蚊取り線香はゴキブリにも効果があるのか調べてみた!結論は・・・?

スポンサーリンク
生活の知恵・裏ワザ
スポンサーリンク

家で見かけると本当に嫌になる黒いカサカサ動くもの……ゴキブリは、できれば発生してほしくない害虫の代表ですよね。

あんなに大きくて目立つのに隠れるとどこへいったか分からなくなる、駆除しようとしても素早い動きでなかなか捉えられない、ようやく殺虫剤をかけたと思ったのにまだまだ動く……と、どこを見ても嬉しくない存在です。

ところで夏の虫除けといえば「蚊取り線香」ですが、蚊取り線香はゴキブリにも効果があるのでしょうか?

もしあるとすればこんなにお手軽な対策もなかなかありませんし、積極的に使っていきたいところですよね。

蚊取り線香はゴキブリにも効果があるのかどうか、これからの季節の対策のためにも調べておきましょう!

スポンサーリンク

ゴキブリに蚊取り線香は効果はあるの?

最初に答えを言いますと「効果あり」で、蚊取り線香はゴキブリも含め、虫全般に有効です。

蚊取り線香に使われている有効成分の元は「ピレトリン」というもので、昆虫に対する殺虫効果が高く、逆に人やペットに対する毒性は低い成分です。

似た構造の化合物をピレスロイドと言い、ピレトリンを元に様々な特徴を持つピレスロイドが作られています。

蚊取り線香はこのピレスロイドが使われ、香りつきなど様々なタイプがありますが、特に広範囲やアウトドアでも使いたいという場合に強いタイプを探す場合は「太巻タイプ」がおすすめです。

断面が通常の2倍ですので広範囲に広がりやすく、外でも安心して過ごせます。

蚊取り線香は煙に有効成分が含まれていますので、有効成分が部屋に広まればすぐに効果を発揮します。

……とはいえゴキブリは蚊と比べると身体も大きく、煙を吸ったからと言ってすぐに動けなくなるわけではなさそうです。

まともに蚊取り線香の煙を浴びてくれたら、ピレスロイドは神経細胞の働きを阻害する効果があるので動けなくなる、もしくは動きが鈍くなるなどの効果は期待して良いと思います!

少なくともゴキブリなど虫が忌避するにおいであることにも変わりはありませんので、そういった意味でもゴキブリ対策に蚊取り線香をつけておくのはありかもしれませんね。

ゴキブリ専用の薬剤は本当にたくさんありますが、よく言われる「ゴキブリが耐性をつけている」など、全く効果を発揮しない印象を受けてしまうこともあります。

ひとつの方法だけでゴキブリを排除しようとするのではなく、蚊取り線香も含めた複数の対策でゴキブリを部屋に寄せ付けない方法を考えるのが一番だと思います!

そもそもゴキブリってどんな生き物?

ゴキブリの特徴といえば「ゴキブリ並みの生命力」などとも言われるほどの生命力、そしてすばしっこく逃げる行動力ですよね。

ゴキブリは暗くて暖かい場所や湿気や水気、エサの多い場所、狭い隙間などを好みます。

暗い場所を好むという特徴の通り、基本的には夜間に這い出して活動する性質です。

また雑食であるのも特徴で、ゴキブリのエサがない環境というのはむしろ難しいレベルです。

全国的に広まって生息しているチャバネゴキブリ、関東から九州に生息しているクロゴキブリ、九州や本州の一部と言った南の地方のみに生息しているワモンゴキブリ、東北から関西に生息しているヤマトゴキブリなどが存在します。

この中でも家の中でよく見かけるゴキブリは「チャバネゴキブリ」「クロゴキブリ」で、チャバネゴキブリは体長が10~13mm、クロゴキブリは25~30mmほどになります。

寿命はチャバネゴキブリが3ヶ月から半年、クロゴキブリが半年から一年と、ゴキブリがいない状況がなかなかないことがここからも分かりますね……。

詳しくは次の動画でもありますのでぜひご覧ください……と言いたいところですが、虫やゴキブリが苦手な方は注意してくださいね!

ゴキブリ百科 制作:東京文映

ゴキブリは住み着いた家庭の環境に順応して定着し、どんどん数を増やしていきます。

2~5週間で卵から羽化し、現代の住宅は冬でも室内が暖かいため、ゴキブリがいなくなることはありません。

またわずか1.5mmの隙間に侵入しますので完全に排除しようとしても難しく、また逃げられて分からなくなってしまうことも多々あります。

生命力も高く、また最近はゴキブリ用の薬剤に適応した「抵抗性ゴキブリ」という、薬剤が効きにくいゴキブリが増えています。

このように順応性が高く素早いのでどこにでも出現する可能性があり、駆除も難しいんですね。

ゴキブリはなぜ発生するの?原因と対策は?

ゴキブリが発生してしまう理由としては、まず最初にふたつほど考えられます。

ひとつはゴキブリが外から侵入すること、そして二つ目は室内に植え付けられた卵から増えていくことです。

二つ目はやっぱり「元々外から入ってきて植え付けたゴキブリがいる」ということなので、突き詰めると「外からの侵入」が原因なんですね。

ゴキブリは嗅覚に優れているので、良いエサや水場を求めて動き、部屋に入ってきます。

また一度入った部屋のにおいを覚える習性もあるので、一度覚えたにおいの場所に戻ってこようとすることもあります。

またゴキブリは極端に寒い場所(-5℃以下程度)になると生きていけませんし、7度以下の環境では成長が止まってしまいます。

もちろん乾燥した場所では生きていけませんので、湿度がある場所を求めて移動します。

エサを求めること、暖かい場所を求めること、湿度がある場所を求めること……これをほとんど解決する場所が屋内、そして「台所」なんですね。

台所でゴキブリを見る機会が多いのは当然のことで、ゴキブリはそこにあるエサや水、そして暖かい環境を求めて集まってしまっているんです。

発生してしまった場合は殺虫剤などで処理、またゴキブリホイホイなどで捕らえていくことになると思いますが、それはもちろん行うとして、それ以前に大切なこととして「侵入をふせぐこと」があります。

上下水道の隙間、通風口や換気扇の穴など、家屋にはどうしても穴がいくつかありますので、そういった場所をしっかり閉じられるようなフィルターなどで閉じておきます。

また窓を開けるときは網戸にしておき、ゴキブリが通れるような隙間を作らないことも効果的ですね。

しかしどこまで頑張ってもゴキブリはいつの間にか侵入していることがあります。

これは玄関を開けたほんの僅かな間に侵入していることもありますし、宅配などのダンボールにまぎれていることもあります。

家の中でずっとゴキブリを見ないようにするのはなかなか難しく、出入りできそうな穴を塞いだあとも緊急対策用の殺虫剤などは用意しておいたほうが安心ですね。

ゴキブリ以外にも蚊取り線香が効く害虫は?

蚊取り線香はゴキブリにも有効ですが、他にはどんな害虫を駆除できるのか気になりますよね。

基本的にほとんどの昆虫に効果がありますので、虫であれば効果があります。

コバエや毛虫などの害虫ももちろん同様ですので、夏場の虫除けとして一つ用意しておくと安心ですね。

ゴキブリは身体が大きいので、すぐに効果を発揮して動けなくなることはないかもしれません。

とはいえ効果がある煙であることは間違いないので、ずっと同じ部屋にいたら確実に効果はあると思います。

危険なのはカブトムシやクワガタなどを飼育している家庭で、もちろん昆虫ですので蚊取り線香を使ってしまうとカブトムシ達も危険です。

昆虫を飼育している家庭で使うことは避け、違う虫除け方法を考えましょう!

まとめ

何気なく使っている蚊取り線香ですが、効果があるのは蚊だけではなく、ゴキブリにも有効だということが分かりました。

むしろ虫全般に効果がありますので、カブトムシなどを買っているご家庭、また夏場などは子どもがカブトムシなどを持ち帰ることもあると思いますので、十分に気をつけてあげてくださいね。

蚊取り線香だけでゴキブリを排除することは難しいかもしれませんが、補助としては十分だと思います。

蚊やコバエにももちろん有効ですので、虫除けしたい夏場は積極的に使っていきましょう!

よく読まれている記事
生活の知恵・裏ワザ
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました