夏休み中・不登校で昼夜逆転してしまった中学生の生活の治し方とは?原因は?

スポンサーリンク
夏休み
スポンサーリンク

中学生くらいになると、夜の寝る時間もあんまり厳格に設定しない家庭が多いでしょう。反抗期の子供とあまり会話をしない場合は、特に何時に子供が寝ているのか知らないかもしれませんね。

中学生になると結構多いのが、夏休みになって生活のリズムが崩れて、昼夜逆転してしまうケースです。不登校の場合も、人が活動していない時間がリラックスできるからと、夜を中心にしてしまいがちです。
そんな時の治し方を考えたいと思います。

スポンサーリンク

昼夜逆転をしてしまった中学生の我が子。原因はなぜ?

まず、昼夜逆転の原因を探らないと治しようがありません。

夏休みなどの長期休暇であれば、寝貯めしたくて長く眠り、昼に起きる生活を一度しただけで、夜に眠くないからゲームをして夜更かしして、朝方に眠って次の日はまた昼に起きる、の繰り返しになるパターンが多いと思います。大人でも、よくありがちですね。

不登校の場合は、これとはまたちょっと異なりますね。

毎日、朝、親が学校に行くか確認に来るのであれば、それを会話なしに避けるために、あえて朝方に爆睡できるように夜通し起きているケースもありますし、上記でも言ったように、家族とも会いたくないから、人が眠っている時間に活動するようになるケース、朝や昼に起きていると、学校に行かないといけないと思ってしまうから起きたくないなどの理由があると思います。

昼過ぎまで寝てしまった時の対処法【精神科医・樺沢紫苑】

昼過ぎまで寝てしまった時の対処法【精神科医・樺沢紫苑】

昼夜逆転をしてしまった生活の治し方は?もしかして病気?

治す場合は、やはりどんなに前の日に遅く寝ていても、無理やり朝起こすのが一番です。うまくいけば、一度で逆転を治せますが、繰り返してしまう場合もあるので、習慣を変えさせるのも大切です。

週末などに、家族で出かける予定を立てるといいでしょう。
楽しみがあれば、自分から喜んで目覚めるものです。

朝食に好物を並べて、起こすのも手だと思います。一度、目覚めてしまえば、後はお昼寝をさせないようにして、夜は眠くなったら寝かせましょう。これだけで、次の日は午前中に目覚めてくれるはずです。

不登校の場合は、まずは朝、目覚めても学校が嫌なら行かなくていい、とはっきりと言うべきです。

さらに、学校に行かずに昼間に好きなことをしていても悪いことをしているわけじゃない、と家族がお子さんのやっていることを否定せずに肯定してあげることです。それだけで、コソコソせずに、きちんと朝起きて昼間に生き生きと活動してくれるようになると思います。

病気を疑う場合は、昼夜逆転の症状として、うつ病不眠症が挙げられます。どちらであれ、病院にかかるよりも、まずは親がお子さんの悩みや不安を知る必要があると思うので、きちんと話し合う時間を作りましょう

昼夜逆転から上手に脱出する方法【精神科医・樺沢紫苑】

昼夜逆転から上手に脱出する方法【精神科医・樺沢紫苑】

昼夜逆転生活は本当に体に悪い?どちらが人間にとっていいの?

人間の生活には、太陽の光が欠かせません
植物の光合成のように、人間だって、光を浴びてセロトニンというホルモンを分泌しないといけないんです。

セロトニンは、社会のストレスや出来事に対応できるように精神を安定させてくれるホルモンのことで、これが不足しているとうつ病やパニック障害を発症しやすくなります。

さて、昼間に分泌したこのセロトニンを材料に、夜になるとメラトニンというホルモンが分泌されます。このホルモンは、体をお休みモードに切り替えるリラックスホルモンです。

眠っている間に、私たちの体は新しい細胞を作ったり、ストレスを受けて体に溜まった活性酸素を除去したりします。そのため、このメラトニンが不足すると、不眠症に陥りやすくなります

昼夜が逆転すると、昼に得られるはずのセロトニンがないため、夜に熟睡できるはずのメラトニンが作れず、慢性的な睡眠不足になるんです。

太陽の光は、セロトニンだけでなく、ビタミンDの生成にも欠かせません。ビタミンDは食べ物では補えないものですが、骨を健康に保つのに欠かせない要素です。ビタミンDが不足すると、骨がもろくなってしまいます。

他にも、人間は昼に起きて、夜に寝るという行為が遺伝子に組み込まれているそうで、これに逆らうと、成長ホルモンや女性ホルモンなどの分泌がうまくいかなくなります

夜型の方が老けやすいんです。
自律神経が乱れるので、子供の場合は発育に支障をきたすこともあるかもしれません

昼夜逆転生活に我が子がならないための防止策、親ができることは?

防止策としては、きちんと寝る時間と起きる時間を決めておくのが大切です。
これは子供に限らず、大人でも大切なことです。

眠くなったら寝る、目が覚めたら起きる、という生活習慣では、生活リズムは簡単に崩れてしまいます。きちんと、一日のスケジュールを決めて行動するようにしましょう。

また、不眠の原因となりやすいので、寝る前の1時間はパソコンやスマホなどのブルーライトを禁止するのも大切です。その代りに眠る前に、科目の参考書や興味のある分野の専門書などを読むと良いと思います。睡眠学習にもなるので、一石二鳥ですよ。

また、朝自然と目覚められるように、ベッドヘッドの傍のカーテンは開けたままにしておきましょう。朝、日光を浴びるだけで、人間は体内時計をリセットできます。窓がない場合は、光目覚まし時計を試してみてください。

さらに、統計学的に朝食を食べない子供は不眠や入眠困難を引き起こしやすいので、きちんと朝食を食べるようにしましょう

【最後に】

夜型の生活をしていると、とても体によくないので、お子さんが昼夜逆転してしまった場合は、深刻化しないうちにお子さんと話し合って、元に戻すように心がけましょう。

治す場合は、きちんとお子さんに昼に生活することの重要性を理解させた上で行わないと、治ってもすぐに元に戻してしまいますよ。中学生の場合はまだまだ発達段階ですので、きちんとサポートしてあげるようにしましょう。

よく読まれている記事
夏休み
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました