水遊びができる千葉の公園4選!水遊び用おむつは必須?テントは持ち込み可能?

スポンサーリンク

暑い夏は大変な季節ですが、同時に子どもたちにとっては外遊び……更に言うと、水遊びが楽しめる楽しい季節でもあります。
暑い季節、今年は子どもの水遊びデビューをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんな水遊びが楽しめる千葉の公園を4つほど、これからご紹介していきます。
公園の場所や水遊びおむつが必要かどうかのルール、また楽しく過ごすために知っておきたいことをまとめていますので、千葉やお近くにお住まいの方はぜひチェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク

【水遊びができる千葉の公園4選!:1.手賀の丘公園】


手賀の丘公園はきれいなじゃぶじゃぶ池で、まるで川辺で遊んでいるような雰囲気で楽しめます。


・参考動画
千葉県柏市 手賀の丘公園


手賀の丘公園の情報については以下にまとめましたので、ぜひご確認下さいね。


住所:千葉県柏市片山275
お問い合わせ:04-7193-0010
公式サイト:



手賀の丘公園の駐車場は合計3つ(合わせておよそ220台駐車可能)あり、どの場所も入り口のすぐ近くにあります。
駐車料金はかかりませんが利用できる時間が朝の9時から夕方4時半までと少し短めですので、車で向かわれる際はご注意下さいね。


また手賀の丘公園のじゃぶじゃぶ池はほぼ夏休みの期間、7月下旬から8月の終わりまで、9時から16時まで利用可となっています。
月曜日は公園自体がお休みですから遊べないのはもちろん、他の日にもメンテナンスなどが入る可能性があります。
また当然ではありますが雨の日は利用することが出来ませんので、これらにも注意が必要ですね。


おむつが外れていないお子様が水遊びをしたい場合、足をつけて遊ぶだけにするか水遊びおむつを用意しておきましょう。



休憩出来る場所や売店などもあり、また毎週末に朝市が開かれていますのでそういった場所で新鮮な野菜も買うことが出来ます。
またバーベキュー広場もありますがそこでもテントを張ることは禁止されていますので、ご注意くださいね。




【水遊びができる千葉の公園4選!:2.香澄公園】

香澄公園のじゃぶじゃぶ池は広く、自然に囲まれた中ゆっくり遊ぶことができます。


・参考動画
2016 初水遊び 香澄公園


そんな香澄公園の場所などの情報については以下にまとめましたので、ぜひご確認下さいね。


場所:千葉県習志野市香澄3~6
お問い合わせ:047-454-1823
公式サイト:



香澄公園には駐車場が二人あり、70台ちょっとが駐車可能となっています。
料金は無料ですが利用時間が決まっており、時間を過ぎてしまうと施錠されてしまいますのでご注意下さい。
夏場は19時半まで、それ以外の季節は17時~17時半まで程度ですが、詳細は公式サイトを一度ご確認いただくと、より安心してご利用出来ると思います。


赤ちゃんが座って遊べるような水深ですので、足だけで遊ぶよりも水遊びおむつも用意しておき、座って思いっきり水をパシャパシャさせて遊ばせたいと思える場所です。
おむつが取れていない赤ちゃんの場合、おむつが浸からない程度の場所で遊ぶようにしておきましょう。
売店はありませんが駐車場の近くには自販機があり、またちょっと歩いたところにコンビニもありますので、休憩がてら動いて身体を温めるのも良いと思います!


バーベキューができる場所もあり、テントを持っていくことも可能ですので、1日たっぷり遊ぶつもりで予定を立てるのも楽しそうですね!



【水遊びができる千葉の公園4選!:3.薬園台公園】

薬園台公園には子供プールがあり「無料で遊ばせられる公園」ということで、毎年夏になるとたくさんの子どもで賑わいます。


・参考動画
薬円台公園の子供プール(じゃぶじゃぶ池)で水遊び


そんな薬園台公園の場所などの情報については以下にまとめましたので、ぜひご確認下さいね。


場所:千葉県船橋市薬園台4-4
公式サイト:

蒸気機関車に会える公園:薬円台公園(やくえんだいこうえん)
蒸気機関車に会える公園:薬円台公園(やくえんだいこうえん) では、千葉県船橋市にある、蒸気機関車や徒渉池のある薬円台公園をご紹介しています。 


薬園台公園の駐車場は1カ所、駐車台数は20台ほどですので、可能であれば公共交通機関を使って遊びに行くようにしてくださいね。
また駐車場は9時から17時までの利用で、それ以降は施錠されてしまいますのでご注意下さい。


薬園台公園の子供プールは本当に「小さいプール」といった印象で、大人は入ることが出来ませんが子どもはたっぷり遊ぶことが出来ます。
水遊びおむつの着用ですが、そもそも利用して良いのが「おむつの外れた頃から小学校低学年まで」ですので、おむつが外れていないお子様は残念ですが外れてから遊ぶようにしましょう。


日よけスペースなどはありますが売店はなく、公園の周りに自動販売機があるのみとなっています。
遊びに来る移動中にお昼などの用意はしておいたほうが、安心して遊ぶことが出来ると思います!



またテントを張るような公園ではありませんので、日傘など日よけアイテムも用意しておいたほうが良いですね。


【水遊びができる千葉の公園4選!:4.ふなばしアンデルセン公園】

ふなばしアンデルセン公園にはたくさんの泉や池があり、また水深も浅く遊びやすいということで水遊びができる場所としても人気の高い場所となっています!


・参考動画
船橋アンデルセン公園の巨大じゃぶじゃぶ池で水遊び!「にじの池」Andersen park 日曜☓家族(*´ω`*)


そんなふなばしアンデルセン公園の場所などの情報については以下にまとめましたので、ぜひご確認下さいね。


場所:千葉県船橋市金堀町525
お問い合わせ:047-457-6627
公式サイト:



ふなばしアンデルセン公園の「アルキメデスの泉」「虹の池」など、どれも広く子どもも満足に楽しめる水遊び場所で、毎年とても人気があります。
水深も深い場所で50cmと、気をつけながら子どももダイナミックに水遊びをすることが出来ます!


入園料金が一般900円、幼児100円と多少かかってしまいますが、その分の満足は得られる場所でおすすめです。
前売り券や年間パスポートなどもありますので、そういったプランを利用して安く遊ぶ方法もありますね!


駐車場は用意されていて普通車通常料金500円、大型車は2000円(要予約)で停めることが出来ます。


ルールとしては特にありませんがふなばしアンデルセン公園ではたくさんの子どもも遊んでいますので、おむつが取れていない赤ちゃんは水遊びおむつを用意しておきましょう。


広々とした場所な上に遊びに来る方も多いので日よけの場所が空いているとは考えないほうが安全ですが、ふなばしアンデルセン公園の芝生広場ではテントも張れますので、そういったところで休憩するのはOKです。
水遊び以外にも遊べる場所はたくさんあり、また売店やレストランなどもありますので、お昼も選択肢が広がりますね!


【まとめ】

千葉には水遊びができるじゃぶじゃぶ池やプールなどがたくさんあり、暑い夏も近場のじゃぶじゃぶ池を巡って遊ぶ季節だと思うと楽しく過ごせそうです!
遊ぶ場合に細かなルールが必要な場所もありますが、どれも「みんなで楽しく遊ぶため」に必要なことですので、守るようにしてくださいね。



今年水遊びデビューという小さなお子様も、毎年水遊びを楽しんでいるお子様も、この暑い季節を楽しくのびのび楽しんでいきましょう!
今年の夏はぜひ水遊びが出来る公園で、ゆっくりお過ごしくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です