葉なのかも気になるところなので、金木犀の花言葉についてもチェックしておきましょう!

◎謙虚・謙遜

金木犀の甘い香りは苦手意識を持つ方もいるほど強いのですが、一方でその花はとても小さく可憐なものです。

このつつましさが元となってつけられた花言葉が「謙虚・謙遜」であり、金木犀の花を近くでじっくり見ていると納得できますよ!

◎真実

金木犀はその香りの強さで開花をごまかすことができない、すぐに周囲が知るところになるという特徴があり、「嘘がつけない香り」としても知られています。

◎陶酔

この花言葉はなんとなく聞いた瞬間に納得してしまうのですが、金木犀の強くて甘い香りに酔う、またこの香りのお茶やお酒、お香などに陶酔するという由来があります。

また陶酔はその後の目覚めもあるもの、開花時期の短さによってあっさり目が覚めるというのも理由のひとつなんですね。

◎気高い人

金木犀は最初にお話した通り花が長持ちをしない、開花時期がとても短く時期が終われば潔く花を散らすことから「気高い人」という花言葉もあります。

中国では位の高い女性の香料に金木犀が使われていたので、こちらが由来になっているというお話もありますね。

◎初恋

甘くて強い香り、これが人生で誰もが経験する「初恋」、忘れることの出来ない香りとその初恋の経験を結びつけてこの花言葉になっているそうです。

【金木犀の香水が人気!】

金木犀の甘い香りは人気が高く、季節に花の香りを楽しむだけではなく香水などで金木犀の香りを楽しむ方も多くいます。

また金木犀の香りにはストレスの軽減やリラックス効果、鎮静効果などがあり、安眠や成長、低血圧の改善などの効果も期待できるんです。

中国では古くから金木犀のお香はありましたし、アロマテラピーなどでも金木犀は効果的に使われています。

金木犀の甘いながらも上品な香りは男性・女性ともに人気が高く、男性用はあまりないと思われるかもしれませんが男性用の金木犀の香水も販売されています。

これからいくつか人気の高い金木犀の香水を紹介していくので、一度金木犀の香水を使ってみたい方は是非試してみてくださいね。

◎キャトルキンモクセイ

https://item.rakuten.co.jp/kohsuidonya/40124306080/

天然由来の香料を使用した金木犀のレディース用香水で、甘く芳しい金木犀の香りを楽しむことが出来ます!

◎京町オーデコロン 舞妓夢コロン金木犀

https://item.rakuten.co.jp/vaps/4969059133083/

こちらも金木犀の香水として人気が高く、「京都限定のオーデコロン」ということで京都の雰囲気を楽しめるのも人気の理由のひとつとなっています。

◎金木犀の雫

https://item.rakuten.co.jp/maple517/10020592/

金木犀の芳しい甘い香りと気品を再現したのがこちらの商品で、男女兼用なのでご夫婦で一緒に使うなんて使い方もできるのが魅力です。

携帯用の小さなサイズもセットになっているので、お出かけ先でつけたくなった場合にも使えますね!

【金木犀の剪定のベストな時期はいつ?】

金木犀を育ててみたいと庭で育てたりしていると、今度は剪定についてもいつやればいいのか、どうやればいいのか悩むこともありますよね。

剪定とは毎年同じような木の形を作るため、また植物のサイズを縮小させる、もしくは不要な枝をなくしてより大きく成長させるなど、木を適切な状態にするために枝を落としたりすることです。

金木犀は大きいものの場合7~8mほどまで成長するので、広いお庭などであれば剪定も必要ありません。

しかしスペースが限られていたり鉢植えで育てているとどうしても大きく育ちすぎた部分は剪定していく必要があり、剪定についても知っておきましょう!

方法としては庭師さんに依頼する方法、そして自分で剪定する方法があり、庭師さんに依頼すると地域などによって違いはあるものの4,000円から6,000円ほど(金木犀1本につき)かかります。

自分で剪定する場合は軍手と剪定用のハサミ、細かい枝などを切るための植木用ハサミ、脚立などを用意しておきましょう。

金木犀の剪定は花が咲き終わった11月頃、もしくは2月か3月ころに行うことが適しています。

11月に切る場合は冬を越えるため軽めに、たくさんの枝を切りたい場合は2月か3月に行うようにしましょう。

剪定の仕方は枝分かれの部分の枝を5センチほど残して切り落としていきますが、脚立などを使う場合は一人で作業すると転落の危険もあります。

必ずサポートしてくれる人を探し、安全に作業し金木犀の剪定を終えられるようにしておきましょう!

【まとめ】

金木犀の香りというと、かつてはトイレの芳香剤によく使われていたため「トイレの芳香剤の香り」と受け取ってしまう方も多いそうです。

とはいえそういった先入観をなくして金木犀の香りを感じれば、その甘く良い香りと上品さにも気がつけますよね。

金木犀は香水などもたくさん出ていて、お茶やお酒などの香り付けにも使われている人気の高い花です。

ぜひ今年の金木犀は名所などでゆっくり鑑賞し、またできればおうちで鉢植えなども育ててみてくださいね!

よく読まれている記事
四季の花・植物
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました