ミニバスをしている子供の保護者同士のトラブル3選!解決方法・相談先は?

スポンサーリンク


スポーツ少年団(スポ少)のミニバスは女の子にも人気がありますよね。ただ、スポーツクラブと違うスポ少はボランティアとしてコーチをしている人と参加者の保護者の全面協力の元で運営されているものがほとんどです。なので、保護者間のトラブルも多いんです。


今回はどんなトラブルが多いのか見ると同時に、解決策も考えてみようと思います。始めようと思っているご家族やトラブルのさなかにいる方はぜひチェックしてみてください。


スポンサーリンク

ミニバスのよくある保護者トラブル3選 その1:保護者の中に経験者がいて、コーチのやり方に口出してしまうケース


よくあるケースだと思います。スポ少に子供を入れる理由として、保護者がそもそも選手だったり、経験者だったりして、自分の夢を子供に託したいという強い思い入れがあることがあります。


その場合は、コーチのやり方が気になるものです。
やり方が古いと思ったり、練習方法が間違っていると感じたり、選手の選考がおかしいと感じたりです。ただ、コーチとしても、チームのことをしっかりと考えて練習内容や選手選考を行っているので、やり方に口出されては困りますよね。


また、チームの保護者の中にはバスケットがよく分からないから預けている人も多いものです。そんな人からすれば、やり方が古いとか選考が間違っていると言われると混乱してしまいます。保護者の輪だけじゃなく、コーチとの仲も崩しかねないトラブルとなるでしょう。


基本的に、スポ少では体験期間が設けられているものです。この期間は子供がバスケットに興味を持てるかを見定めると同時に、保護者がコーチのやり方を承諾できるかを見極める期間と言えるでしょう。


この期間を経て一員となったのであれば、コーチのやり方を受け入れるべきだと説得してみてはいかがでしょうか?気に入らないのであれば、別のチームを探すべきですね。


ボールを見ずにドリブルさせる練習方法【ミニバス指導】




ミニバスのよくある保護者トラブル3選 その2:習い事感覚の親と本気の親との温度差によるケース


冒頭でも書いたように、スポ少は保護者の全面協力があって運営が成り立つものです。ただ、スポ少に子供を入れる親には二通りいます。子供を選手にしたいと本気モードで参加している親と、運動系の習い事をさせたいから参加している親です。


この二通りの親の間の温度はかなりのものです。この二通りの親がいるため、試合を繰り返して経験を積ませたいと思っている人がいる一方で、練習をして子供が元気に動き回っていればいいくらいに思っている人との間で、トラブルが発生します。



この場合は、初めから本気モードの親が一丸となって率先してチームを引っ張って行くしないでしょう。温度差があるやる気のない親集団に目くじらを立てていても子供たちは上達しません。この程度でいいという親の意見よりもチームの成長を優先する方針をスポ少に設けてしまいましょう


ミニバスのよくある保護者トラブル3選 その3:非協力的な親への不満から来るケース


上記と同じ部分もありますが、本気で子供にバスケットをさせたいと思っているが、物理的に参加できないタイプの保護者もいるでしょう。


例えば、共働きで夜も遅くまで仕事をしている家庭や下の子が小さくて試合などについて行くのが難しい家庭、片親で時間を作るのが難しい場合や、車がなくて運転もできない家庭などなど、参加できない理由は挙げるとキリがないですが、そう言った理由で不参加が多い保護者には、毎度のように時間を作って参加している保護者からすればとってもいら立つ存在となるでしょう。


もちろん、価値観の違いで毎度参加していても、そう言った不参加組を「事情があるから仕方がない」とか「参加できる人で回せばいい」と考え、余裕を持って接することができる人もいれば、嫌だけど頑張って参加している人の中には「あの人はずるい」とか「できないならば参加しなきゃいい」と思う人もいるでしょう。


こういった感情は、自分に余裕があるかどうかで決まることです。ただ、初めから全面協力を行うのが条件であるスポ少に参加したのですから、時には無理にでも時間を作って参加するように努めるべきでしょう。協力できないのであれば、スポーツクラブに子供を通わせる選択をするべきです。


子供が熱中するミニバスで保護者同士がトラブルにならないためには。相談先は?


一番大切なことは、子供が夢中になってやっているスポーツを邪魔しないことです。そして、親として全力で応援してあげることです。保護者の誰もが同じように思っていることでしょう。


子供は好きなことであり、親が応援してくれることならば、どこまでも成長できるものです。なので、母親だけが熱心だとか父親だけが熱心だということではなく、家族みんなで協力できる体制を作ることが大切です。


そうすれば、練習に参加できない時にも家族の誰かが代わりにいくことができるでしょうし、兄や姉が手伝ってくれるかもしれません。祖父母にも協力してもらう体制を作っておくと心強いですね。


トラブルに陥った時は一番の相談相手は配偶者でしょうが、
それでは埒が明かない場合は他の保護者やコーチに相談してみるといいでしょう。


トラブルが解決しない場合は、早めに別のチームやスポーツクラブに移るのがいいでしょう。親同士のトラブルは、子供にも伝染する場合があります。そうなる前に解決できそうもないと思えば、さくっと場所を変えるのも手です。


【最後に】


トラブルは人と人の価値観の違いのぶつかり合いです。誰かが我慢するほか、解決策がない場合も意外と多いです。ただ、たかが子供のスポーツでストレスを抱える必要はないでしょう。


子供がスポーツを続けたいと思うのであれば、負担の少ないスポーツクラブに移せばいいだけです。トラブルをこじらせてまで頑張る必要はありませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です