12月といえば?ランキングで行事・イベントお祭り・食べ物を紹介するよ!

スポンサーリンク

12月になると、いよいよ冬本番になります。年賀状やお正月を迎える準備で、何となく慌ただしい雰囲気になってきます。


12月の一大イベントというと、何と言ってもクリスマスですよね?街のイルミネーションやお店の飾りつけなどもクリスマス仕様になっていて、それだけでもワクワクしてしまいます。


今回は12月の行事、食べ物、記念日など、12月ならではのことを調べている人に情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【12月といえばランキング!12月の行事といえば?】

12月といえば、これ!と言われるような行事の由来や、今の様子をまとめてみました。


■第3位 大晦日(12月31日)


<由来>
大晦日は、旧暦の晦日(みそか)が由来しています。旧暦では、月の最後の日を「晦日」と呼んでいて、日付に関係なく月の最終日を「みそか」と呼んでいました。


大晦日の「大」は、一年の最後の月の最終日であることからつけられました。大晦日の年越しの夜には、年越し蕎麦、除夜の鐘など様々な日本固有の風習があります。


<今の大晦日>
大晦日は大掃除やお正月の買い出しなど、みんな忙しい時間を過ごします。テレビ番組も、特別番組が多く、今では大晦日の風物詩となっているNHK紅白歌合戦やゆく年くる年を家族揃って見ながら、新しい年を迎えます。


年末年始を海外で過ごす人も多く、台湾、シンガポール、ハワイ、グアムなどが人気だそうです。


■第2位 忘年会(年末)

<由来>
忘年会の起源は、いくつかの由来の異なる会合が、ひとつになったものと考えられています。


江戸時代には、特権階級の人の間で1年の憂さを晴らすための行事でした。明治時代からは、今のようなお祭りムードの忘年会に変化してきて、無礼講などのキャッチフレーズも広まりました。


<今の忘年会>
今でも忘年会は、一年の労をねぎらうのが本来の目的で、会社によって規模や雰囲気も全く違います。「無礼講」も会社によって温度差があります。


昭和の忘年会は、ものまねや手品などかくし芸が盛んで、男性が中心でした。次第に女性も積極的に参加するようになり、現在の忘年会のスタイルになったのです。


現在の忘年会は、気のあった者同士が、少人数で楽しむという傾向にあるようですね?


■第1位 クリスマスイブ(12月24日)


<由来>
クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝うお祭りとして有名ですが、実はそれは定かではなく、古代から行われていた「冬至の祭り」が関係しているという説もあります。


古代ローマでは、冬至を境に日が長くなることで、それを「太陽の復活」としてお祝いしていました。当時、イエス・キリストは「世の光」と呼ばれていて、「冬至の祭り」がイエス・キリストの誕生日として、お祝いされることになったようです。


イエス・キリストの時代は、1日は日没で終わり、夜を一日の始まりと考えていたので、「クリスマスイブ」は前夜という意味でなく、クリスマスの始まりと位置づけられています。


<今のクリスマス>
今の日本のクリスマスは、「クリスマスイブ」の24日が「クリスマス」そのものととらえられていて、盛り上がっています。


「クリスマスイブ」は子供から大人まで楽しみにしていて、1年の中でも大きなイベントとなりました。また、レストランやホテルに予約が殺到するほど、カップルにとっても、1年に中で最大のイベントと言えます。





【12月といえばランキング!12月のお祭り・イベントといえば?】

12月に行われる全国各地の祭りの中から、代表的なお祭りを3つ選んでご紹介します。


■第3位 春日若宮おん祭(12月15日~18日)★奈良県奈良市

<由来>
「春日若宮おん祭」は奈良県の春日大社の境内にある若宮神社の例祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。


若宮の御祭神は「天児屋根命様」「比売神様」で、水の神様として崇められていました。1135年、長年の大雨洪水により飢饉が続き、疫病が蔓延し救済のために立ち上がったのが藤原忠通でした。


若宮様の御霊威にすがり、御神霊をお迎えして丁重な祭礼をしたのが「若宮おん祭」の始まりです。


<歴史>
「春日若宮おん祭」は、1136年平安末期に関白藤原忠通が「五穀豊穣」を祈り始めて行った行事で、以来一度も途切れることなく、受け継がれている伝統行事です。


<イベント内容>
このお祭りの例年の人出は約20万人です、「お渡り式」を始めとした、さまざまな神事や舞などの古典芸能が行われます。最も盛り上がるのが、12月17日に行われる「お渡り式」「お旅所祭」です。


■第2位 赤穂義士祭(12月14日)★兵庫県赤穂市


<由来>
時代劇の冬の風物詩といえば、赤穂浪士47人が、主人の浅野内匠頭の敵討ちをする物語「忠臣蔵」ですね?その討ち入りした日の12月14日には、全国各地で四十七士をしのび「赤穂義士祭」が開催されます。


中でも赤穂浪士の地元の兵庫県・赤穂市では「赤穂義士祭」が盛大に開催され、毎年多くの見物客で賑わいます。


<歴史>
「赤穂義士祭」は、1903年(明治36年)から行われており、2017年で第114回を迎える歴史のあるお祭りです。


<イベント内容>
12月13日 前夜祭
12月14日 忠臣蔵パレード(毎年様々な役で大物ゲストあり)、物産市など
12月5日~12月14日(忠臣蔵ウィーク) 赤穂城本丸跡全体のライトアップ


過去の大物ゲストには、津川雅彦、薬師丸ひろ子、藤田まこと、荻野目慶子、松平健がいます。


■第1位 秩父夜祭(12月2日・3日)★埼玉県秩父市


<由来>
「秩父夜祭」は、秩父神社の例大祭で、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに日本三大曳山祭の1つです。毎年12月3日をメインに行われるお祭りで、6基の山車の巡行と打ち上げ花火が見どころです。


