浅草ほおずき市2019!開催時間は?江戸っ子の粋を感じる見どころとは?

スポンサーリンク
7月のお祭り
スポンサーリンク

ほおずきは夏らしさを感じさせる植物ですが、毎年ちょうど梅雨明けの頃、浅草寺のほおずき市が開催されます。

ほおずき市の由来や混雑状況について調べてみました♪

スポンサーリンク

浅草ほおずき市とは? 開催時間は?

ほおずき市と言えば浅草寺が有名ですが、街のあちらこちらのお寺の境内でもほおずきの鉢が並びます。

毎年、ほおずき市は7月9日、10日に開催されます。

開催日:2019年7月9日(火)~10日(水)の2日間 午前8時から午後9時ごろまで

浅草寺本堂は午前6時から午後8時までになりますので、夜に行かれる方は本堂で参拝を先にすませるといいですね。

毎月18日のことを「縁日」と呼んでいました、これは観音様と縁がある日とされ、この日に参拝した人はいつもより多くのご利益を得られると信じられていました。

さらにこの「縁日」の中でも特にご利益があるものとして「功徳日」というのが定められました。

その功徳日のなかでも、もっともご利益があるとされているのが7月10日なのです。

この日に参拝すると、そのご利益は46,000日分のご利益に相当するというのです。

ほおずき市は、愛宕神社縁日に開かれていたものが発祥だと言われています。

昔からほおずきは薬草として珍重されていました。

ほおずき市が、浅草寺で行われるようになったのは、源頼朝が由来だという説もあります。

奥州征伐から引き揚げる際、日射病で弱っていた兵士にほおずきの実を食べ、避けたのが始まりだという説です。

四万六千日・ほおずき市(しまんろくせんにち)公式サイト:

四万六千日・ほおずき市|聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト
金龍山浅草寺のオフィシャルホームページ

アクセス情報

浅草寺本堂

公共交通機関:東武スカイツリーライン「浅草駅」より徒歩5分。東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩5分。つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩5分。都営地下鉄浅草線「浅草駅」A4出口より徒歩5分。

ほおずき市の見どころ?

ほおずき市は、ほおずきが売られているので愛らしいほおずきを見るだけでなく、ぜひ、買って帰りですよね。

鉢物のほおずきは江戸風鈴が付いて売られているのがほおずき市の特徴です。

基本的には、風鈴とのセットで2,500円で売られています。

二日間限定の「雷除札」「災難除守」というお守りもあります。

祈祷札も限定で、黄色の掛け紙をかけた「黄札」が授与されます。

お守りの販売場所は、参道(本堂の手前左側)と本堂の中の2箇所です。

ご朱印もほおずき市限定として「四万六千日」の朱印が入ります。

御朱印の販売場所は、本堂西側の影向堂です。

限定なので是非お求めください。

境内には100件のほおずきの露店が出てにぎわいます。

多くの参拝者が訪れるので大変混雑します。

夏らしく浴衣で行く人もたくさんいます。

ほおずきの鉢を持った様子はとても絵になりますね。

浅草ほおずき市の紹介動画

ほおずきってそもそも何?

ほおずきは薬草としても使われていたといいましたが、薬用として利用されていたものと観賞用のほおずきは別の種類になります。

薬用のものは実が青い「千成ほおずき」と呼ばれるものです。

鑑賞用のものは「丹波ほおずき」と言い、実の赤い私たちが思い浮かべるほおずきです。

ほおずきは、初夏からなつにかけて花を咲かせ、提灯のような袋に入った果実をつけます。

お盆のころに赤く色づきます。

袋の部分はガクが発達したもので、袋の中に丸い果実が入っています。

食用のものは「食用ほおずき」と言い、イノシトールというビタミンBを豊富に含んでいます。

イノシトールは体内に脂肪を溜め込まない働きがあるとされています。

完熟した実は淡い褐色で、黄色い果肉があります。

ベリー類に似た味わいが特徴です。

買ったほおずきはどうすればいい? 食べられるの?

厄除けになるので、家族や友人のためにもほおずきを買いたいという場合は、宅配サービスが便利ですよ。

お店とヤマト運輸が連携して、宅配サービスを提供してくれているので

安心してお買い物ができますね。

買ったほおずきの鉢は、そのまま日当たりの良い場所で育てることができます。

水切れによわいので、こまめに水やりをしましょう。

半日陰の場所でもよく育ちます。

ほおずきはとても強く育てやすい多年草です。

風鈴の音色を楽しむために風通しのいい場所で育ててくださいね。

ほおずき市の鉢の中には、まだ実がなっていない花が咲いている状態で売られている鉢もあるので、これらを選べば育てる楽しみ方もできますね。

現在のほおずき市で売られているほおずきは、すべて観賞用なので、残念ながら食べられません。

赤くなった実を鑑賞して楽しんでください。

まとめ

ほおずきの鉢に江戸風鈴が付けて売られている姿は涼しげで、つい買いたくなります。

中には風鈴が欲しくて買う人もいるのだとか。

ほおずきは観賞用として長く楽しめますし、多年草なので上手く育てば来年も実がなります。

そんな浅草寺のほうずき市には、屋台などもでますから、ほおずきを買う以外にも食べる楽しみもありますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました