七福神巡りに浅草へ行こう!おすすめルートは?所要時間、御朱印のもらい方は?


年が明けると「七福神巡り」と言われる七福神寺社への参拝をされる方が増えてきます。
中にはツアーまで組んでいるところまであるくらい人気。


その名の通り、七福の神様の集まりです。
しかしそれはなぜ、一体どのような経緯で、我々庶民の間で親しまれ、信心されるようになったのでしょうか。


七福神信仰は我が国独特の民俗行事ではありますが、
七福神の神様方はそれぞれにルーツが違っており、それぞれが大変個性豊かな神様。


恵比寿神 商売繁昌・大漁・五穀豊穣
大黒天  豊作開運 招福
毘沙門天 家族を守り勇気を与える
弁財天  夫婦円満・知恵を与える
福禄寿  長寿長命
寿老人  家庭円満・無病息災
布袋尊  平和を授ける


日本の神様のほか、中国・古代インドの神様もいらっしゃるのが特徴で、
日本の神社・仏閣に祀られている本来の神様が、
それぞれに七福神の神様と、ご一緒に祀られる形で広く親しまれて来ているのです!


“八百万神(やおよろずのかみ)信仰”の歴史ある日本だからこそ、
独自の信仰心に根付くことができたのでしょうね!?


スポンサーリンク

ご利益たっぷりの七福神巡り。いつのタイミングに行くのが最適?


七福神は室町時代末期ごろから信じられるようになった民間信仰とされています。


「七福神巡り」は、江戸時代の頃に広まっていった風習で、
松の内”(正月の15日まで)の間は家に神様が滞在している期間とされているため、この期間に七福神がお祀りされている神社やお寺を巡ることで、“ご加護に預かり、その年の難から逃れられることができる”という言い伝えがあります。


ですから、年明けの1月に「七福神巡り」をされている方が多いのです。



七福神巡り浅草のおすすめルートは?どれぐらいの時間がかかる?


浅草の七福神巡りは、正式には「浅草名所七福神巡り」といい9カ所の寺社を回ります。
徒歩での場合、総距離約8kmで、4時間ほどが見込まれます。


浅草名所七福神巡りは、通年回ることができますが御朱印をいただける時間が決まっていますので注意してくださいね。


回る順番は特に決まっていないので、都合の良い順で回りましょう。


浅草名所七福神公式HP


マップもダウンロード出来るようになっていますので、ぜひご覧ください!


七福神巡り浅草のおすすめルート

とりあえず、浅草駅からスタート
おすすめルートのご紹介!!


浅草駅


・恵比寿神の浅草神社

浅草神社の恵比須像は、極彩色の見事な木彫り。
そのお姿は大変温和で古くから信仰を集めてきています。
ただし、恵比須像は御扉の奥に安置されており、実際には見る事ができません


HP

浅草神社 | 浅草神社について
浅草神社(三社様)のホームページへようこそ -三社祭 神前結婚式 子供達への教化活動-

 

御朱印帳をお持ちでなければ、
こちらの授与所で「浅草名所七福神巡りの色紙」を購入しましょう!!


・大黒天の浅草寺

浅草寺に祀られている大黒天は、俗にいう米びつ大黒として江戸以来市民の崇敬を集めています。
ふだんは弁天山の弁天堂内部に安置されていますが、
12月下旬から1月下旬は、御朱印所に祀られ拝むことができます


HP



・福禄寿の矢先稲荷神社

矢先神社のご神像は拝殿右手に奉安されています。
寿の象徴の鶴をはべらせ、白髪白髯、調和のとれた円満な福相をされており、
人の最高理想の姿をあらわしています。


参考サイト



・寿老人の鷲神社

江戸下町を代表する神社で、開運、商売繁昌、家運隆昌、子育て、出世の神徳が深いとされ、「おとりさま」と称されて古くから篤く尊信されてきました。


HP

浅草 鷲神社公式ホームページ - 「酉の市」起源発祥
酉の市 起源発祥 浅草 鷲神社の公式ホームページへようこそ


・弁財天の吉原神社

吉原神社の弁財天は、その昔は吉原遊郭の土地造成でできた弁天池に祀られおり、関東大震災の後に遊郭の守護神として加えられました。


そのお顔は童女のような清純さと優しく美しい面立ちの座像で、
女性の愛と苦しみを清めて包み込む救いのお姿だと言われています。


参考サイト



・布袋尊の橋場不動院

不動院の布袋尊像は、江戸時代の頃より伝わるもので、
肩に袋がなく、お腹が袋代わりの形をしている珍しいお姿です。
大きな度量、清く正しい行為の福を授けてくれる“布袋様そのもの”といったお姿で、古くから庶民に尊信されています。


HP

不動院 - 天台宗砂尾山橋場寺不動院 橋場不動尊-台東区
浅草名所七福神の布袋尊を祀る歴史ある寺 奈良時代末期の760年から「火伏せの橋場不動」と呼ばれてきた不動院はこれからも皆さまをお守り続けます。


・寿老神の石浜神社

亀田鵬斎の隅田川詩碑、「伊勢物語」の都鳥の碑などもあり、
また石浜鳥居など独特な神社となっています。
寿老神が祀られているのは、末社のひとつである“真先稲荷”です。


HP

石浜神社|東京都荒川区南千住
東京都荒川区にある石浜神社は、神亀元年(724)9月11日勅願によって鎮座され、以来1293年余の歴史を持っています。


・福禄寿の今戸神社

今戸神社に祀られる福禄寿は、
白髪童顔の温和な容姿で、福の神として人々の尊信を集めています。


HP



・毘沙門天の待乳山聖天

待乳山聖天に祀られている毘沙門天は、
大聖歓喜天の守り神として古くから奉安されており凛とした木彫像。


ふだんは、内々陣に奉安されていますが、
1/1~中旬は、内陣に祀られので拝むことができます


HP




浅草駅 お疲れさまでした


浅草名所七福神巡り



七福神巡り、御朱印はどうやってもらう?色紙はどこで買うの?


御朱印とは本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただくお印でした。それが納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになったのが、江戸時代後期(諸説あり)。やがて多くの神社、お寺で頂けるようになったと言われています。


御朱印は、御守やお札と同じく神仏や寺社名が書いてあり、御本尊や御神体の分身といっても過言ではありませんよ!また、書いてくださる方は心を込めて一字一字ていねいに書き押印してくださいます。


あなたのためだけに書いて頂いたものですので、粗末に扱わないようにし、
ずっと大切に保管しましょう。


もらった御朱印のベストな保管場所は?

保管するのは清浄な場所、仏壇や神棚などが理想ですね。
でも、最近の住宅事情により仏壇や神棚の無い場合は、
タンス上段の引出などを御朱印専用にして代用することも可能ですよ。


御朱印専用が無理な場合でも、
慶弔用の貴金属や数珠などと一緒に保管してもいいでしょう!!


時間をかけて集めた御朱印ですから、
紛失しないよう、また、神仏に対する敬意を忘れず
ないように自宅内の上座据えて大切に保管しましょう


御朱印はどこで手に入れたらいい?

御朱印帳は規模の大きい寺社や文房具店・仏具店などで購入することができます。
また、ネットショップでは可愛い、楽しい個性的な御朱印帳が購入可能ですよ!
大きな寺社では、たいていオリジナルの御朱印帳を用意しています。


また、浅草では七福神巡り専用の色紙が用意されているのでこちらに御朱印いただき、
額縁で飾るのも良いと思います♪


御朱印のいただき方

御朱印のいただき方は、お寺・神社ともほぼ同じ手順になります。
どこでも、御朱印は1年中いただけるものなで心配ありませんよ(^_^)V


手持ちの御朱印帳が無ければ、最初に参拝する寺社で御朱印帳や御朱印専用色紙等を購入しましょう。


1.三門〈鳥居〉をくぐる。

2.拝観料を納める。(拝観料無料の寺社も多々あります。)

3.手水舎で手・口を清める。(お寺には無い場合も多いです)。

4.本堂〈拝殿〉を参拝する。(まずはここを必ずお参りしてください。)

5.複数のお堂〈祠〉がある場合は、順番に参拝する。

(大きな寺社には様々な神仏が祭られています。)

6.御朱印を頂く。(御朱印は参拝の後に・・・)


なお、参拝客の多い寺社では、お詣りする前に御朱印を頂くように指示される場合もありますし、御朱印帳を預けて参拝後に渡される場合など色々とあります。御朱印受付でおたずねください


七福神巡りは1日で回る必要があるの?七福神巡りの服装や持ち物は?

服装について

特に決まりは無く、動きやすい服装が一番です。
これからの季節柄、防寒は大切ですね!


靴について

訪れる寺社の規模にもよりますが、境内は広い場合も多く階段や坂もあります。また、複数の寺社を回りますので、はき慣れたシューズやウォーキングシューズ・スニーカーなどを履くのが良いでしょう!


カバンについて

カバンは、御朱印帳と身の回りの物が入る程度の大きさの
ショルダーバックやリュックサックがいいです。
移動に邪魔にならないようなるべくコンパクトにするように心がけましょう。


そして忘れてならないのが、
御朱印帳(あたりまえですが…)と財布

御朱印代は300円という場合が多いので百円玉を多めに用意してくださいね。
おつりのいらないように準備するのがマナーですよ(^_^)


【最後に/まとめ】

浅草は正月に限らず、いつでも観光客がいっぱいです。


通年回ることができるとは言え、
休日ともなれば御朱印待ちの人たちで列を成しています。
多少は並んで待つことを覚悟で時間に余裕を持ってお出かけくださいね


「浅草名所七福神巡り」授与品には9社の御朱印色紙のほか“福笹”“福絵”なども用意されているのが特徴です。

(参考サイト↓)



他の七福神巡りとは違った『御朱印集め』も楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です