岡崎市五万石藤まつり2017!駐車場は?見頃・開花状況は?まとめ!

スポンサーリンク

「岡崎市五万石藤まつり」は岡崎城の乙川(南西側)にある岡崎公園で毎年開催されます。
藤は「岡崎市の花」でもあり、岡崎城の藤の花は有名で海外の方を含め、毎年多くの観光客が訪れます!


そこで今回は「岡崎市五万石藤まつり2017」情報や藤の開花予想などを探している方へ、見所や駐車場情報などをまとめてみました。

001
スポンサーリンク

【1300平方メートルの藤棚がすごい!「岡崎市五万石藤まつり」どんなお祭り?】

岡崎市五万石藤まつりの会場には1300平方メートルの藤棚があり、また岡崎の藤の花は房が長いので、会場がお花のカーテンで埋め尽くされます!平成29年の詳細は未定ですので、平成28年に開催された「岡崎市五万石藤まつり」の詳細を参考までにご紹介します!


■岡崎市五万石藤まつり2016情報♪

・開催日程:平成28年4月20日(水)〜5月5日(木)
・会場:岡崎公園南側 乙川堤防沿い(康生町)
・混雑状況:非常に混みます!GWということで観光客はかなり多く、昼前には駐車場待ちの長い車列ができます。
・アクセス:東岡崎駅から徒歩で15分 東名高速道路「 岡崎IC」から5分
・駐車場情報:臨時駐車場(明神橋下テニスコート150台)午前9時~午後6時 川沿いに降りたところが駐車場になって、けっこう近くに車が停められます。
(愛知県岡崎市板屋町 収容台数:200台 駐車料金:無料 利用時間:10:00~22:00)


岡崎市観光協会
電話:0564-23-6217


動画「2016 04 28 岡崎公園藤まつり【公園 花 藤まつり 岡崎城】


002

【岡崎市五万石藤まつり2017!見頃・開花状況予想!】

3本ずつ寄せ植えした藤が1,300平方メートルの藤棚内7カ所に点在しています。枝は長いもので13.5メートルにもなる。推定樹齢120年で、以前は城の入り口付近にあったものを移植したそうです。岡崎の藤は花の房が長いのが特徴です!


■2016年藤棚の開花情報(岡崎市観光協会)

4月18日 全体的に房がだいぶ伸びてきてふんわりと花がついてきました。房の長さは長いもので60cmくらいになりました。
4月20日 房の長さは長いもので90cm、全体的には60cmになっています。
4月22日 房の長さは長いもので100cm、全体的に70cm程度になりました。見頃を迎えています。
4月26日 房の長さは全体では70cmくらい、長いもので110cmくらいになっています。
4月28日 房の長さは全体では90cmくらい、長いもので120cmくらいになっています。ほとんど花が咲き切っています。
5月1日 見頃は過ぎ、房についていた花びらの散りが進んでいます。
5月4日 房についていた花がほとんど散り落ちています。花を楽しめる状態は終わりました。


開花状況は、岡崎市観光協会ホームページの「新着情報」で更新されています。4月中旬から藤棚の様子がよくわかります。参考にして下さい!

新着情報
新着情報
岡崎の観光協会がお届けする「岡崎おでかけナビ」。最新のトピックス&お知らせはこちらをチェック!イベント・キャンペーン情報や、開花情報も掲載。

【岡崎市五万石藤まつり2017!見どころ3選!】

岡崎市五万石藤まつりの藤の花は所々で咲いており、お花見がてら岡崎公園内を散策して、岡崎城本丸の龍城神社と復元天守閣まで足を運んでみてはいかがですか?残念ながらライトアップはありませんが、この時期は日が長くなったので18時近くまで綺麗な藤の花が楽しめると思いますよ!岡崎市五万石藤まつり2017の見所を3つご紹介します!


1.「紫のカーテン」のような藤棚

岡崎公園の藤は「五万石ふじ」と呼ばれ、会場には1300平方メートルの藤棚があり、見事な紫色の花はまるで「紫のカーテン」のよう!!花の甘い香りが会場いっぱいに広がります!毎年多くの観光客を魅了しているのがわかりますね?また、藤は「岡崎市の花」でもあり、岡崎の藤は花の房が長いのが特徴です。藤棚の下にはベンチも置かれているので、座ってまったり藤を眺めることができます!


2.イベントがすごい!

毎年おまつり期間中、棋界のスター達が岡崎を訪れ開催される「将棋まつり」が話題です!特大の将棋盤を使い、棋士さんによる公開対局が行われます。会場ではトークショーや将棋大会も行われ、プロ指導対局もあり、プロの方に指導を直接受けることもできます。将棋ファンは必見です!2016年は4月29日に行われました。


また、その他にも岡崎の魅力が詰まったおもてなしイベントがあり、市内の特産品を販売する天下泰平マルシェや、グレート家康公「葵」武将隊のパフォーマンスも見られます。グレート家康公「葵」武将隊(グレートいえやすこう「あおい」ぶしょうたい)は、愛知県岡崎市の魅力を広く発信しようと結成された岡崎の観光PR部隊です。徳川家康生誕の地 「岡崎市」ならではのイベントですね!


その他にも花魁(おいらん)や町娘の着付け体験もあり、観光で訪れたかたも楽しめます。イベントは年ごとに変わる可能性もあり、詳細は、岡崎市観光協会のホームページで確認してからお出かけ下さい!


3.巨大花見だんご!?

花見だんごは桜色、白、緑の3色の団子が串に刺さっていて、お花見の時に食べる団子です。
藤棚売店で販売している超巨大花見だんごが、重たくて持ち上がらないくらいの驚愕の大きさです!! もちろんここでしか食べられないおだんごです。


動画「岡崎将棋まつり2016トークショー

003

【岡崎市五万石藤まつりに行く前に知っておきたい「藤」の知識!】

「藤」の花は、日本最古の歴史書「古事記」の時代から鑑賞されている歴史のある花です。日本の藤は「ノダフジ」と「ヤマフジ」の2種類で、花房の長さとつるの巻き方が違います。一般的に日本で藤の花と呼ばれているのは「ノダフジ」という品種です。


・ノダフジは、花房の長さが長く、つるは右巻き
種類:「九尺藤」「白野田藤」「曙藤」「八重黒龍藤」
・ヤマフジは、花房の長さが短く、つるは左巻き
種類:「紫花美短藤」「白花美短藤」などです。名前に「短」が入っているのがヤマフジなのでしょうか?ひとつひとつ確認して見て回るのも楽しそうですね?


花の色は青紫、紫、ピンク、白があります。また、藤の花はよく公園で藤棚として見られますが、自宅でもちゃんと管理すれば育てることができます。自宅に藤棚も夢ではないです!(参考 藤の育て方)
ちなみに藤の花言葉は「優しさ」「決して離れない」「恋に酔う」の3つで、「4月5日」と「5月31日」の誕生花のようです。素敵ですね?


■春日部藤まつり以外の藤の名所5選

1.牛島の藤花園

[埼玉県春日部市牛島786]TEL048-752-2012 藤花園
ご紹介した「春日部藤まつり」の近くです。江戸時代から粕壁のフジと呼ばれ、弘法大師が植えたとされる特別天然記念物に指定された樹齢1200年の老樹が見られます。春日部藤まつりにお出かけの際に行かれてはいかがですか?
開園期間 2016年4月20日(水)~5月8日(日)
・東武野田線「藤の牛島駅」より徒歩10分 東北自動車道岩槻ICより約10分
・常磐自動車道柏ICより約20km(約30分)


2.亀戸天神

[東京都江東区亀戸3丁目6番1号 TEL03-3681-0010]
東京都内の藤の名所です。新宿から約20分で行ける都心とは思えないほど落ち着いた空間です。東京スカイツリーと 藤のコラボレーションが見られます!
・総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分 総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車北口より徒歩15分 都バス亀戸天神前停留所下車すぐ


3.白井大町藤公園

[兵庫県朝来市和田山町白井1008 TEL079-670-1636]
大町藤公園は、山陰随一の藤の名所と言われていて、藤棚の総延長が500mあります。しだれ桜で有名ですが、藤の夜間ライトアップが圧巻です。お仕事帰りでも見られますね?
・和田山ICより約10km ドライブインやくのより3.5㎞ 和田山ICより鯨峠経由約10㎞。


4.白毫寺

[兵庫県丹波市市島町白毫寺709 TEL0795-85-0259]
花穂の長い藤で「白毫寺の九尺藤」が有名です。下まで咲くと、これまで最も長いもので180cmまで伸びます。ライトアップもあります。
・JR福知山線市島駅下車。タクシーで8分 舞鶴自動車道春日ICより福知山方面へ車10分。


5.河内藤園

[福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48 TEL 093-652-0334]
海外で「世界の絶景TOP10」として紹介され、世界各国から多くの外国人のも大人気の観光スポットです。宣伝をしていないため、穴場です。
・北九州都市高速道路大谷ICから約20分 山路ICから約20分

004

【最後に】

岡崎市五万石藤まつり2017の総まとめはいかがでしたか?毎年桜の時期があっという間に過ぎた後に、藤の花の見頃がやってきます!期間限定の藤の花を見逃さないように、ぜひ藤の名所「岡崎市五万石藤まつり」へ足を運んでみて下さいね!お見逃しなく!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です