自分で地鎮祭を準備するには何からすればいいの?地鎮祭の準備ガイドまとめ!

スポンサーリンク


最近は、地鎮祭のコストを下げるために、建主に用意させてコストカットを狙う不動産屋が増えています。あなたが家を建てる際にも、自分たちで用意してほしいと言われることがあるかもしれません。


もしくは依頼すると高くつくから、自分で用意することを選ぶこともあるでしょう。
どのように準備するのかご紹介しましょう。


スポンサーリンク

そもそも地鎮祭とはどんな意味があるの?

そもそも地鎮祭って何のこと?と思う方もいることでしょう。地鎮祭とは、新築や新しいビルを建てる際に、更地にした土地に存在する神様に挨拶をして、新しい建物を建てることのお伺いを立てる目的があります。


つまり、神事の一種です。なので、この神事を怠ると、その後の建築作業中に事故が起こったり、できた家やビルで災害に遭ったり、家族や社員に不幸が訪れるかもしれないと信じられています。


さらに、地鎮祭は他の家族やその周辺に住む地域住民へのお披露目という意味合いも強いので、簡略されてきている昨今ですが、それでも行う方が良いとされています。


しかし、費用が掛かりますし、家族全員参加が一般的であり、作業員や神社の神主さん、日程決めの調節など手間もかかるものなので、行わないで建築作業に移ってしまう人も少なくありません。


それでも、古来からの日本人らしい信仰に基づいたイベントですし、地鎮祭に参加することは一生に一度あるかないかでしょうから、行っておいて損はないと思います。


地鎮祭 デモンストレーション ~地鎮祭の流れをご紹介します~




地鎮祭の準備の疑問 その1:神主さんはどうするの?祭壇は?

自分で手配する場合に一番に疑問に思うのが、お祓いをしてくれる神主さんをどうすればいいかですよね?近所の神社の神主さんに頼めばよいように思いますが、実はそれではダメなんです。


そもそも地鎮祭では、その土地、その地域の神様に挨拶するのが最も大切な目的であるため、その神様のことを氏神様というのですが、その氏神様を祀っている神社にお願いしないと意味がないんです。


氏神様はその地域を守っている神様です。鎮守様産土様と呼ばれることもあります。その地域に住む場合は、最も身近な神様となるので、氏神様を祀っている神社に参拝するのもとても大切なことなんです。


この氏神様を祀っている神社を探す方法として一般的なのが、ホームページなどで調べて、住む地域の神社本庁に問い合わせをする方法です。こうすれば、氏神様を祀っている神社を教えてもらえます。他にも、近所の神社に尋ねてみるのもありです。


氏神様を祀っている神社を見つけたら、竹、砂、縄、祭壇などを用意してくれるのか尋ねましょう。工務店が用意するのが一般的ですが、確認する必要があります。


地鎮祭その1



地鎮祭の準備の疑問 その2:お供えものは?

自分で用意する場合は、お供え物を揃えるのも大変なんです。
お供え物は全部で8つあります。


まず、一升の清酒です。
地鎮祭の最後に乾杯するためのお酒なので、好みのお酒を選ぶ方がいいでしょう。


次に1合の水洗米後の1合のお米です。
さらに、ニンジン、かぼちゃ、大根などの野菜です。
鯛も一匹必要になります。海の幸としてお供えします。


海の幸の次は山の幸です。山の幸としては、果物が指定されます。
季節ものが一番ですが、無難にリンゴを供えるといいでしょう。


塩も1合必要です。これは土地を清める際に使います。
この塩を撒いてくれる場合とくれない場合がありますが、必要なものなので用意しましょう。


お酒や鯛の大きさにこだわらなければ、1万円以下で全部、揃うと思います。


ちなみに、お供え物は、地鎮祭後に参加者全員で頂くのがしきたりです。その際には、焼かずに調理しましょう。お供え物を食べることで神様のご加護を得られると言われています。


神饌(お供え物)について ―地鎮祭 上棟祭 新宅祭 神棚祭など―



地鎮祭の準備の疑問 その3:日取りはどうする?誰を呼ぶの?

基本的には、地鎮祭の日取りはいつでも良いとされているのですが、縁起の良い日を選ぶのが一般的です。家を建てるのは、祝い事とされるので結婚式の日取りと同じで六曜の大安友引を選ぶことが多いです。


さらに、十二直で「健、満、平、定、成、開」のいずれかが建築に良いとされているので、これらが重なる日を選ぶといいでしょう。


さらに、神主さんたち曰く、雨が降っている日が地鎮祭に適しているそうです。
「雨降って地固まる」という言葉から来ているようです。
これらが重なる日はベストですが、家族が全員揃うことができる日を選ぶのが一番ですよ。


参加者ですが、新築費用を出してくれているのであれば、両親や兄弟も呼んでもいいでしょう。神主さんと設計士さん、業者の責任者、そこに住むことになる家族、建築作業にかかわる業者さん たちなどがいれば十分です。


外の人も多くなると思うので、その後の宴会場をおさえておくのも大切ですよ。


地鎮祭の相場は?やった方がいいの?



【最後に】


簡略した地鎮祭を行うことが多いと思いますし、自分で用意する場合は特にそうなると思います。その場合は30分程度で終わることもありますし、その後の宴会もなしにする場合が多いので、お金をかけないようにすることを念頭に置いて準備してもいいでしょう。


きちんと地鎮祭ができない場合は、氏神様を祀っている神社に参拝したり、更地の状態で家族で手を合わせておくといいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です