秩父神社にまつられている女神の妙見(みょうけん)様と、秩父のシンボルである武甲山に鎮座する男神の龍神様が、途中のお旅所で1年に1度の逢瀬を楽しむ祭りとされています。


<歴史>
「秩父夜祭」は、江戸時代の寛文年間には存在していたという記録があり、300年以上の歴史があります。


<イベント内容>
12月2日は宵宮と言われる前夜祭が行われ、打ち上げ花火も見どころです。メインの12月3日には、朝から山車の曳きまわしが行われ、6基の山車が勢ぞろいします。また、屋台本体の左右に舞台がつけられ、秩父歌舞伎などが披露されます。



【12月といえばランキング!12月の花は?】

12月はやはりクリスマスにちなんだ花が、思い浮かびますね?クリスマスのプレゼントとしても喜ばれる、12月の花をご紹介します。


■第3位 スイセン

・をくづれ水仙郷(千葉県安房郡鋸南町)
「をくづれ水仙郷」は、日本の水仙三大産地です。12月に入ると咲き始める水仙は、往復2.2㎞ほどの間をびっしりと咲きほこります。


12月中旬から1月いっぱいまで「水仙まつり」が行われます。


動画_をくづれ水仙郷 2017.1.11 (千葉県鋸南町)



■第2位 ポインセチア

・道の駅フェニックス(宮崎県宮崎市)
クリスマス近くになると、よく見られる真っ赤なポインセチアですが、宮崎県宮崎市にある「道の駅フェニックス」で、海岸線の斜面にポインセチアが自生しています。


動画_道の駅フェニックスのポインセチアとスリーピングハイビスカス



■第1位 クリスマスローズ

・高崎クリスマスローズガーデン(群馬県高崎市)
「高崎クリスマスローズガーデン」では、約7,000株のクリスマスローズが鑑賞できます。オープン時期は12月1日〜4月末です。


動画_高崎クリスマスローズガーデン(富久樹園)に行く。2016.02.25


【12月といえばランキング!12月の旬のたべものは?】

12月の旬の食べ物は、以下の通りです。レシピとあわせてご紹介しますね?


■第3位 春菊

<美味しい食べ方>
春菊は、色が濃くて鮮やかなものを選びます。美味しい食べ方は、鍋料理や天ぷら、おひたしなどがおすすめで、煮込むような料理にはあまり向きません。また、茹でた春菊をミキサーにかけ、魚料理などに合うソースもできます。


<産地>
春菊の産地は、断トツが千葉県で、全国の13%です、次いで大阪府、茨城県、群馬県の順となっています。


<レシピ>
・春菊のサラダ


① 春菊を食べやすいサイズにカットし、水にさらす。
② 塩少々、鶏がらスープの素、牛ダシダか鶏ガラ小さじ1/3 、ごま油を合わせドレッシングを作り、水を切った春菊と和える。
③ 最後にごまを入れ、混ぜ合わせたら出来上がり!


「簡単☆激旨!やみつきになる春菊のサラダ」(Cookpad)

簡単☆激旨!やみつきになる春菊のサラダ by FunCooking!!
★2014.07 話題入り感謝★実はあまり得意じゃなかった春菊。この方法で大の春菊好きに!簡単で本当に美味しいのでぜひ!


■第2位 さば

<美味しい食べ方>
さばの1番美味しい食べ方は、しゃぶしゃぶです。


<産地>
さばの産地は茨城県が最も多く、次いで長崎県、静岡県です。


<レシピ>
・鯖しゃぶ
①鯖の頭を落とし、三枚に下ろす。
②余分な水分と臭みを消すため、塩をまぶし、1時間程度冷蔵庫で寝かせる。
③塩分を水で丁寧に洗い流し、キッチンペーパーで水分を拭き取った後、皮をはぐ。
④骨抜きで中骨を抜き、鯖の身を薄切りにする。
⑤昆布だしの鍋で表面が白くなる程度にしゃぶしゃぶする。


動画_鯖のおろし方と鯖しゃぶ鍋



■第1位 みかん

<美味しい食べ方>
みかんはもぎたてより、少し時間が経ったもののほうが、酸味も減り甘くて美味しいようです。そのまま食べるのが1番美味しい食べ方です。


次のように皮をむくと、実に触れる時間が短縮され、手の温度でみかんが温まらないで済みます。


動画_和歌山むき みかんのむき方


<産地>
みかんの産地1位は、和歌山です。次いで、愛媛、静岡の順です。


<レシピ>
・水菜とみかんの三杯酢サラダ
亜麻仁油は、体作りにかかせない必須脂肪酸「オメガ3」が多く含まれています。動脈硬化や高血圧、心臓疾患を予防し、コレステロールを下げたり、中性脂肪を下げてくれる効能があります。


「水菜とみかんの三杯酢サラダ」(Cookpad)

水菜とみかんの三杯酢サラダ by ミシャコ
三杯酢と亜麻仁油のドレッシングで和えた、水菜とミカン。爽やか、美味しい!


【最後に】

「12月といえば?ランキング」はいかがでしたか?今年も残すところあとわずかになりました。健やかにお正月が迎えられるといいですね?


今回ご紹介したのは、


「12月の行事」は、第3位大晦日、第2位 忘年会、第1位 クリスマスイブ
「12月のお祭り」は、第3位春日若宮おん祭、第2位赤穂義士祭、第1位秩父夜祭
「12月の花」は、第3位 スイセン、第2位 ポインセチア、第1位 クリスマスローズ
「12月の旬のたべもの」は、第3位 春菊、第2位 さば、第1位 みかん


などをご紹介しました。参考にして12月のイベント、味覚を楽しんで下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です