京都のお盆の風習「おしょらいさん」とは?京都お盆の行事完全ガイド!

イルミネーション・ライトアップ

お盆の時期の京都と言えば、大文字の「五山送り火」ではないでしょうか?

しかし、他にもさまざまな習慣があります。

京都ではお盆の時期にだけ帰ってくるとされるご先祖の霊を親しみを込めて「お精霊さん(おしょらいさん)」と呼びます。

ぜひ、お精霊さんが帰ってくるお盆の時期に京都に行かれる予定の方は、事前に知識を得てから遊びに行ってください。

京都のお盆の風習「おしょらいさん」とは?京都ならではの風習とは?

5FotorCreated

京都ではお盆の時期にだけ帰ってくるとされるご先祖の霊を親しみを込めて「お精霊さん(おしょらいさん)」と呼びます。

毎年8月7日から10日にわたって六道珍皇寺(京都府京都市東山区小松町 大和大路通四条下る四丁目小松町595)では「六道まいり」が行われ、迎え鐘が鳴り響きます。

京都では、8月の13日から始まり16日の五山の送り火に終る盂蘭盆(うらぼん)には、各家に於て先祖の霊を祀る報恩供養が行われますが、その前の8月7日から10日までの4日間に精霊(御魂 みたま)を迎えるために六道珍皇寺に参詣する風習があります。

また京都ではお盆のお供えものとしてきゅうりとなすの「精霊馬」を作ります。

きゅうりに爪楊枝を刺したものは馬に乗ってあの世から早く帰って来られるように、なすに爪楊枝を刺したものはあの世へ牛に乗ってのんびり帰れるようにという願いが込められています。

そして最も有名なのが、毎年8月16日に行われる「五山送り火」ですね。

8月16日の20時頃になると、市内の看板などからは明かりが消えて、東から西へと5つの山に「大文字」、「松ヶ崎妙法」、舟形万灯籠」、「左大文字」、「鳥居形松明」の順に1時間ほどかけて点火され、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされています。

人々はこのかがり火を眺めながら、ご先祖様にお祈りささげるのです。

【京都の夏の風物詩】1分でわかる 京都 五山送り火/ 京都いいとこ動画

京都のお盆の時期にある行事・お祭りは?

清水寺千日詣・宵まいり

清水寺の千日参りは、毎年8月9日~16日に、本堂内々陣特別拝観(9:00~17:00 受付終了)として行われ、特に8月14日〜16日「もっとも千手観音菩薩との縁が強まる日」ということで夜間拝観が可能(21:00 受付終了)です。

19:00~21:30までの間に1回参拝することで千日分のご利益があると言われており、とても人気があります。

この千日詣りの期間中だけ「夜間の特別拝観およびライトアップ」が催されます。

音羽山 清水寺
京都府京都市。「清水の舞台」で知られる寺院。北法相宗の本山(一寺一宗)。縁起、年中行事、境内案内。

清水寺 千日詣り|Kiyomizu-dera Thousand Day Visit

五山送り火

市内各所で観ることが出来る京都最大のイベントですね。

8月16日の20時から点火となるので、ぜひお盆最後の日に京都に遊びに行かれてみてはいかがですか。

京都五山送り火|京都四大行事|京都観光オフィシャルサイト - 京都観光Navi
京都五山送り火は、京の夏の夜空を彩る風物詩のひとつ。夏の夜空をいろどる五山送り火は、8月16日 午後8時より点火。

嵐山灯籠流し

五山送り火と合わせて観たいのが、灯籠流しではないでしょうか。

8月16日の19:00~21:00頃まで嵐山の渡月橋で行われます。

無数の灯籠が白い光となって川を流れる様はとても美しいですよ。

また、会場付近から同じ日に行われる五山の送り火の内、近くに鳥居形、遠くには大文字の送り火を見ることができます。

嵐山灯篭流し|イベントカレンダー|京都“府”観光ガイド  ~京都府観光連盟公式サイト~
季節のおすすめやお出かけ、旅行、観光の予...

嵐山灯籠流し、お盆の供養

京都のお盆、ライトアップ情報!

高台寺のライトアップ(燈明会)

百鬼夜行絵巻が埋蔵されていることで有名な高台寺もライトアップが行われます。

2019年8月1日(木)〜8月18日(日)秀吉公の祥月命日(8/18)まで行う夏のライトアップ(燈明会とうみょうえ)です。

期間中は日没後点灯、午後10時閉門(午後9時半受付終了)です。

900余りの燈明会提灯が参道に灯されます。

夜の高台寺 - 高台寺

京都・高台寺夏の夜間ライトアップ

醍醐寺 万灯会

毎年8月5日に行われる「醍醐山万灯会」では、国宝である金堂や五重塔もライトアップされます。

置き灯篭や提灯が参道を照らしてきれいですよ。

日没から21:00までの間で開催されます。

醍醐寺万灯会|年中行事|世界遺産 京都 醍醐寺
世界遺産醍醐寺。真言宗醍醐派總本山。京都...

醍醐寺の醍醐山万灯会の施餓鬼供養(2014.8.5)

壬生寺 孟蘭盆万灯供養会

8月9日から8月16日の間に、約1200個の灯篭や蝋燭球が点灯されます。

日没から22:00までの時間で行われます。

壬生寺
京都,寺,有名

壬生寺 孟蘭盆万灯供養会 六斎念仏踊り

三千院 万灯会

8月12日に行われる「万灯会」では、18:00~21:00(20:30受付終了)に世界平和や諸願成就を願って、「千年の祈り」点灯式が不動堂前や観音堂で行われます。

先祖の霊を迎え入れ、世界平和や諸願成就を祈る約1,000本のろうそくが境内を美しく照らします。

場所:往生極楽院、金色不動堂、観音堂
参拝料無料(献灯ろうそく一灯1,000
円)

万灯会 – 天台宗 京都大原三千院

三千院 万灯会 2017.8.12

東大谷 万灯会

毎年8月14日から8月16日の3日間で、大小の提灯や俳句提灯、幼稚園や保育園の園児が製作した子供提灯など、全部で約1万個の提灯が吊るされ、18:00頃から点灯されます。

大谷祖廟の恒例行事 | 東本願寺
真宗大谷派(東本願寺)公式サイト

東大谷万灯会

京都のお盆の混雑・渋滞状況は?

PAK86_koutuujyuutai20130815

国道1号線や171号線、24号線、三条通りなどは他県からの車の流入路なので、お盆の時期は常に渋滞しています。

他にも、高速の出口付近や、清水寺近くにある五条坂辺りは大谷廊へ墓参りに向かう車で身動きが取れなくなるほど渋滞します。

混雑を避けるにはやはり電車を利用して京都観光なされるのが無難だと思います。

貴重な時間を渋滞に捕まり、車の中で潰すことになればもったいないですからね。

市民ですら、お盆に車を使う人は少ないんだそうです。

特に車も人もすごいのは、送り火のある16日の夕方です。

かなり混みますので、早めに移動を開始された方がいいでしょう。

まとめ

 

京都のお盆の風習「おしょらいさん」とは?京都お盆の行事完全ガイド!は、いかかでしたか?

京都のお盆には、他県では珍しい「五山の送り火」があるので、とっても魅力的ですよね。

観光を計画される場合は、事前にどこに行くのかしっかりと決めておき、早めに移動することを心がけると良いでしょう。

お盆の京都は他県からの観光客も多く、混雑しがちなので電車で快適に観光してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました