七五三参拝・写真に私服ってあり?男の子と親の七五三私服コーデとは?

スポンサーリンク
七五三
スポンサーリンク

子どもの七五三は親にとっても本当に楽しみですが、服装などについて悩むことが多いものでもあるんですよね。

七五三というと基本は着物をイメージしますが、「子どもは落ち着きがないしすぐに汚すし、動きにくい格好をさせてずっと仏頂面でお参りすることになるかも……」など、子どもの性格によっても着せることに悩む方も多いと思います。

そうなると「七五三の参拝に着物ではなく私服で行ってもいいのかな?」とお悩みの方もいらっしゃると思いますので、今回はそんな七五三の服装についての悩みを解決していきたいと思います!

スポンサーリンク

七五三参拝や記念写真に私服っておかしい??

七五三は室町時代の武家から始まった風習とされ、関東から全国に広まったと言われています。

当時は乳児や幼児の死亡率がかなり高く、生まれて3~4年経つまでは今でいう戸籍などにも登録はされないほどでした。

この時期を乗り越えて成長してこれた節目のお祝い、そして土地の神様に感謝と加護をお祈りする儀式として、七五三は江戸時代頃にはすでに定着していたそうです。

着物の理由ですが、男女ともに祝う3歳はそれまでは病気の予防のため髪を剃っていたのをやめ髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」の意味があります。

5歳の男の子の場合は「男児が初めて袴を着ける」という儀式の意味合いがあり、幼児から少年への節目とされています。

7歳の女の子はそれまでの「三つ身の着物+付け帯」から「四つ身の着物+普通の帯」へと切り替える儀式という意味があり、5歳男児と同様「幼児から少女の節目」という意味があるんですね。

それぞれの着物にはこのような意味があり、着物を着ることが儀式であるということも間違いではありません。

とはいえ七五三で大切なことは「成長を祝い、神様へお伺いする」というものです。

実際に神社の方に聞いてみても決して「着物を着ていかなければならない」というルールはなく、また実際に私服でお参りに来ている方もいらっしゃいます。

決して着物を着ていなければ行ってはいけない、恥ずかしいということはありませんので、無理をして着物を着せて子どもも親も辛い思いするより全然良いと思いますよ!

私服でもOK!母親が私服で参拝をする時のコーデのポイントとは?

私服でもOKとは言いましたが、やっぱり神様にお伺いに行くわけですからきれいめなファッションを心がける必要はあります。

基本的にはきれいめなワンピースなどになり、パンツスーツなどは良くないなどとも言われています。

しかしこれも小さな子どもを抱え、また兄弟などいる場合は「子どもの面倒を見るためにワンピースではいられない」という方もいらっしゃいますよね。

そういった方はパンツスーツなどでも問題ありませんので、それぞれの事情で合わせれば大丈夫です。

また参拝に行くのですから、華やかなワンピースやパステルカラーのスーツなどはおすすめできません。

やはりブラックのスーツやシックな色合いのワンピースなどを心がけ、また父親と母親の服装は同格で揃えましょう。

髪型も華やかすぎるものではなく、あくまで主役は子どもであることを忘れず華美にならないように注意しておくと安心です。

こういった基本を心がければ私服でも決して恥ずかしいことはありませんので、あるものや今後も使える服を用意すれば十分だと思います。

いくつか七五三に行く際のおすすめの商品を紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね!

3点セットで、今後の入学・卒業や行事、また私服にも使える幅広いスーツとしておすすめです!

神社は段差や階段も多い場所がありますので、たくさん歩いても疲れない、それでいてシンプルな靴をおすすめします。

スーツをもっていない父親が私服で参拝をする時のコーデのポイントとは?

父親の服装の場合も母親の場合と同じ、基本的にはきれいめファッションを心がけること、華美にならないこと、そして両親の服装が同格であることを押さえておく必要があります。

この部分を押さえておけば私服でも決して間違っていませんし恥ずかしいこともありませんので、ご家庭でしっかり相談していただくことが一番です。

髪型についても派手にならないよう、儀式に臨むということを忘れず整えておけば問題ないと思います。

母親がスーツの場合は基本的に同格にあわせる必要があります。

スーツ以外できれいめなファッションとなると基本的には「ジャケット+スラックス」になると思います。

母親と同格であること、子どもより華美にならないこと、神様にお伺いを立てる日であることを忘れず品のある落ち着いた組み合わせであれば問題ないと思いますよ!

七五三の男の子、おすすめ私服コーデはこれ!

七五三に行く際の子どもの服装ですが、特に男の子の私服となるとまた頭を悩ませる方も多いと思います。

動き回りたい男の子は動きにくい格好をしてしまうとそれだけで機嫌も悪くなってしまう可能性もありますので、見た目はしっかりしながらも動きやすさ、気楽さをしっかり考えてあげましょう。

とはいえもちろん神様にお伺いを立てる日ですので、派手すぎる服装やラフすぎる服装は良くありません。

また子どもは主役ですので、親のほうが華やかになってしまわないように考えておきましょう。

こういった基本を守ればそこまで大きく心配する必要もないと思いますので、気楽に考えていきましょう!

アクティブに動きたくい子どもには、こういったスーツセットからお好みや動きやすさに合わせて服装を選んでいく方法をおすすめします!

シャツ+セーター+ズボンであれば締めつけ感もなく窮屈にならないので、子どもも動きやすいのではないでしょうか。

http://item.rakuten.co.jp/better/ht-2325/

靴もこのようにチャックで着脱しやすく、また動きにくくならないタイプをおすすめします!

まとめ

七五三シーズンはどうしても着物を着ている親子が目立ちますが、よく見るとスーツや私服でお参りに行っている家族もたくさん見かけます。

汚すことや動きにくさにイライラしてしまうくらいなら、こういった気楽なファッションで笑顔で1日過ごすことのほうが大事ですよね。

一生に一度の記念ですから、もし着物姿を残しておきたい場合は撮影だけ別に行うなどの方法もあります。

それぞれの家庭に合わせ、気楽に楽しく過ごせる方法を考えていきましょう!

よく読まれている記事
七五三
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました