休日出勤・残業・ゴルフ・運転・LINEの強要・・・パワハラにあたる?

スポンサーリンク


パワハラと言う言葉は聞き慣れてきましたよね?どんな意味かも知っている人が多いでしょう。ただ、どんな状況がパワハラとなるのか、具体的なことを聞かれるとうまく答えられない人も多いでしょう。


職場で気軽に叫ぶことができるようなワードでもないですよね。でも、どんな会社であっても、パワハラに該当するような行為があると思います。今回は、多くの人がグレイゾーンかなと思っている事柄を取り上げてみたいと思います。


スポンサーリンク

休日出勤や残業を強要された・・・これってパワハラにあたる?

まず、一番多いのが休日出勤や残業でしょう。


まず、休日出勤についてですが、ミスをカバーしたり、勉強のために自分で出勤している場合は、パワハラにはもちろん該当しません。ですが、上司や先輩に休日にも出勤して片付けろと命令されて、実際に出勤した場合は、明らかなパワハラとなるでしょう。


本来は休日であるのに命令で出勤されたことで本人が不快感を得たのであれば、パワハラの何物でもありません。本来、休日に出勤しないといけないような状況では、上司や先輩がお願いして承諾を得た上で、当然ながら手当や残業扱いにできるものです。報酬もなく、休日を社員から奪うことは不当です


残業に関しては、まずサービス残業の強要であれば、
誰もがパワハラだと分かることでしょう。


最近はよくニュースにもなるので、上司の多くもサービス残業の強要がアウトなのは分かっていると思いますが、残業代が付く残業の強要はどうなるのか分かりにくくありませんか?


残業をしたことがない人はいないことでしょう。
誰もが残業の経験があるでしょう。この残業は業務時間外の仕事です。


今日中にしなければいけないことが明白ならばまだしも、明日でも大丈夫な場合は完全なパワハラと言えるでしょう。なので、報酬が払われる残業であっても強要され、本人が嫌だと思ったならばパワハラになるんです。


初めての方へ|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト
メンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」(過労死・うつ病・自殺予防、職場復帰、パワハラ・セクハラ対策)あなたの悩みに耳を傾けてくれる専門の相談機関があります。一人で悩まずに客観的な意見を取り入れ、問題解決に向けて第一歩を踏み出してみませんか。


パワハラ講座 第1回 これがパワハラだ!




休日のゴルフや接待ゴルフの強要、これはパワハラ?


まず、休日ゴルフは、当然ながら報酬が支払われるようなものではありませんね?
あくまで自由参加を前提にしたものだと思います。


自由参加なのにも関わらず強要された場合は、完全なるパワハラです。
断ったことで通常の業務に支障をきたすような態度をとられた場合も重ねてパワハラになります。


ですが、休日手当が付く接待ゴルフであれば、明らかに仕事ですね?
接待ゴルフは勤務時間である平日に行う場合と休日に行う場合があるでしょう。


休日に本人が自主的に取引先を誘う場合は、労働時間としてカウントされないので、休日手当や経費として会社に請求することはできません


でも、上司や社長が休日に行う接待ゴルフを命じた場合は、労働時間となるので、休日手当と経費を支払う必要があります。また、休日手当を支払わない代わりに代休がもらえる場合もあります。


どちらであれ、これらがしっかりと行われる場合は、
業務命令としてゴルフに参加させられてもパワハラとは言えないでしょう。


ペーパードライバーなのに運転を強要された。パワハラになる?


ペーパードライバーであっても、運転免許証を所持していることには変わりないので、履歴書に運転免許証の有りと記載する人は多いでしょう。



ただ、会社側からすれば運転免許証があるなら、運転ができると思って採用するケースもあります。なので、一番いいのはペーパードライバーならば履歴書には運転免許証の有無を記載しないことです。


ただ、運転したくないのに運転を強要された場合は断ってもいいと思います。
運転しない理由は様々でしょうが、多くの場合は身の危険を感じるから運転せずに来たのでしょう。


本人からすれば、運転を強要されるのは、危険を冒せと迫られているのと同じことです。事故が起きてからでは遅いですよね?運転を断る場合は、どれだけ自分の運転が危険なのかを強調するといいでしょう。そうすれば理解を示してくれると思います。


総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省
総合労働相談コーナーでは、解雇、雇止め、賃金の引下げなどの労働条件や、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、パワハラなど、労働問題に関するあらゆる分野の相談を、労働者、事業主どちらからでも無料で受けしております。


できれば交換したくない。LINEの番号交換の強要はパワハラ?


LINEの番号はプライベートですよね。別にアカウントを作って対策をとることもできるでしょうが、交換を強要された場合はもちろん、断ってOKですし、しつこい場合はパワハラ、というよりセクハラです。


LINEは業務上で使用するようなツールではありません。
セキュリティがしっかりとしたサービスではありませんし、速読機能という面倒なものもあります。


なので、本人が交換するのが嫌だと思うのであれば「LINEはあまり見ないから」とか「仕事の用があるなら、電話してください」とドライに断るといいでしょう。業務に必要な連絡は電話番号で事足ります。LINEを教える必要性はまったくありませんよ。


【最後に】


会社でのグレイゾーンを並べてみました。パワハラは基本的に上司や社長など、命令する側の人がされる側の人に業務に関係ない範囲でも、嫌がることを強要したり、命令したりすることですが、業務が関わっていても勤務時間外であれば労働者の自由です。それを強要するのはパワハラと言えるでしょう。


はっきりと分からないと思う場合は、
厚生労働省のサイトである『こころの耳』や『総合労働相談コーナー』に相談しに行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です