辻堂海浜公園のプール混雑情報まとめ!お盆は?駐車場は?

スポンサーリンク

辻堂海浜公園のジャンボプールは湘南の海沿いにあり、幼児から幅広い年代の方が楽しめるプールとして、とても人気の高い場所です。
毎年プール開き後は混雑が確実なほどで、特に子連れの場合は出来るだけ空いているタイミングを狙って行きたいですよね。


プールは夏の遊び場としても定番ですし、この時期ならではの楽しみでもあります。


ちょっとでもゆっくり楽しめるための情報、混雑を避ける情報を今のうちから仕入れ、楽しく遊べるようにしていきましょう!


スポンサーリンク

【辻堂海浜公園のプール混雑予想!お盆の時期は?】

辻堂海浜公園プール7月8日(土)から9月10日(日)に開かれますので、ほとんどが小学生などの夏休みの時期とかぶります。
営業時間は朝9時から夕方6時、入場は5時までとなっています。


どのような雰囲気なのか、どういった場所なのかは動画でご確認いただくのが一番だと思いますので、まずは次の動画も参考にしてみてください。


辻堂海浜公園ジャンボプール 波のプール ケンケン


この動画だけでも人の多さ、人気の高さが伝わるほどで、人の多い週末などは芋洗い状態となってしまうこともありえます。


夏休み前の平日であればそうでもありませんが夏休み以降、そして土日やお盆休みなど来場者が増えるタイミングで遊びたい場合は、できれば開園一時間半前に到着を目標にしたほうが安心です。
特に駐車場を使いたい、車で行きたい場合は早め早めの行動を心がけておきましょう!


少しでも混雑を避けたい場合はお盆と土日は避けること、人の集まりやすい日中は避けることくらいしかありません。


夏場なので多少遅くから遊びに行っても日は出ていますので、生活に合わせてちょっとでも空いている時間に行けると良いですね!



【駐車場の混雑予想は?何時頃にいけばスムーズに入場できる?】

辻堂海浜公園に駐車場はあるのですが、夏場は非常に混み合いますので、できれば最初から他の公共交通機関などを使っていくことをおすすめします。


プールだけではなく海水浴が目的の方、サーファーの方なども駐車場に止めますので、プールの営業時間だけではなくいつでも混んでると思っておいたほうが安心なんです。


辻堂海浜公園はプールが近い東駐車場、そして交通展示館に使い西駐車場の2ヶ所があります。
東駐車場は499台駐車可能、西駐車場は301台駐車可能と広いスペースは確保されているのですが、それでも夏場の混雑は避けられません。


「開場1時間半前に到着しても駐車場スペースがぎりぎりだった」という話もあるほどですので、やっぱり無理はしないこともひとつの手段だと思います。


またプールの場合は東駐車場が近いですし、そちらには屋外シャワーもありますのでやっぱり人気が高くなります。


利用時間は朝の5時から夜21時まで、駐車料金は普通車の場合最初の1時間が420円、以降30分ごとに210円ずつ加算されます。
通常時は1日最大1200円なのですが、プール開放時は対象外となっていますのでご注意くださいね!


辻堂海浜公園の近くにはコインパーキングなども複数あるので、満車になってしまった場合は近くを探すのも手かもしれません。

スポンサーリンク

しかし夏場は混雑が確実ですので、最初から他の手段で向かったほうが安心であることは変わりないと思います。


【プールにテントの持ち込みはOK?場所取りをするならどこがおすすめ?】

辻堂海浜公園プールではテントはもちろん、傘や日傘、パラソルといった大きな日除けアイテムは全て使用不可となっています。


ベビーテントのみ可となっていますので、小さな赤ちゃんを連れて行く場合はご安心ください。


また浮き輪に関しては大きさにかかわらず持ち込み可となっていますが、プラスチックがついている浮具に関してはプールサイドでの利用もNGとなっています。


空気を入れられる場所もありますので、早めに準備しておくとゆっくり楽しめる時間も作れると思います!


また開場前についたとしてもすでに人は多いですので、場所取りをしたい場合は入場後、着替える前に更衣室を素通りして場所を確保することをおすすめします。


一番人気の場所は波のプールと流れるプールの間で、ジャンボプールの真ん中であること、トイレや売店への移動も便利なことで、もちろん人気も高いです。


同じことを考えている方はとても多いので、場所もどんどん取られていきます。
一日中日陰になる場所を確保するのは相当難しいので、大きなタオルなど簡単に日除けできるアイテムを持っていくのもありだと思います!


場所を確保したらレジャーシートを広げ、入水OKとなる9時までに着替えなどを済ませておきましょう!


【辻堂海浜公園のプールはオムツでもOK?お弁当・飲み物は?】

辻堂海浜公園のプールは基本的におむつの取れていない子どもは遊ぶことができませんが、「くじらの海」という場所のみプール用おむつを着用の上で遊ぶことが出来ます。


幼児用プールについては他のプールと水が繋がっていますので、おむつが取れてから遊ぶようにしましょう。


逆にくじらの海は限定された条件になりますので、他のプールよりゆっくり楽しむこともできると思います!


ちなみにプール用おむつの販売はされていませんので、事前に購入して持ち込まないとプールで遊ぶことが出来なくなってしまいます。
近場のコンビニなどでもなかなかみかけませんので、うっかり忘れないようにしておきましょう!


辻堂海浜公園プール内で売店はありますし、プールサイドのみお弁当の持ち込みもOKとなっています。
(当然ですが、プールへ食べ物を持っていくのはNGなので気をつけてくださいね!)


売店ではラーメンやカレー、たこ焼きと言った定番商品からフランクフルトなどの軽食、もちろん飲み物も販売されています。
浮き輪やビーチボールもありますので、万が一忘れてしまった場合は一度覗いてみるのも楽しいかもしれませんね。


【まとめ】

辻堂海浜公園プールは県立とは思えないと言われるほど設備も充実していて、混雑はしますがたっぷり楽しむことができる場所です。


おむつが取れていない子どもが遊べる場所はそう多くなく、そういった意味でも誰もが楽しめる場所なんですね。


どうしても混雑はしますが、出来るだけ避けつつ辻堂海浜公園プールで楽しい1日を過ごしていただければと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です