妊娠初期のお腹ドクドクの意味は?胎動?赤ちゃんの脈なの?

スポンサーリンク

妊娠初期のお腹がまだ目立たない頃に、お腹がドクドク感じられることがあります。
「えっもしかして赤ちゃんの胎動? それとも脈!?」
など、今までになかった感触に驚かれる方も多いかもしれませんね。


それだけなら良いのですが「赤ちゃんに何か問題があるのでは……?」と不安になってしまった場合、どうしても心配になってしまいます。
妊娠トラブルの話はよく聞きますし、「これももしかして……」と思うと居ても立ってもいられませんよね。


妊娠初期のお腹のドクドクについて考えられる可能性をまとめてみましたので、心配になっている方は特に、一度ご確認していただければと思います。


スポンサーリンク

【妊娠初期のお腹のドクドク!これって何のサイン?】

001

妊娠初期に胎動を感じることはほとんどありませんので、この時期にお腹がドクドクするというのは「ママ本人の脈を感じ取っている」というパターンが多いです。
この場合はお腹が少しずつ大きくなっていく変化で脈を感じやすくなったという理由なので、まず心配はいりません。


しかしお腹が大きくなると血液量が増えますし、同時に子宮による圧迫により血流が悪くなります。
その結果、静脈瘤(ふくらはぎや太ももの静脈がボコボコと盛り上がってくること)になる可能性があります。
足がつりやすい・むくみやすい、まただるかったりかゆくなったりすると注意が必要です。
静脈瘤自体は危険なものではありませんし産後は改善するケースが多いですが、もし気になるようであればお医者さんに相談してみてください。


また、「お腹の中で赤ちゃんがしゃっくりをしている」という説もあるそうです。
基本的に妊娠中期……5ヶ月くらいからしゃっくりをするようになるのですが、これを「お腹がドクドクしている」と感じる方もいます。
一定期間続いてしばらくなくなり……みたいなときは、しゃっくりかもしれませんね。


【赤ちゃんの脈なの?ひょっとして胎動?】

002

基本的に赤ちゃんの脈を感じ取れることはまずなく、また妊娠初期に胎動を感じ取れることもほとんどありません。
しかしお腹は赤ちゃんを育てるためにどんどん大きくなりますから、大きくなった子宮が血管を圧迫し、自分自身の脈が感じ取れやすくなるのです。


この変化を考えない場合も、妊娠すると脈を強く感じたり、早く感じることがあります。
これは「赤ちゃんを育てる」という役目が増えた分、血液をよりたくさん全身に送っているからなんですね。


血液が流れる量が増え、逆に血管は今までより圧迫されている部分がある……脈が感じ取れやすくなるのも当然の結果なのです。


赤ちゃんの脈はとても早いので、もしどうしても不安な場合は自分の脈とドクドクいうタイミングを合わせて図ってみましょう。
明らかに早い(1分に120回程度)のであれば赤ちゃんかもしれませんね。
とはいえ通常では妊娠初期に感じ取れることはほとんどなく、後期になって聴診器を使えばようやく聞けるくらいなので、ほとんどの場合は自分の脈が正解だと思いますよ!


【赤ちゃんのしゃっくりって本当?】

003

次にしゃっくりしている可能性というパターンですが、赤ちゃんはもちろん動きます。
大人でもしゃっくりをすると身体が動くこともありますよね。
羊水の中で浮いている赤ちゃんはより動きやすく、その動きを感じ取っている可能性があるのです。


赤ちゃんがしゃっくりした場合はおへその下辺りが痙攣するような胎動を感じるというママも多く、もしこのあたりから感じるのであればしゃっくりかもしれません。


赤ちゃんがしゃっくりをする理由については、実は分かっていません。
しかしこれは「呼吸の練習」「不要な成分を吐き出す練習」ではないかとも言われています。
いずれ外の世界で生きていくための練習をしている……そう思うと、心配するよりもむしろ応援したくなりますね!


しゃっくりの回数が多いとそれはそれで不安かもしれませんがそれも赤ちゃんの個人差であり、たくさん練習しているのかもしれません。
気にしすぎてストレスを感じるほうが赤ちゃんにとっても良くないので、おおらかに構えているのが一番です。


胎児のしゃっくり(29w)


【お腹のドクドク、流産の危険性はないよね??】

004

今までのお話から分かる通り、一番大きな可能性としては「自分の脈」、そして赤ちゃんのしゃっくりという可能性が高いです。
お腹に違和感があるとどうしても気になってしまいますが、流産の可能性がある場合は出血やお腹の痛みなどを伴うことが多く、ドクドクいうというだけで心配することはまずありません。


むしろそのように気になってしまい、ストレスを溜め込むことのほうが赤ちゃんに取って良くありません。
ですからずっとひとりで気にしているよりも、落ち着かないという場合は一度お医者さんに相談してみましょう。
赤ちゃんの成長を見守ってくれる、何か危険があればすぐに教えてくれるお医者さんの言葉が一番信用出来ると思います。


妊娠中は小さな変化でも気になってしまうもので、それは赤ちゃんを守りたい気持ちの現れです。
当然の気持ちなので気になったことはどんどん相談し、解決していくのが一番ですよ。


【まとめ】

心配になると本当に気がかりで落ち着けませんが、自分の脈だったり赤ちゃんのしゃっくりかもしれない可能性を聞くと、むしろ楽しみの要素かもしれません。


「今日は赤ちゃんがよくしゃっくりをしているな、元気だな」など読み取ることも出来ますので、楽しみが増えたのではないでしょうか!


妊娠中は本当に小さなことも気になりますが、気持ちにゆとりを持っておおらかに過ごすことがママにとっても赤ちゃんにとっても一番良い生活スタイルです。
気になったことはどんどん周りやお医者さんに相談して解消し、毎日楽しく過ごせるようにしていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です