薬が使用期限切れ!服用しても大丈夫?ロキソニンはいつまで服用可能?

スポンサーリンク

薬局などで買う薬は、必要なときに購入してもなかなか全部使い切ることってないものが多いですよね。
また病院でもらった薬もすぐに改善した場合なかなか使い切らず、結局残ってしまうこともあります。
そうなるととりあえず保管しておき、また次必要なときのために残しておく……というパターンが、最も多くなると思うんです。


けれどよく考えてみると薬にはもちろん「使用期限」があるはずですし、また開封時・未開封時などで期限が違う可能性もあります。
自宅に置いておいて必要なときに飲むようにしていた薬も、こう聞くと本当に安心なのかどうかちょっと心配になってしまいますよね。


使用期限が切れた薬は服用しても良いのか、また薬の使用期限について広く詳しくチェックしてみましょう!


スポンサーリンク

【薬の使用期限はいつなの?未開封ならいつまで持つ?】

薬の使用期限は種類やメーカーによって異なっていますが、ほとんどの場合「6ヶ月から3年」となっています。
箱に記載されているもの、瓶に記載されているものなど様々ですので、まずはこの使用期限をチェックしてみましょう。


また使用期限が何も書かれてない薬も一部ありますが、何も書かれていない場合の使用期限は「未開封で3年」となっています。
薬ももちろんいつまでも安心して飲めるものではなく、どの薬にも使用期限がありますので、まず最初に必ずチェックするようにしてくださいね。


気をつけなければならないのは、この使用期限は「未開封時、なおかつ一定の範囲で適切に保管されている」ことが前提です。


適切な環境とは「高温多湿と直射日光を避け、室温で保存する」というものです(もちろん冷蔵保存が必要と書かれてある場合は冷蔵保存が前提です)。
直射日光が当たる場所に放置されていた薬や明らかに湿度が高い場所に置かれてあった薬、そして開封済みのものは当てはまらないんです。


ちなみに開封した薬の場合、錠剤やカプセル、粉薬などは半年から1年、また目薬なら1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。


使用期限が切れた薬は、つまり「成分が変質している可能性がある薬」ということになります。
特に抗生剤や胃腸薬に関しては変質しやすい成分が多く、変質すると取り返しのつかない事故に繋がる可能性もありますので、使用期限が切れた薬は絶対に使わないようにしましょう。


液体のシロップ薬や目薬なども雑菌が入りやすく腐敗する可能性がありますので、使用期限が過ぎたものは絶対に使わないでおくことを強くおすすめします。


常備薬の使用期限の点検お忘れなく



【薬の使用期限が切れたら効果はなくなる?】

先程のお話とかぶってしまいますが、使用期限が切れたということは「安全に使える期限が切れた、変質している可能性がある」ということです。
雑菌などが入っていなくても効能は低下している可能性もありますし、成分はもちろん少しずつ変化しています。


使用期限とは「変質の可能性などを見越した上で安全に服用できる期間」のことですので、「効果がちょっとなくなった程度ならいいや」など思ってしまうととても危険です。
成分や効能もそのままという保証はすでにありませんので、使用期限が切れた薬はやはり使わないようにしておきましょう。


【痛み止めのロキソニンの使用期限はいつまで?】

病院でよくもらう痛み止めの薬として「ロキソニン」があり、これもまた一度に使い切らず残しておくことが多い薬ですよね。
薬局などで購入した場合は使用期限が明記されていますのでそれを確認すれば良いと思いますが、病院でもらった薬の場合は基本的に使用期限が分かりません。


病院でもらう錠剤の場合、おおよその目安として使用期限は「1年から5年」というものがあります。
しかし貰った段階でどの程度経っているかは正直不明ですし、病院や薬局からもらう薬の場合は基本的に「使い切る量」として計算されています。


薬局に連絡して調べてもらうことはもちろん可能ですが、薬が気になるたびに毎度連絡しているのもやはり手間がかかります。
多くの場合「半年以内であれば問題ない」という結論はありますが、一番の理想はやっぱり期限が分からない薬の服用はやめ、薬局や病院に行くことになりますね。


【え?そうだったの??薬の正しい保存方法とは?】

最初に少しお話しましたが、薬の使用期限「正しい保存方法の場合のみ」適用されるものです。
正しい保存方法を知っておかなければ使用期限もまた信用できなくなってしまいますので、ここで改めて正しい薬の保存方法を知っておきましょう!


まず最初に、薬は室温保存……つまり、1℃から30℃前後が基本となっています。
冷蔵庫にしまっておくと安全と思われている方もいらっしゃいますが、冷蔵庫に保存してしまうと取り出した後の温度変化による湿気などが心配です。
もちろん冷蔵保存が必要な薬は渡される際、もしくは箱などにしっかり記載されているはずですので、最初のチェックはしっかり行っておきましょう。


また高温や多湿、直射日光は薬の保存に適していませんので、正確には「日の当たらない涼しい場所に保管」が適切な方法です。
特に直射日光に関しては成分が分解・変化してしまう可能性がありますので、必ず日の当たらない涼しい場所に保管しておきましょう。
粉薬の場合は湿気が天敵となりますので、できれば缶などに乾燥剤と一緒に保存しておくと安心です。


ですからこれらの保存状態とは反対の状態……例えば直射日光に当たっていた、開封後時間が経っていた、また明らかに変色して黄ばんでいたりカビなどが生えている……こういう状態の薬は、飲まないことを強くおすすめします。
身体を治すために飲む薬が毒になってしまっては意味がありませんので、ここは安全を取っていきたいところですね。


【まとめ】

薬については頭痛薬などは特に余ったものを残しておいて、必要なときにまた使おうと思われる方も多いです。
もちろん適切に保存している状態で期限に余裕がある場合は良いのですが、これを実行するためにはやっぱり正しい保存方法を知っておく必要があるんですね。


先程も言いました通り、身体を治したくて服用する薬が毒になってしまっては困りますので、決して無理はせず、安全に飲める薬を服用していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です