新人看護師の頃に知りたかった!ストレス解消法とストレスとの付き合い方とは?

スポンサーリンク


新人看護師って辛いですよね。
何が辛いのかって?
肉体的にも、精神的にも…全てです。(泣)


体育会系で打たれ強い私でも毎日「辞めたい、絶対辞めてやる!」と、泣きながら過ごしていました。同期の中には、入職後1か月もたたないうちに辞めてしまった子もいて、後にその子は精神的に崩壊寸前だったと聞きました。


新人時代の悩みやストレスは誰もが必ず直面する問題ですが、このようにストレスを発散出来ずにいると、精神的に病んでしまうこともあるのです。


今回、辛い新人時代を送った経験のある元看護師ライターかなさが、新人看護師のうちに知っておくことで、精神的に楽になるストレスとの付き合い方とその解消法を伝授します!


スポンサーリンク

新人看護師が抱えるストレスの原因 その1:何も出来ない自分


看護師1年目、しかもピッカピカの新人ホヤホヤの時は、
自分でもビックリするくらい、本当に何も出来ません。(笑)


はっきり言って学生時代と変わらない。
採血はもちろん、バイタル測定にも時間がかかる。
移動介助もまともに出来ない。


でもそんなこと、先輩たちは百も承知です。
だから、出来ないことに悩まなくてもいいんです。


だって、逆に新人看護師が最初からバリバリ仕事をこなしてしまったら、先輩たちの立場は無くなっちゃいますよ?それも今だからわかることなのですけど。(笑)


何も出来ない自分をなさけなく思い、
悩んでいたあの頃の私に優しく言ってあげたい。
出来なくて当たり前。だから出来ないことをプレッシャーに思わなくていい。
ということを。

あの頃にそのような考えが出来ていたら、もう少し楽に過ごせたのにな。と思います…。


何も出来ないことに悩んでいる新人の皆さん!
割り切って今の自分に出来ることを探しましょう


看護師としての技術的な面だけにとらわれずに、

・フレッシュな笑顔で患者さんに声をかけること
・ナースコールにいち早く対応すること
・体調管理をして仕事を休まないようにすること

など、日々小さな目標を立ててみるのもいいですね。



悩んで暗い顔をしている新人よりも、前向きに笑顔でいる新人のほうが好感が持てますよ!



新人看護師が抱えるストレスの原因 その2:時間が無い


看護師の仕事量って、どうしてそんなに多いのでしょうね?
仕事の優先順位も分からず要領が悪い新人時代は、時間内に仕事を終えるなんて無理な話です。


しかも、残業しても最初の頃は手当すら認めてもらえない。
そして明日の仕事のために家でも勉強の毎日。
私も、1日24時間では足りない!って常に思っていました。


このように、仕事のことばかり考えていると、そのうちストレスで押しつぶされてしまいますよね。


しかし、時間が無いことに対するストレスは、新人時代だけではなくしばらく続くので、キッパリとあきらめましょう。(笑)


私の場合、そのストレスを発散するために休日前の夜は同期や先輩と飲みに行っていました。(時間が無いのにあえてです)結局、誰と行っても、仕事の話になるのですが。


でも、それでもいいんです。同期には愚痴をぶちまけたり体験したことを聞くことが出来るし、先輩からは仕事のアドバイスを受けることが出来る。


結局ストレス解消しながら、ちゃっかり勉強していましたよ。


新人看護師が抱えるストレスの原因 その3:職場の人間関係


医師、先輩看護師、患者…
新人看護師を取り巻く人間関係は複雑なんですよね…。


未熟なために医師に相手にされず、先輩看護師から厳しい指導を受け、患者にはなかなか信頼してもらえない現実。辛いですよね。


でも、あなたが周囲の人たちの信頼を得るには、経験を積む以外に方法はありません


私も新人看護師の頃は、理不尽に患者から拒否をされたこともありました。しかし嫌味を言われながらも処置を続けていたある日、同じ患者に「上手になったわね。」と言われました。本当に嬉しくて、今でも忘れられない言葉です。


他に、医師や先輩に対しては、分からないことをどんどん聞いてやる気をアピールしましょう!新人だからこそ、何を聞いても許されるのです。


分からないことを聞くことは決して恥ずかしいことではありません。
分からないのに分かったふりをしていることのほうが、よっぽど恥ずかしいことです。


今だからわかること。
医師や先輩看護師は、素直でやる気のある新人が大好きです。


新人看護師が仕事に慣れる、もう少しうまく仕事ができるようになる時期は?


看護師は一般的にプリセプターを任されるようになる3年目頃から一人前と言われています。


1年目・・・
学生時代が抜けきらない時期。看護技術と共に社会人としてのあり方を学ぶ。

2年目・・・
仕事にも慣れ、視野が広がる時期。少しずつ生活を楽しめるようになる。

3年目・・・
新人指導が出来るようになるまでに成長。頼られることで自信がつき、さらにスキルアップを目指して試行錯誤していく。


このように考えると、我慢するのは最初の1年間!
そう割り切って頑張ってみましょう。


ただ、1年目で仕事の向き・不向きを判断するのが早いというわけではありません。
考え方を前向きに切りかえることが出来なかったり、ストレスが溜まりどうしようも無いときは、家族や友人に相談して早めに今後の対策をとることも大切です。


【まとめ】


新人看護師が抱えるストレスとして、

1. 何も出来ない自分
2. 時間が無い
3. 職場の人間関係


があり、その対処法としては、

・新人時代は出来なくて当たり前ということを知ること。
・日々小さな目標を持つこと。
・休前日は飲み会などでストレス発散すること。
・新人のうちに分からないことを質問して、やる気をアピールすること。

が大切ですね!


しかしそれでも、気持ちが楽にならずにストレスに押しつぶされそうな日々を過ごしているのなら…。これ以上我慢する必要はありませんよ。


あなたは「看護師免許」という大きな成果を得ています。
常に看護師不足の現在、経験が浅くてもOKという求人は多くあります
看護師転職サイトに登録して、コンサルタントに相談してみましょう。


そして急性期病院から療養型施設、訪問看護やデイケア、保育園看護師まで、色々な働き方があることを知りましょう。
あなたが成長できる場所は、たくさんありますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です