インコを飼い始めて初めての留守番!何泊まで大丈夫?留守番準備は?

せっかくのお出かけ。
インコも一緒に泊まれるところであれば、移動用のキャリーに入れてお出かけできる子もいますが、その子の性格しだいです。

外出が平気な子でない場合や、一緒にお出かけできる場所でなない場合、無理をせずお留守番をしてもらいましょう。

特に初めての留守番は、ドキドキしてしまうもの。
対策はバッチリしておきましょう!


スポンサーリンク

3泊ぐらいの旅行に行くことになった!インコだけでの留守番は大丈夫?

年末年始や長期休暇など、旅行に行く機会もあると思います。
そうではなくとも、突然の出張・冠婚葬祭など、家を空ける機会があるとき、3泊くらいであれば、インコだけでも留守番させることは可能です。

 本来であれば、人に懐いているインコの場合、あまり留守番させることは好ましくはないのですが、そういう場合はお互いに我慢です。


エサや水に不備がないように、パニックになって怪我をすることのないように万全を期す必要があります。その対策は後に詳しくご案内しますね。

 

心構えとしては、留守番させるからといって人間が不安そうな顔をしたり、態度を示すとインコにもそれは通じてしまいます

いつもの外出の様に平然と出かけるように心がけてください。



インコだけで留守番、何泊まで大丈夫?

インコだけで留守番をする場合、餌や水の関係上、3泊程度が限界でしょう

また、真夏や真冬など、温度管理の難しい季節、上手に温度管理ができないのであれば、ペットホテルに預ける方が安心である場合があります。

きちんと環境を整えられるかによって、留守番かホテルかを選びましょう。

 

留守番で大丈夫な場合

  • クーラーやヒーターのいらない季節。または、温度管理は人間がいなくても心配のない家である。

  • 昼間と夜間との温度差が少ない家である。(西日が入ったり、夜になると極端に冷える地域ではないこと)

  • 家の中に虫や蛇など、インコの天敵が入ってこない。(友人で、蛇に襲われそうになった家があったので…)

  • インコだけでも平気な子。

  • 家族以外の人には慣れてないので、ペットホテルに預けるのが不安な子。(パニックになりやすい、など)

ホテルに預けたほうがいい場合

  • 3泊以上、外出する場合。

  • 真冬や真夏など、温度管理が難しい季節。

  • 人慣れしていて、人がいないと寂しがりそうな子。

  • その他、インコだけで留守番させるには不安なとき。

 上に書いたもので判断してみてください。


 ペットホテルに関しては、お住まいの地域であるかどうかわかりませんので、それぞれで確認してください。

安心して預けられるかどうか、初めに聞いておくといい条項を書いておきます。

  • 何を持っていけばいいのか。(大抵はケージごと連れて行き、エサは家で使っているものを持って来るように言われます。なるべく普段と環境を変えないようにして預けるようにしましょう)

  • インコはホテルのどこに置くのか。(犬や猫とは別の部屋か)

  • 温度管理はどうなっているのか。(空調がきちんとつているのか)

  • インコの世話は慣れているのか。(インコを販売しているお店ならいいですが、ホテルだけの経営をしているところは確認しておくといいでしょう)

その他、心配なことがあれば、聞けば答えてくれるところ。

ホテルとしてインコを預かりますよ、と言ってくれるところであれば特に問題がないところが多いです。

しかし、聞いてみるとスタッフが鳥を扱い慣れていなかったりする場合もありますので、確認はしておいたほうが安心です。


あとは、ホテルを使わずに友人に預かってもらう、という方法もあります。
代金もちょっと奮発したお土産ですむので、お得です。

しかし、逃がしてしまったり万が一の事があったとしても、そのお友達を責めることはできませんので、鳥の扱いに慣れていて信頼できる友人に託すといいでしょうね。


インコだけで留守番をする場合、エサや水などの準備は?

さて、ここからが留守番をさせる場合の本題です。
ここでの準備をしっかりしておくと、留守の間安心ですよ。


エサ

  • 万が一こぼしてしまった時のために、床は新聞紙にする
    糞きり網を外してもいいですし、その上に新聞を敷いてもいいです。
    糞が気になる方は、そこに新聞を細かく裂いたものを入れてもいいでしょう。

  • 万が一こぼしてしまった時のために、エサ入れを二つにする
    半月上のエサ入れがペットショップなどに売っています。それを予備のエサ入れとして使用します。
    網に掛けるタイプなので、それが外れないように引っ掛ける針金の部分をペンチで曲げてください。

  • もちろん、ご飯は山盛りに
    できれば、いつもは皮付きのエサを使っていても、食べかすを飛ばしてあげることができないので、皮なしのエサにしてあげられるといいでしょう。
    変えるときは、一週間くらい皮なしのエサに慣らす時間を作ってください。食べるようなら、留守番の時に使います。


万が一こぼしてしまった、または思いっきり汚してしまった時のために、水入れを二つにします

特に水入れで水浴びをするこの場合は、水浴びが出来ないサイズの入れ物(ペットショップで「フィーダー式の水飲み」、というものが売っています)で水場を追加してください。

この、フィーダー式の水飲みは、結構外れやすいので、針金などで固定した方が安心でしょう。針金でインコが怪我をしないように気をつけてください。

もちろん、たっぷりと水を入れてくださいね。 


取りあえず、エサと水に関しては、上記の準備ができればいいです。
買い足すモノがあるので、準備は余裕をもってしてくださいね。


インコに留守番をさせる時に部屋の温度はどうしたらいい?

インコの適温は18度~25度くらいです。

夏はこの温度にするのに、クーラーが必要な地域もあるでしょうし、カーテンで日光を遮れば大丈夫な地域もあるでしょう。

クーラーを使う場合でも、インコのいる部屋は日光がたくさん入らないように、全部閉めないまでも、インコのケージに直接日光が当たるようなことはない方が好ましいです。

これは、夏場の普段の生活でも言えます。


冬は部屋全体に暖房を入れなくても、鳥用のヒーターをケージに付ければ大丈夫

そこまで寒くない地域であれば、ヒーターを付けるだけ。かなり寒い地域はそこにビニールなどで覆いをかけてあげてください。

布でケージにカバーをしてもいいのですが、万が一ヒーターの熱で燃えることがあると心配ですので、ビニールをおすすめします。

専用のビニールがあるケージもありますが、ない場合には、透明のビニール袋を開いてケージにカバーをしてください。

ちなみに、我が家は家庭菜園用のビニールでカバーしています。


あと、気をつけるのは湿度です。

湿度が高いと、餌が湿気たり、糞が発酵したりあまりいいことはありません。
極端に湿度が高い梅雨の時期などは、できれば除湿機をつけて行って欲しいものです。


さいごに

インコは意外と留守番できます。

準備をしっかりしておくことによって、インコも飼い主さんも安心して外出できる環境を普段から作っておくと、いざという時に慌てなくて済むでしょう。

ホテルに預ける場合でも、何の予定もないうちから、近所のペットショップやペットホテルに伺いを立てておくと安心です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です