水羊羹の賞味期限は?手作りの場合は?とらやの羊羹は?賞味期限切れ食べれる?

スポンサーリンク

だんだん暑くなってきましたが、夏の季節に美味しい食べ物として「水羊羹」がありますよね!
暑い時期に食べる冷やした水羊羹の口当たりの良さ、程よい甘さはやみつきになる方もいらっしゃると思います。


でも水羊羹はひとつの量が多いこともあり、賞味期限なども気になるところですよね。
また手作りの場合の保管方法、賞味期限も知っておきたいポイントです。
今回はそのような水羊羹の賞味期限や保管方法についてをまとめましたので、ぜひこれからの季節のためにもチェックしてくださいね!


スポンサーリンク

【水羊羹の賞味期限、手作りの場合は?冷凍保存OK?】

水羊羹手作りの方法も広く知られていますので、手作りして食べている方もいらっしゃると思います。
そうなると気になるのが「いつまで食べられるのか」というところですよね。


まず賞味期限や消費期限という期間は、そもそもメーカーが「美味しく食べられる期間・安全に食べられる期間」として定めています。
ですから手作りの場合は「賞味期限」という期限はなく「自分自身で安全に食べられる期間を決める」ことになりますから、気をつけて見極めていく必要があります。


市販の水羊羹を基準に考えたいところですが市販の水羊羹しっかり熱殺菌がされていることがほとんどで、その分賞味期限は長く設定されています。
ですから自分で作った場合の基本は、「冷蔵庫で2~3日」と思っておいたほうが安全だと思います。


「結構短い……食べきれるかな」と思われた方も多いと思うのですが、実は長持ちさせる保管方法があります。
それは「冷凍保存」で、意外に思われるかもしれませんが水羊羹は冷凍保存が可能なんですね!(残念ながら、さすがに風味は少し落ちてしまいますが……)


冷凍保存をする場合は残った水羊羹をしっかりラップで包み、包んだ状態でジップロックなどの真空に出来るパックに入れ、空気を抜いておきます。
この状態で冷凍庫に保管しておくと、目安として大体2週間程度は持つようになるのです。


冷凍保存する場合のポイントしっかり空気を抜くこと、解凍するときは自然解凍でゆっくり解凍することのふたつです。
ちょっとした手間で賞味期限はぐっと伸びますので、ぜひ覚えておいてくださいね!



【たねやの水羊羹の賞味期限は?美味しく食べる保管方法は?】

たねや滋賀県に本店がある和菓子屋さんで、現在は洋菓子のバームクーヘンのお店「クラブハリエ」などとしても有名ですよね!
他にも様々なお菓子を作っているお店で、幅広い年代の方に人気があります。


そんな人気の高いお菓子のひとつが「水羊羹」であり、たねやの水羊羹は甘さがほどよく控えめで喉ごしが良く、夏に食べたい水羊羹として知られています。
また全国に通販もされていますので、お近くにお店がなくとも美味しく食べられるというメリットもあります。


たねやの水羊羹の賞味期限は1~2ヶ月と、もっと日持ちするものもありますがそれと比べると少々短めなのも特徴です。
とはいえ十分ゆっくり美味しく食べられる期間はありますので、あまり気にせずとも大丈夫だと思います!


保管方法としては常温保存可能、冷蔵保存可能、そして食べきれなかった水羊羹は冷凍保存可能です。
冷凍保存してしまうとさすがに風味は落ちますが、最初にお話した通り2週間程持ちますのでゆっくり食べたい場合などにはおすすめです!


【とらやの水羊羹の賞味期限は?美味しく食べる保管方法は?】

とらや東京の老舗の和菓子屋さんで、こちらの水羊羹も人気が高く、よくお土産にもなっているので知っている方も多いのではないでしょうか。


とらやの水羊羹はしっかりした味が魅力で、逆にそれが「水羊羹っぽくない」と思われるかもしれません。
普通の羊羹と同じような硬さ、濃さと感じる方が多く、「水羊羹でもしっかりした味を味わいたい!」という方には特におすすめです。


とらやの水羊羹の賞味期限は「製造日から120日」となっており、比較的長期間置いてゆっくり食べられるのも魅力ですね。


保管方法としては常温保存可能、冷蔵保存可能、そして食べきれなかった水羊羹は冷凍保存可能です。
冷凍保存してしまうとさすがに風味は落ちますが、最初にお話した通り2週間程持ちますのでゆっくり食べたい場合などにはおすすめです!


【むらさきやの水羊羹の賞味期限は?美味しく食べる保管方法は?】

愛知県にあるむらさきやも和菓子の老舗で、名古屋で水羊羹と言われれば最初に名前があがるほどのお店です。
なめらかな舌触りにかかわらず味がしっかりしていて、それでいて甘ったるさなどはなく後味もすっきりしている……と、水羊羹で欲しい要素が全て詰まっているんです!


むらさきやの和菓子については「全ての商品が翌日までの消費期限」となっているという特徴もあります。
これはむらさきやのご主人のこだわりで、「出来るだけ早く美味しく食べていただきたい」というところからなんですね。


実際に安全かどうかという面で見れば冷蔵・冷凍共に多少は問題ないと思いますが、ここはやっぱり「食べられる量を買って期限内に食べるほうが良いかも?」と思わせてくれるこだわりです!


【水羊羹の賞味期限がきれてしまっても食べて大丈夫?アレンジレシピは?】

最初にも少しお話しましたが、賞味期限とは「メーカーが美味しく食べられる期間・安全に食べられる期間」を見越して設定されています。
ですから賞味期限が切れた場合もすぐに食べられなくなるわけではなく、ちょっと過ぎた程度なら味を見て食べるくらいならありだと思います(もちろん自己責任にはなってしまいますが……)。


とはいえ「賞味期限が過ぎた水羊羹をそのまま食べるのはちょっと気が引ける」という方もいらっしゃると思います。
そんな場合、多少アレンジを加えて美味しく食べてみるのはいかがでしょうか!


電子レンジで水ようかんからおしるこを作る


このようにおしるこにすればレンジで一度熱を通すことになるので、多少は安心して食べられると思いますよ!


【まとめ】

こうしてまとめて確認すると、同じ水羊羹でもそれぞれのメーカーによって賞味期限も違いますし、もちろんこだわりもありますよね。


とはいえ水羊羹の基本は「常温保存可能・冷蔵保存可能・冷凍保存可能」であること、また開封後は残った部分を冷凍する場合以外は出来るだけ早く食べることを心がけておきましょう!


暑い季節は冷たいお菓子が美味しく、その中でも水羊羹はほっとしたひとときを過ごせる和菓子として長年愛されてきています。
今年の夏も美味しくひんやりと味わいながら、水羊羹を食べてみたいところですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です