捨てどきに困るものの「捨てどき」ガイド!服・タオル・靴・マスカラ・・・・

スポンサーリンク


どんなものに寿命はあります。捨てどきってあるんですよね。ただ、結構、服や靴、化粧品などはまだ使える物なら捨てるのに躊躇してしまうことでしょう。


日本人にはもったいない精神があるので、なかなか物をすぐに捨てると言うことができない人が多いですが、取っておくとたまる一方ですよね。捨てどきに悩む人が多いと思うので、アイテム別に捨てどきを考えてみました


スポンサーリンク

捨てどきに困る!服・靴下の捨てどきのベストなタイミングは?


服の捨て時って難しいですよね。流行りが終わってしまって着れなくても気に入っているものなら捨てられないものです。また、高かったんだけど、着てみるとなんだか着心地が悪くてあまり着れないという場合もありますよね。


そういった服は溜まるとタンスの中でとっても邪魔になりませんか?
捨てるべきだとわかっていても捨てられないのが服ですよね。


服の捨て時としてベストなのは?

そんな服の捨て時としてベストなのは、衣替えの時期です。毎週着た服月1で着たレベルの服1シーズン1回も着なかった服の3つに分けて、1度も着なかった服は処分するのが良いと思います。


フリマや古着屋を活用しよう

捨てるのが苦手な人はフリマで売ってもいいですし、古着屋に持って行くのもいいでしょう。それも面倒な場合は部屋着に降格して使い倒して、ボロボロになったら捨てるのが一番スムーズだと思います。


また、新しい服を買ったら1着は着ない服を処分するのも効果的ですよ。もちろん、擦り切れたり、汚れたり、色あせたものは消費期限を過ぎたと割り切って捨てるのが一番です。


靴下の捨て時としてベストなのは?

靴下に関しては、消費期限を過ぎたものは捨てるに限りますね。穴が開いたり、ゴムが伸びたり、擦り切れたり、色あせたりしたものは室内で靴を脱いだ時に他人に見られるものです。


恥ずかしい思いをしないように、きちんときれいなものを履くようにしましょう。また、デザインが自分の年齢に合わなくなった時流行りが過ぎて履けない物に関しても、潔く捨てる方がいいでしょう。



捨てどきに困る!靴の捨てどきのベストなタイミングは?


靴の捨て時は消費期限を過ぎてしまった場合はとても簡単に判断できると思います。例えば、靴先の色が剥げてしまっている時かかとがくたびれてしまった時靴先が破れてしまうこともあるでしょう。


修理して履くこともできるけど…

汚れが目立つ時もあれば、靴裏のゴムがすり減ってしまうこともありますね。こういった場合、かかとであれば修理に出せばきれいにすることができます。また、靴裏のゴムがすり減ってしまった場合も市販のクリームで修復できますが、基本的には捨てるタイミングになりますね。


履く頻度の低い靴、どうしよう?

履けなくなったわけじゃないけど、履かない靴もあると思います。とってもフェミニンな靴だったり、とがったファッショナブルな靴は、特定のファッションにしか合わなくてあまり使用しないものです。


そういった靴は靴箱で邪魔になるだけなので、思い切って捨ててしまうのが良いと思います。あまりはかない靴はいつまで取っていても結局、履かないものなので、燃えるごみとして捨ててしまって、新しい靴を買い足す方がいいでしょう


捨てどきに困る!ブラや下着の捨てどきのベストなタイミングは?


下着やブラは、消費期限を捨てるタイミングにするのが一番だと思います。特にブラジャーは太ったり痩せたりすると、途端に合わなくなるものですよね。


アンダーがきつかったり緩かったりするだけで、ブラ本来の役割が損なわれるので、きちんと体形に合ったものを使用した方がいいです。ブラの締め付けがきついと肩こりや頭痛の原因になりますし、緩すぎるとバストダウンになる恐れもありますよ!


下着の消費期限は1年!

また、急なデートの時に、あまりに汚い下着だと焦りますよね。
ある程度は見せられるレベルのものを身に着けておく方がいいでしょう。


基本的には、下着の消費期限は1年と言われています。なので、普段着にしている下着なら、1年を目安に買い替えを検討するのがいいでしょう。


下着の捨て方はどうしたらいい?

下着となると、フリマで売るわけにはいかないので、捨てますよね。
捨てる時って悩みませんか?


大体の人が白いコンビニ袋などに入れて、指定のゴミ袋に入れると思います。もっと気にする人は、ハサミなどで切り刻んでから捨てるそうですよ。変な人がいるので、用心に越したことはないってことでしょうかね。


捨てどきに困る!マスカラの捨てどきのベストなタイミングは?

化粧品って意外と溜まりますよね。やはりファッション雑誌なんかを読んでいると、その時の流行で発売される化粧品が欲しくなって買ってしまいます。


ただ、そういった流行り系の化粧品1シーズンが終わると、二度と流行は戻ってこないんですよね。当然、1シーズンで使い切れなくて化粧台に転がることになります。


マスカラは別に流行りがあるわけじゃないので、出が悪くなったら捨てますよね。ブラシが玉になってティッシュオフしてもきれいにならない場合は捨てることもあります。


マスカラの場合は、ボリュームアップ系とスリムロング系で交互に流行が来るので、使えるのならばとっておけばよいと思います。


アイシャドウやチーク、スキンケア類やベース化粧品の場合

しかし、アイシャドウやチークなどはカラーなので、流行りじゃない色は流行遅れになるので使えないですよね。そういったものは潔く捨てる方がいいでしょう


ちなみに、スキンケア類やベース化粧品などで溜まってしまった場合は、3年以上になるものは衛生上よくないので捨てた方がいいです。


メイク好きのあなた知っておいて!化粧品のばい菌?殺菌!!豆知識!保管の仕方について



【最後に】


捨てどきってとっても難しいですよね。日々、使っているものであればあるほど、ボロボロになっても見慣れていて、ボロボロだと言うことに気づかないことがありますからね。


でも、きちんと捨てどきを判断する時間を作って、整理整頓を行うと部屋も収納スペースもすっきりしますし、何が今の自分に必要なものかもはっきりします。ファッションが好きな人には、どんなファッションが今の自分をときめかせてくれるのか再発見できると思うので、ぜひ定期的に時間を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です