かぼちゃの栽培は簡単!家庭菜園初心者におすすめすのかぼちゃの品種とは?

スポンサーリンク
四季の花・植物
スポンサーリンク

かぼちゃは実は家庭菜園や畑の初心者が育てるのに向いている野菜です。

今がかぼちゃの旬であるので、栽培方法などかぼちゃについて調べてみました!

スポンサーリンク

かぼちゃの栽培方法は?

1FotorCreated

かぼちゃは、北アメリカから南アメリカが原産のウリ科の野菜です。

日本では、西洋カボチャ、異本かぼちゃ、ペポカボチャの3種類があります。

カボチャは苗から育てる場合は、4月下旬から5月下旬までに植えつけます。

また、種を直まきすることもできます。

その場合は5月以降に種をまいても、8月下旬から9月上旬に収穫できます。

最初のうちに肥料が効きすぎると、ツルばかりが伸びることになります。

ですから、ある程度生育してから根に肥料が届くように、受け付ける前に深さ30㎝の穴を掘り、そこに有機肥料をいれて、土を戻し、カボチャを植えるようにします。

発芽したら、生育が良いものを選んで間引きしておきます。

苗が大きくなるまでは、風対策や害虫に注意しなくてはいけません。

40㎝から50㎝くらいに大きくなれば、あとは放任でも大丈夫です。

かぼちゃの人工授粉

かぼちゃは、人工授粉が必要です。

雄花の花粉を雌花のめしべの先端につけてあげます。

実が大きくなったら花が付いていた方を下にして、ワラを敷き、果実が地面につかないようにしましょう。

ニホンかぼちゃは花が咲いてから30~40日、西洋カボチャなら50~60日くらいで収穫できます。

身が大きくなり、実の付け根の茎が茶色く枯れてきたら収穫時期です。

カボチャの人工授粉

初心者はどのかぼちゃの種類を育てるのが良い?

2FotorCreated

カボチャは肥料を吸収する力が強く、乾燥して荒れた土地でも、育てることができるので初心者むけです。

家庭菜園など、場所が限られているのなら、コンパクトに育てられるミニカボチャが良いかもしれません。

というのも、普通のかぼちゃは一枚の葉の大きさが直径で30㎝ほどにもなるので、大きなスペースが必要です。

ミニカボチャには「栗坊」や「プッチーニ」といった品種が人気です。

かぼちゃの栽培で気をつけることは?

カボチャを栽培する時は、その株間をたっぷりとりましょう。

ミニカボチャなら70㎝くらい、普通のカボチャなら1m~1.5m必要です。

また、「うどんこ病」やウリ科の野菜に発生しやすい「べと病」に気を付けます。

うどん粉病って何?

うどんこ病は、葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる病気です。

放っておくとどんどん広がります。

他の病気と、区別がつきやすく初心者でも発見が容易です。

うどんこ病が悪化して、葉の表面が白くなってしまうと野菜は光合成できなくなり、生育不良を起こします。

うどんこ病を発見したら、まず、症状が出ている葉だけをちぎって除外してみましょう。

それでもおさまらなくて、症状が広がるようなら、出来るだけ早くうどんこ病用の市販薬剤を使います。

参考情報:ハロウィンで使うかぼちゃはなんていう種類? 日本で育てられるの?

3FotorCreated

ハロウィンでは、オレンジ色の大きなカボチャをくり抜いて、デコレーションしますね。

あのかぼちゃはペポカボチャの一種で日本で育てることも可能だと思います。

目や鼻をくりぬいてデコレーションに仕上げたものは「ジャック・オー・ランタン」と呼びます。

最近はこのジャック・オー・ランタンに使われる品種は鑑賞用のものとして選抜されているようで、食べても美味しくないんだそうです。

まとめ

かぼちゃは家庭菜園や畑の初心者が育てるのに向いている野菜です。

今年は、かぼちゃ栽培にトライしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました