地鎮祭の服装の正解まとめ!女性・男性の正解は?夏と冬では?


地鎮祭と言えば、新築を建てる際に、最初に行う行事ですよね。その土地の神様に許しを請いて、家族の安全や建築の際の安全を祈願するものですが、ほとんどの人が一生に一度やるかやらないかのイベントでしょう。


最近は簡略化していることも多く、やらないパターンもあるようですが、何かあってからでは遅いので行う人がほとんどだと思います。そんな地鎮祭での服装に悩む人もいることでしょう。今回は服装を中心に見ていきます。


スポンサーリンク

地鎮祭の服装の正解とは?男性編!


まずは男性です。男性の場合はとっても簡単です!なぜなら、オフィス系のスーツを着て行けば間違いないからです。会社であっても、個人宅であってもこれなら対応できます。普段から会社にスーツを着ていく人ならば、普段着となんら変わらない感覚かもしれません。


ただ、やはりきちんとした服装を心がけた方がいいので、ネクタイの色は赤や黄色、白、オレンジ、ピンクなどは避けた方がいいでしょう。紺、グレー、ブラウン、黒、水色、紫、ベージュなどの落ち着いた色を選ぶといいでしょう。

ワイシャツは白であれば間違いなしです。


冬や夏場の場合は、外で行う地鎮祭はスーツではなかなか過ごしにくいかもしれません。夏の場合は、ポロシャツや半袖の襟付きのシャツなどに、スラックスやチノパンで良いでしょう。
冬はスーツ向けのトレンチコートなどを合わせればいいでしょう。





地鎮祭の服装のNGとは?男性編!ジーンズは?ノーネクタイはOK?

個人宅の場合は、黒や紺色のジーンズでもOKですが、ジーンズはあまり大人が着て行くのに適していないと思うので、チノパンにした方がいいでしょう。


特に業者さんに服装を訪ねると、TシャツにジーンズでOKという返答が返ってくると思いますが、あまり言われたとおりにその恰好では行かない方がいいでしょう。地鎮祭の後に近所にあいさつ回りをする場合がありますし、地鎮祭中にも近所の人の目があります。あまりラフな格好でいれば、非常識な人と思われかねません。


個人宅であれば、特にスーツでなくても大丈夫と言われています。ラフすぎず、派手過ぎなければ、わりとカジュアルなものでも大丈夫です。簡略化した地鎮祭であれば、業者さんは作業服でしょうし、女性陣も大人しい色のワンピースなどを着ていくのが一般的なので、スーツではちょっとやりすぎになることもあります。


冬でも、ワイシャツにセーター、ジャケット、チノパンに落ち着いた色のコートで良いと思いますよ。


地鎮祭 ~おうちを建てるプロジェクト



地鎮祭の服装の正解とは?女性編!


女性の場合は、男性よりもちょっと悩ましいと思います。


まず、個人宅の場合は、落ち着いた色合いの膝辺りか膝下までのスカート丈のワンピースがあればそれで良いと思います。靴はビジネス用の黒のパンプスが間違いなしです。肌色か黒のストッキングをはいて、シンプルなアクセサリーであれば身に着けておきましょう。


夏場の場合は、紺やベージュ、白の半そでのブラウスやシャツに、落ち着いたデザインのスカートやパンツを合わせるといいでしょう。薄手の白いジャケットを合わせるのも良いでしょう。


冬場は、雪や雨ではない限り、ブーツを避けて、黒いパンプスを履くようにしましょう。グレーやベージュ、ブラウン、紺、黒、白であれば、ニット系のワンピースでもOKです。トレンチコートやチェスターコートがおすすめです。

暖かいですが、ダウンコートやジャケット、毛皮系はカジュアルすぎるので避けた方がいいでしょう。


会社の場合は、スカートでもパンツでもいいですが、スーツで参加すればよいでしょう。オフィスカジュアルでもいいですが、人によっては派手になりがちなので、無難にスーツを選んだ方がいいでしょう。スーツスタイルであれば、ベージュやグレー、紺などでも構いませんよ。




地鎮祭の服装のNGとは?女性編!ジーンズは?

女性の場合はまず、肌の露出が激しい服装は絶対にNGです。肩が出ていたり、背中が出ていたり、足が出すぎている服装は神様に失礼なのでやめましょう。


また、更地に1時間程度いることになるとおもうので、ヒールが高い靴も適していません。ヒールの低い靴やヒールがない靴を選ぶようにしましょう。


女性もジーンズにTシャツはカジュアルすぎるので、なるだけ避けましょう。お子さんが小さくて動きやすい服装が良いと言う場合は、チノパンとぺったんこ靴などを選ぶようにしましょう。


赤や黄色、派手なドットや原色カラーのグラデーションなど絶対に避けましょう。また、フリルがたくさんついてるようなブラウスやワンピース、スカートも避けた方がいいでしょう。


【地鎮祭の基本作法・マナー】|東建コーポレーション



【最後に】


個人宅で行われる場合は、これからの家族の安全も祈願する大切なイベントです。お子さんがおられる方は制服がある場合は制服を着せて、ない場合は、落ち着いた色合いのスカートやズボンを着せるといいでしょう。


なるだけ、そこに住むことになる家族は全員参加が良いと思います。そこの土地の神様にあいさつするのですから、失礼がないように服装には気を付けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です