潮干狩りで禁止されている道具とは?使っても問題ない道具とは?

潮干狩り

暖かくなると潮干狩りが楽しい季節になりますが、潮干狩りを楽しむためにはルールを守る必要があります。

潮干狩りに持っていってはいけない、使ってはいけない道具があり、それを知らないままうっかり使ってしまったなんてことがないようにしておきたいですよね。

使ってはいけない道具だけではなく、潮干狩りに便利な道具、使っても問題ない道具についてもきちんと把握しておくことが大切です。

ここでは潮干狩りを楽しむために使っていい道具、禁止されている道具などを紹介していくので、ぜひ潮干狩りに行く前にチェックしておきましょう!

潮干狩りに実は持っていってはいけない道具があるのを知ってる?

「潮干狩りに使ってはいけない道具があるなんて知らなかった」という方もいらっしゃるかもしれませんが、禁止されている道具とは

ジョレン(またはマンガ)

忍者熊手

なんです。

どちらの道具も禁止されている一番の理由は「採れすぎるから」で、こういったアイテムを使ってしまうと潮干狩り場の貝を乱獲してしまうからです。

潮干狩りで有名な千葉県でもジョレンは禁止、忍者熊手についても三重県や愛知県では禁止となっています。

しかし現場に行っても使っている方を見かけることがあり、なぜかというと「あまり認知されていない」そして何より「釣具屋、インターネットなどで普通に売られているから」なんです。

また先程禁止されている場所についてもお話した通りすべての潮干狩り会場で禁止されているわけではなく、それぞれの場所で「禁止されていることが多い」が正解なんですね。

ですから潮干狩りに行く場所を決めたら必ず一度インターネットなどで情報を調べ、その場所で禁止されているものを事前に把握しておくことが大切です。

残念ながらそれをせず使ってしまい摘発されたという案件も毎年多くあり、「知らなかった」では済まないことだと事前に知っておきましょう!

潮干狩りに使ってもいい道具とは?

普通に使えると思っていた道具が禁止されてしまうと「じゃあ何ならいいの?」と思ってしまいますよね。

ここでは潮干狩りに使っても良い、またあれば便利な必要な道具を紹介していくので、ぜひご確認ください!

バケツ

バケツは潮干狩りの道具や貝などを入れるのに使え、ひとつあればそのまま貝を持ち帰る際にも便利なので必ず用意しておきたい道具です。

折りたたみのバケツや蓋付きのバケツも移動時に便利なので、潮干狩りに行く人数に合わせて用意しても良いですね。

ザル

ザルもしくはかごなどは採った貝を海水で洗う、貝を入れておくなどに便利で、持ち手がついているタイプだと特に使いやすくおすすめです。

熊手、カマなど

ジョルンや忍者熊手のような道具は禁止されているところもありますが、普通の三本爪の熊手などは問題なく使えます。

また潮干狩りに使う熊手はできるだけ先が尖っているタイプではなく、先が尖っていない、貝を傷めないタイプを選びましょう。

ゴム手袋

薄手のビニール手袋+軍手でも大丈夫ですが、やっぱり手荒れや傷を防ぐためには厚手のゴム手袋もおすすめです。

掃除に使うしっかりした長めのゴム手袋なら泥が多少はねても平気ですし、日焼け防止にもなるのでぜひゴム手袋も用意しておきましょう。

タオル

タオルは泥汚れなどをさっと拭く、直射日光から首を守る、さらに終わって手足を洗ったあとにも使えるので、一人1枚は確保しておくと安心です。

レジャーシートや折りたたみ椅子

休憩時にはレジャーシートや折りたたみ椅子があると便利で、特に腰をいためやすい方は小さな折りたたみ椅子でもあればないよりも休息できておすすめです。

貝を持ち帰るための網や海水を入れておくペットボトル、鮮度を保って持ち帰るためのクーラーボックス(保冷剤や氷も)もあると良いですね!

100均の潮干狩りの道具とプロフェッショナルな道具、どちらがたくさん採れるの?

必要な道具、使っていい道具を見ていくと、今は100均でも売られている道具がたくさんあることが分かりますよね。

熊手やスコップ、バケツ、場所によってはゴム手袋や折りたたみ椅子まで全部100均で揃えることも可能で、でも「100均の道具だとあまり採れないのでは?」という悩みもあるかもしれません。

結論から言うと100均の道具でも問題なく採れますし、潮干狩りを十分たのしむことが可能です。

ただし100均によっては熊手が尖ったタイプしかない、忍者熊手しかないなどもあるので、最初にお話した使っていい道具・禁止されている道具、そして便利な道具はチェックしておきましょう!

道具がなくても素手でたくさん貝はとれるもの?道具なしで採るコツとは?

潮干狩りに便利な道具はたくさんあるものの、写真などを見ていると素手で泥をかき分けている、採れた貝を持っている人もたくさんいるんですね。

道具無しでも貝は取れるのかについての答えは「十分できる」になりますが、具体的にどうやって採れば良いのかはまず次の動画を参考にしてみましょう。

素手採り達人の江川潮干狩り

実はスコップや熊手といったアイテムは「効率よく貝を見つけ集める」ための道具であり、素手(もちろんゴム手袋や軍手は必須です)でも貝を採ることは可能です。

特にアサリなどはたくさんいる潮干狩り会場などでは素手でも簡単に見つけ、採ることができるんですね。

採り方のコツとしては実際に泥からどうやって見つけるかというよりも、以下のポイントに注意してみましょう(道具を使う場合でも同じです)。

・誰かが掘った場所ではないこと
・貝のいる場所であること

どちらも言われてみれば基本中の基本ですが、当然誰かが掘った直後の場所では貝が残っているはずもなく、またGWなど人の多いシーズンでは便利な近い場所なども同様です。

ちょっと沖まで出てみる、誰かが触った跡のない場所を探してみる、これを試してみるだけでもびっくりするほど違う量が採れることもあるので、ぜひ実践してみてくださいね!

まとめ

潮干狩りで禁止されている道具があるということをそもそも知らなかったという場合もありますが、知らないままうっかり使い捕まってしまうなんてしたくないですよね。

事前に潮干狩り会場をチェックし、使っていい道具・禁止されている道具を把握してから準備を整えたほうが安心です。

潮干狩りの道具は100均のものでも十分揃えることが可能なので、道具は安いもので整え、当日はゆっくり潮干狩りを楽しめるようにしていきましょう!

よく読まれている記事
潮干狩り
takatakaをフォローする
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました