やけど虫に触ったらどんな症状に?治療方法・触らないためには?

スポンサーリンク


絶対に触っちゃいけない「やけど虫」をご存知ですか?私は全く知らなかったのですが、調べてみると日本全国に生息しており、夏場の水がある場所が要注意なんだそうです。


刺されると、かゆくなった後に、赤くはれて火傷後のような痛みを感じるので、やけど虫と呼ばれているんだそうです。小さな虫なのに蚊よりも怖いので、対策法を知っておいてください!


スポンサーリンク

高温多湿の日本の夏にでてくる「やけど虫」とは?

まず、やけど虫は通称で、実は2種類存在しており、正式にはアオバアリガタハネカクシアオカミキリモドキというんだそうです。卵、幼虫、蛹、成虫どの段階でも有毒物質を体内に保有しており、払い落としたり、叩き落したりすると、体液が糸のように体に付着して、数時間後には水泡(線状皮膚炎)を引き起こします


やけど虫の生息地は、ほとんど日本全国の田んぼや畑、川辺などの水気がある場所や草むらです。夜間には、街頭や室内灯の光に集まる習性があるので、屋内に侵入してしまう可能性もあります。


田んぼや畑、川辺が近所になくても、池や庭に溜めた水に生息する場合もあるので、田舎じゃないから安心と思わずに身の回りに注意しておきましょう。


アオバアリガタハネカクシは体長が7mm前後ととても小さく、黒とオレンジのボディーに短い羽根が特徴です。アオカミキリモドキは、オレンジ色の四肢と頭に光沢のある甲羅のような胴体をしており、10~16㎜程度の体長です。


どちらの虫も3月~11月にかけて活動し、6~8月の気温が上がり、蒸し暑い時期になると最も活発になります。なので、6~8月の夏が特に危険です!


子供に危険な虫が我が家の庭にも現れた! やけど虫アオバアリガタハネカクシThe insect which burns the skin




触ったら大変!やけど虫の症状は?

やけど虫に触れたり、やけど虫を潰したりすると、有毒な体液が体に付着して、数時間で痒みがあらわれ赤くはれて、水ぶくれとなり火傷した時のような痛みを感じるようになります。


一番危険なのは、数時間は何もないので、触れたことに気づかずに付着した箇所で他の体の部位を触ってしまい、被害が拡散してしまうことや、目をこすったりして炎症を起こしてしまうことです。最悪、失明に至ることもあるので、特に目をこするのは危険です。


また、症状がひどい場合は治っても、跡が残ってしまう場合もあります。火傷した時に痛みを感じるほどのものなら、シミのように跡になるのと同じですね。触ったと思ったら、むやみに体の他の部位を触らないようにしましょう。


【危険!!】やけど虫に要注意!全国で被害報告続出!



やけど虫に触っちゃった!どうしたらいい?


やけど虫に触っちゃった場合は、すぐに流水で手を洗いましょう。症状が出る前にしっかりと虫の体液を落とすことが重要です。


また、自分の近くでやけど虫を見つけた場合は、退治してもよいですがその場合は直接触らないようにしましょう。ティッシュを使うなら、3枚は重ねてくださいね。


死骸であっても直接触らないようにしましょう。また、潰した際には、テーブルや床など体液が付着していそうな場所もしっかりと洗ってください


基本的には、やけど虫に触れても、普通の火傷とおなじです。腫れてしまった場合はステロイド系の軟膏を塗ることで、1~2週間程度で治ると思いますが、重度の場合は皮膚科に行く方が良いでしょう。また、跡にならないようにすぐに対処したい場合も皮膚科で自分に合った薬をもらう方が良いでしょう。


やけど虫に触れないためにはどうしたらいい?


さて、やけど虫対策としては、まず水気のある場所や草むらに近づかないことが重要です。夏にもなると、川遊びが楽しい時期ですが、やけど虫がいる可能性があるので注意してください。


虫よけスプレーは有効?

やけど虫は蚊とは違い、普通の虫よけスプレーでは遠ざけられません。さらに、普通の殺虫剤や蚊取り線香でも効かないようです。


よくある網戸に吹きかける虫よけスプレーも効かないらしいですが、窓や網戸に吹きかけるタイプの忌避殺虫剤や噴射して退治するタイプの殺虫剤の中には、やけど虫に対応しているものもあるので、殺虫剤に抵抗がない方は探してみてください。


家の中へ侵入させない対策は?

他にも、家の中に侵入してこないように、室内灯を紫外線が少ないものにすることでも対策できます。換えるのが難しい場合は紫外線を遮断するフィルムを窓に貼るのもアリですよ。


市販の殺虫剤が苦手だという人には、アロマランプがおすすめです。ちょっと意外かもしれませんが、赤松や黒松、ヒノキなどが発するフィトンチッドという化学物質がやけど虫に有効なんです。というよりも、どんな虫でも弱らせることができるそうです。


なので、蚊取り線香代わりにアロマランプにヒノキの精油を垂らして使用するだけで、やけど虫も蚊もダニも弱らせて、殺すことができます。ちなみに、消臭や花粉症予防、殺菌にも効果的で、人にはリラックス効果を与えてくれるので、おすすめです!


アオバアリガタハネカクシ(やけど虫)|お家の虫を判定する|アース害虫駆除なん...
触ると体液が付着し、水ぶくれになってしまうアオバアリガタハネカクシ(やけど虫)には、「虫こないアース」シリーズがおススメです。アオバアリガタハネカクシ(やけど虫)の退治・予防・対策方法ならアース害虫駆除なんでも事典におまかせ!


【最後に】


やけど虫はとっても怖い虫ですが、きちんと対策を知っておけば、万が一触ってしまっても大事に至らないと思います。夏場は自然と遊ぶことも多いでしょう。そんな時は暑いかもしれませんが、きちんと肌を守って遊ぶようにしましょう。それだけでも、被害は抑えられます。


もしも、服にやけど虫が止まってしまったら、息を吹きかけて追い払うようにしましょう。やけど虫にはなるだけ触らないことを徹底して、夏を乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です