仕事始めに行きたい!仕事運のご利益がある栃木のお寺・神社3選!お参り・ご祈祷のお作法は?

スポンサーリンク
お寺・神社・教会
スポンサーリンク

営業成績が上がらない!給料が上がらない!

仕事に関しては、決して人よりできないわけではないし、さぼっているわけでもないのに、なぜか恵まれない、と悩む人は多くいます。

また新しい道へと進む新社会人は、仕事に対して漠然とした不安を感じている頃かもしれませんね。

そんな不安を持っている人は、仕事運にご利益のあるお寺や神社へ行ってみませんか?

今回は仕事運にご利益がある栃木のお寺や神社を紹介します!

スポンサーリンク

今年こそは!社会人になったら!仕事運アップのお参りの作法とは?

仕事運の意味、考え方とは?

神社に祀られている神様は、もともとは恵みを与える存在というだけではなく祟る存在でもあるそうです。

まずは仕事運アップをお祈りする前に、『何事もありませんように』とお祈りするのが一番大切です。

まずは無事を祈り、今の仕事を頑張ること。それは自分の現在を見つめ直すことにもつながっていきそうです。

会社の同僚とひとりで行くのはどちらがいいの?

御祈祷や参拝は基本的には誰と行っても、一人で行っても大丈夫です。

静かな気持ちで自分と向き合いたいひとは一人で行くほうがいいですし、「みんなで一緒に厄除けをする」というのは同じ悩みを持つ家族や友人たちと一緒に分かち合うという意味があります。

費用は?

初穂料は神社やお寺などによって異なります

祈祷を受けたい場合は事前に予約をすることをおススメします。

行きたい神社やお寺のホームページを確認してみてくださいね。

お参りの作法

神社へ祈祷しに行くことはあまりありませんので、正式な作法を知らないという方は多いと思います。お願いごとをするのに、神様に無礼があってはいけませんよね?お参りの仕方をまとめてみました。覚えておくと良いですよ!

神社編

一礼してから鳥居をくぐり、左右どちらかに寄って進みます(参道の中央は神様の通り道なので)。

手水舎で手水をとりお清めをして、本殿で拝礼をします。

※参拝者が手水でお清めをする施設を手水舎(ちょうずや、てみずや)と言います。

≪手水のしかた≫

①「ひしゃく」を右手で持って、水をくみ左手にかけます。
②「ひしゃく」を持ちかえて、右手に水をかけます。
③ 再び「ひしゃく」を右手に持ちかえ、左の手のひらに水をため、その水で口をすすぎ、左手に水を流します。
(この時にひしゃくに直接口をつけない様にして下さいね)
④ 最後に「ひしゃく」を立て、自分がさわった柄の部分に水をかけて洗い流し、元の位置に戻します。

≪拝礼の仕方≫

おさいせん箱の前に立ち会釈をして、おさいせんを入れ、二礼二拍手一礼で拝礼します。

≪二礼二拍手一礼の仕方≫

①深いお辞儀を(2回)繰り返す。
②両手を胸の高さで合わせ、右手を少し下にずらし、拍手を(2回)する。
③両手をずらさず合わせてお祈りする。
④両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀をする。

お寺編

① 門の前で浅いお辞儀をする。
② 神社と同じように手水をする。
③ お線香をあげる。
④ 浅いお辞儀をし、おさいせんを入れて鈴を鳴らす。
⑤ 胸の前で手を合わせお祈りする。(拍手は打たないで下さいね?)
⑥ 最後に浅いお辞儀をする。

お守りは持ち歩きましょう!

お守りはあれもこれもではパワーが分散してしまうそうなので、今の自分に本当に必要なものだけを持つようにしましょう。

たくさんのお守りを一緒に持つと神様がケンカをすると聞いたことがありますが、それは大丈夫です!

お守りはかばんや財布など、いつも持ち歩くものにつけるのが一番効果的です。

家に置く場合はしまい込まず、なるべく高く目につく場所に置きます。

また、お守りの御利益は1年です。

古いものは頂いた神社などにお返ししましょう。

また、お守りは人からもらった物の方が、その人の願いが込められている分、効果がアップするので、人が買ったお守りも効果はあります!

お守りをネットで買うことに、迷う方もいますよね?でも安心してください!

行かないからといってお守りの効果が薄くなるということはないです。

お守りに願いをこめる気持ちは一緒なのですから!

仕事運のご利益がある栃木のお寺神社3選:その1  鷲宮神社

鷲宮神社は埼玉県久喜市にある出雲族の草創に掛かる『関東最古の大社』と言われています。

神事芸能である神楽・土師一流催馬楽神楽(鷲宮催馬楽神楽)は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

年末に開催される「大酉祭」は大変活気に満ちており、一見の価値ありです。

鷲宮神社の主祭神は、天穂日命(あめのほひのみこと)、武夷鳥命(たけひなとりのみこと)、大己貴命(おおなむぢのみこと)の3柱です。

天穂日命は、天照大神の息子とされる神様で、そのご利益が商売繁盛・出世金運・厄難消除であるため、仕事やビジネスをする上で経営者が良く訪れる神社として有名です。

境内には龍神様がお住まいになっているといわれる「光天之池」があり、神社内最強のパワースポットとなっています。

祈祷時間:午前9時30分から午後3時30分(30分おき計13回)
祈祷の受付は各回の10分前までに社務所にて申込(予約不要)

初穂料:指定なし(相場は5,000円以上)

住所:埼玉県久喜市鷲宮1丁目6-1

鷲宮神社

公共交通機関:東武伊勢崎線「鷲宮駅」から徒歩で8分
車:東北自動車道久喜インターより15分。東北自動車道加須インターより15分。

鷲宮神社 公式ホームページ:

初詣は鷲宮神社へ 関東最古の大社・お酉様の本社
初詣は関東最古の大社・お酉様の本社、武蔵国「鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)」へ。埼玉県久喜市鷲宮鎮座。源頼朝も武運長久を祈った関東最古の大社。

仕事運のご利益がある栃木のお寺神社3選:その2 鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)

鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)は、栃木と茨城の県境にある神社です。

御祭神は、天日鷲命(アメノヒワシノミコト)と呼ばれる鳥の神様が祀られています。

別名「フクロウの神社(不苦労神社)」と呼ばれており、国内最大規模の7メートルもある巨大フクロウが出迎えてくれます。

境内には多くのフクロウ像があり、運気上昇・金運のパワースポットとして、全国より多くの方々が来山されます。

1月中はアクセスが集中し、初詣には約4万名が参拝に訪れます。

中心に「不苦労御柱」があります。

笑顔でたたくと、金運・開運がアップすると言われています。

またフクロウのポストが本宮神社の右手にあります。

仕事運・金運・運気上昇、感謝の気持ちなどのお願いと初穂料(おこころざし)を封筒に入れてポストに入れると神様にお願いごとを報告してくれます

郵便ポストではありませんのでご注意くださいね。

受付時間:午前10時~午後2時30分
事前予約要 電話0287-92-2571

初穂料:5,000円または10,000円

住所:栃木県那須郡那珂川町矢又1948

鷲子山上神社

公共交通機関:JR烏山線「烏山駅」より12キロ、タクシーで20分。

鷲子山上神社 公式ホームページ:

鷲子山上神社 | 栃木と茨城の県境にあるフクロウで有名な神社です

仕事運のご利益がある栃木のお寺神社3選:その3  日光東照宮

世界遺産としても有名な日光東照宮は、風水・陰陽道などあらゆる手法を用いて運気が集まるよう作られています。

日光は古くから日光山として、西からは男体山の男性的で力強いエネルギー、そして北西からは女峰山の女性的な柔らかなエネルギーが流れてきています。

関東屈指の修験道の霊場で陰陽バランスのとれた、強力な龍穴パワースポットにあたります。

この神社のご祭神は江戸幕府を開いた徳川家康公。

長年にわたり繁栄し、今日の日本の基盤を築いた徳川家康公を祀っていることから、仕事運、勝負運にご利益があるとされています。

徳川家康公の意思が反映されている神社のため、仕事でリーダー的な役割を担う人が参拝すると人間関係や仕事運が良くなるそうです。

宝塔(ほうとう)」と呼ばれる徳川家康公の墓所があり、この宝塔の周りを大きなエネルギーが取り囲んでいるそうです。

道に沿いながらぐるりと散策しパワーをたっぷり授かりましょう。

祈祷受付時間
4月1日 ~ 10月31日(午前8時より午後5時まで)
11月1日 ~ 3月31日(午前8時より午後4時まで)
※各期間とも受付は閉門30分前に終了。

初穂料:5,000円から

住所:栃木県日光市山内2301

日光東照宮

車:東北自動車道「宇都宮IC」から日光宇都宮道路を経て「日光IC」から2km。

駐車場:有料

日光東照宮 公式ホームページ:

日光東照宮ホームページ
日光東照宮は、日光霊峰の山懐聖地恒例山にあり、中禅寺湖から流れる大谷川と女峰山から流れる稲荷川との河合いの山岳水明の地に鎮座します。神域は、樹齢400〜800年神杉につつまれ、その中に点在する社殿群は自然環境と見事に融合する宗教的文化空間です。

お祈りしたら逃げずに向き合いましょう!

仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるものです

経験のない新しい仕事で失敗をするのは、ある意味仕方がないことかもしれません。

「なぜ失敗したのか?どうすれば失敗しないのか?」を考える人はその経験から学ぶことでき、次へのステップへとつなげられます。

仕事運の神様にお祈りしたら、前を向いて諦めないで正面から仕事に向き合っていけば、今が大変でもいつか必ず光が差しますよ!

よく読まれている記事
お寺・神社・教会
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました