爪が「ボコボコ」は危険な状態!?爪が教えてくれる健康状態とは?

3FotorCreated
最近は爪のおしゃれとして「つけ爪」なども流行しています。爪は指先の印象を変える重要な部分でもあります。
女性だけでなく、男性も爪や指先のお手入れをするのは、もはやエチケットですよね。

そんな時、ふと気づけば「自分の爪がぼこぼこになっていた」ことはありませんか?

普段あまり意識されませんが、「爪は健康のバロメーター」とも言われており、身体の健康状態によって爪に変化が現れるのです。

どんな爪が「健康的」なのか、ぼこぼこになる「原因」は何か、まとめてみました。


スポンサーリンク

爪の表面がボコボコに!これってなぜ?

7FotorCreated
爪の表面がぼこぼこになるのは、爪のその部分が形成された時に身体に異常や体調不良があった可能性があります。

栄養不足」や「水分不足」によってもぼこぼこ爪になりますし、それだけでなく「ストレス」でも爪がへこむことがあります。

また、「うつ病」で悩む人にも、この爪の症状がでるらしいです。

過労や睡眠不足、不規則な生活が続いていないか、生活習慣を見直してみましょう。


爪のボコボコ、これは病気なの?

「爪異栄養症」の可能性も?!

複数の爪にへこみの症状が出ている場合は、爪異栄養症」という病気の可能性があります。

爪甲が薄くなって光沢が消えて脆くなり、爪の表面にはへこみだけでなく、横縞や縦じまが現れます。

「アトピー性皮膚炎」が原因な場合も

アトピー性皮膚炎で悩む人には、爪がでこぼこする人が多いといいます。

爪は髪の毛と同じく、「ケラチン」というたんぱく質で出来ています。そのため、栄養が不十分だと、美しい爪を維持することができなかったりします。

爪を構成しているものとして、たんぱく質以外に水分と油分があります。ですから、肌が乾燥している時は、爪もその影響を受けて状態が悪くなったりします。

アトピー性皮膚炎の人にでこぼこ爪が多いのは、「肌の乾燥が爪に与えている影響」と考えられます。
また、アトピー症の治療のためにステロイド剤を使っている人は、その薬の副作用で爪がぼこぼこになることがあります。

肌の乾燥やアトピーが治れば爪の症状も改善されますので、まずは、アトピー治療に集中する方が良いかもしれません。

爪のボコボコ、指によって病気は違うの?

「爪水虫」の可能性も

爪のぼこぼこが複数の指にある場合は、先に記した「爪異栄養症」かもしれません。

また、この「爪異栄養症」以外に多い爪の病気に、爪水虫」があります。

爪に水虫やカンジダなどの菌が繁殖した状態で、爪が白濁し、厚ぼったくなり、変形することがあります。

「爪水虫」の原因は?

爪水虫になる原因は、不潔な状態や湿気の多い状態が長く続いた場合によく起こります。

爪水虫で悩んでいる方は12,000,000人ともいわれ、人前で恥ずかしくて素足になれないから、フットマッサージ、ネイルサロン、ヨガ、スポーツジム、友達との温泉旅行にもいけない!という声も聞きます。


超本気で「爪水虫」を改善したい人限定!『クリアネイルショット』
爪水虫が悪化すると、爪全体がボロボロになり崩れ落ちてしまいます。

この爪水虫は、爪切りで切った爪などから人に感染することもありますので、早めに治しましょう。

爪のボコボコ、どうやって治療するの?

9FotorCreated
爪の異常に気が付いたら、まずは皮膚科にかかります。

爪は皮膚の一部と考えられているので、皮膚科になるのです。
皮膚科で治療をしてから治癒への流れは以下になります。



【皮膚科で治療する場合】
  • まず、爪に菌が繁殖しているかどうかを調べます。
  • 爪水虫と診断されたら、内服薬や外用薬で治療します。
  • 薬が効いてくると、爪の伸びるのとともに、
    菌におかされた部分が先の方へ押し出され治癒へと向かいます。


一般的には3~6ヶ月治療すれば、1年後には爪全体が正常な爪に置き換えられていき、ほとんどの人が治るといわれています。

しかし、忙しい社会人の方で3~6ヶ月の長期間も皮膚科に経過観察や治療のために通うことはなかなか困難ですよね。


そこで、自宅の簡単ケアでガサガサ・ゴワゴワの爪水虫を根本から対処する方法があるのをご存知ですか?


もし、爪水虫等が原因で爪がにごり変色をしてしまって、人前で恥ずかしくて素足になれないから、


    ・フットマッサージ
    ・ネイルサロン
    ・ヨガ
    ・スポーツジム
    ・友達との温泉旅行

に恥ずかしくていけないというお悩みがあるなら、リピート率が驚異の93%を誇る【浸透力特化型】のネイルケア『クリアネイルショット』 をおすすめしますよ!

81%が効果を実感!『クリアネイルショット』とは?


一般的な対策品は足裏用を代用しただけのものが多く、爪への使用を考慮していませんでした。


爪水虫には、分厚くなってしまった爪にも浸透する親油性(油になじむ特性)のある対策品じゃなきゃダメなんです!


固くなってしまった爪にも有用成分をしっかり浸透させるための商品
それが、『クリアネイルショット』です。


『クリアネイルショット』なら爪表面の親油性(油になじむ特性)を持つ膜の特性を利用しているので、成分が奥までしっかりと浸透します


今生えている爪のケアはもちろん、新しく生えてくる爪の健康的な成長をサポートをしながら
長年悩まされていた爪水虫にを根絶します。その場しのぎの対策品ではありませんので、
美爪をつくるサポートをします。


81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

クリアネイルショットの使用者の生の声をすこしだけ紹介!


使っていたら表面がなめらかになり、ツヤが出てきたように感じました!

1年で「すっかりキレイになったね」と娘に言われたんです!素足になるのもこわくありません!

あなたも「キレイな爪」を取り戻しませんか?もうキレイな爪には戻らないと諦める前に試してみませんか?


使用をして効果を感じられなかった場合は100%全額返金保障がついていますし、購入前に専門スタッフによる無料カウンセリングや相談ができますので安心と納得感を持って申し込みができますよ!


53秒に1つ売れる『クリアネイルショット』の申込みはこちら


クリアネイルショット
こちらもおすすめですよ!

爪は健康のバラメーター!こんな状態になったら気をつけよう!

爪は健康のバロメーターと言われます。爪の状態を見れば、その人の健康状態がわかるということです。

気になる爪の状態別に、考えられる「健康上の問題」をまとめておきます。

1.爪の表面が黄色っぽい

普段マニキュアをしている人は、除光液の使い過ぎで爪が黄色っぽくなったり薄くなったりすることがあります。

これは、除光液の「アセトン」という物質が爪を傷めるからです。

除光液の使用は1週間に1回程度にし、使用後は、爪用のクリームなどで油分を補うようにします。

油分を補う対策品として、分厚くなってしまった爪にも浸透する親油性(油になじむ特性)があり、
有用成分をしっかり浸透させる『クリアネイルショット』がおすすめです。

2.爪の表面に縦ジワが入っている

これはいわゆる「爪の老化」です。

爪も皮膚と同じく、加齢に伴ってシワができます。これは爪のシワと考えてよいでしょう。



3.爪に横ジワが入っている

爪に入る横線は、身体の不調やストレスによるものと考えられます。

生活習慣を見直してみましょう。ストレスをためすぎないことも大切です。

家事等の水仕事のあとは、油分補給を行いながら、マッサージをしてみましょう。

油分を補う対策品として、分厚くなってしまった爪にも浸透する親油性(油になじむ特性)があり、
有用成分をしっかり浸透させる『クリアネイルショット』がおすすめです。

4.爪の表面に黒い線や点がある

皮膚がんのもととなる「メラノーマ」の可能性があります。

メラノーマは「黒色腫」とも言われ、皮膚、粘膜、眼球脈絡膜などの色素細胞やほくろから生じる悪性腫瘍です。
この細胞ががん化すると悪性黒色腫となり、悪化するとだんだん爪全体が真っ黒になります。

過度な刺激を与えることで症状が悪化することがあるので、気になったら早めに病院にかかりましょう。

男だってやるべき!爪の手入れの方法

2FotorCreated
女性にとって「指先のおしゃれ」は重要ですが、男性にとっても同じだと思います。
指先がきれいな人は、それだけで「清潔感」があります。

逆に、爪の先ががたがただったりすると、どんなにおしゃれな格好をしていても、残念な男子になってしまいます。
特に女性は細かいところも見ていますから、定期的に「のお手入れ」をしておきましょう。



【爪のお手入れの方法】
  • 爪を切るときには、深爪をしないように注意します。
  • 細かい部分は、「爪切り用のはさみ」を使います。
  • 爪きりだけでなく、「やすり」を使って整えます。


やすりを使って、切り口をなめらかにしておくだけでもキレイになります。
やすりはカンタンなものなら100円均一でも売っていますから、それらから始めるのが良いでしょう。

男性でも使いやすいハンドクリームは、さらっとしたタイプのものがよいでしょう。

爪のお手いれの後は、クリームでしっかり保湿しましょう。

【最後に/まとめ】

気にしていないようで、気になるのが爪です。
意外と見られている部分ですから、常に清潔感のある状態にしておきたいですよね。

爪は小さな部分ですが、身体の健康状態によって左右される「健康のバロメーター」

何か異常を感じたら、自分の生活習慣を振り返ったり、必要によっては皮膚科で相談してみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です