白目がぶよぶよになって焦った!コンタクトはつけていいの?原因と治療法まとめ

スポンサーリンク
オノマトペ
スポンサーリンク

目をこすったり、かいたりした後に、白目がはれて、ぶよぶよとゼリー状になる場合があります。

程度は個人差もありますが、まぶたをうまく閉じられないくらいに腫れてしまう人もいるそうです。

初めてこの症状が現れた時には、ちょっと慌ててしまいますよね。

白目がぶよぶよになる原因は何なのでしょうか。

眼科にかかったほうがよいのか、コンタクトレンズはつけても大丈夫なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

気づいたら白目がぶよぶよに!これって何!

白目のぶよぶよは、目を強くこすったときや、かいてしまった後に、よく起こる症状です。

白目の部分がぶよぶよとゼリー状になって水ぶくれになります。

症状の程度は人それぞれで、白目にほんの一部、しわが寄ったようになる場合から、黒目の周り全体が飛び出してしまって、まぶたがうまく閉じられないという人もいます。

これは「結膜浮腫」とよばれるもので、目をこするなどの刺激が原因で起こります。アレルギー性結膜炎がある人によく起こる症状です。

もともと、白目の表面には結膜という透明な膜がありますが、結膜は白目にぴったりくっついているのではなく、少し余裕があります。

この隙間に水がたまってむくんだ状態が、「結膜浮腫」です。

急性アレルギー性結膜炎による結膜浮腫

白目がぶよぶよ! コンタクトはしていいの?

コンタクトレンズを使用している人は、コンタクトレンズが原因で白目がぶよぶよになることもあります。

コンタクトレンズを使っていると、目が疲れやすくなったり、ドライアイの状態が続いたりして、目がかゆくなり、こすってしまうことがあるからです。

特に花粉症などを持っている人で、普段よくコンタクトレンズを使用する人は、適度に点眼するなどして、ドライアイをさけるようにしたいですね。

白目がブヨブヨになってしまった状態では、なるべくコンタクトレンズを使用しないほうが良いです。

コンタクトレンズの使用そのものが目にとっては負担になります。

眼鏡で過ごすようにしましょう。

どうしてもコンタクトレンズを使わないといけない場合は、ワンデー用の清潔なコンタクトレンズをつけましょう。

また、普段から、汚れた手でレンズや目の周りを触らないようにすることが、白目のぶよぶよ予防になります。

コンタクトレンズを清潔に保つことも重要です。

白目がぶよぶよ、治すには冷やすのが有効なの?

結膜浮腫はそれほど深刻なものではなく、少し時間がたつと、自然に腫れが引いてきます。

目を冷やすことも有効だとされています。

保冷剤などをタオルにくるんで冷やすと、白目の腫れとむくみがひいてきます。

保冷剤がない時は、水にぬらしたタオルでもよいです。

目を閉じたうえにタオルを置いて、しばらく安静にしていれば、たいてい腫れはおさまってきます。

アレルギー性結膜炎や花粉症は、かゆみを生じますが、ぐっと我慢してこすらないことです。

目をかくことが一番よくありません。

花粉症などのアレルギーを持っている方は、目薬を使用するのも有効です。

ただし、念のため、眼科を受診されるほうが安心でしょう。

ぶよぶよに気づいたらまずすべき事

白目がぶよぶよになっているのに気づいたら、まず、触らないことです

こすったりかいたりしないようにします。タオルなどで目とそのまわりを冷やします。

「結膜浮腫」は深刻なものではなく、タオルなどで冷やせば、そのうち緩和されます。

ただし、白目の腫れが全体でなく、一部であったり、腫れがひどい場合は、別の病気の可能性もありますで、眼科を受診しましょう。

結膜浮腫に似た症状の病気で、「結膜嚢腫」という病気があります。

これは、白目部分に袋のようなものが出来て、そのなかに液がたまって腫れるものです。

一般的には、袋の部分を切開して、中に溜まった液を排出する手術が行われます。

しかし、良性のものであれば、そのまま自然治癒を待つこともあるようです。

気になるときは、専門医の診察を受けておくと安心です。

白目のぶよぶよにならないためには?

8FotorCreated

白目がぶよぶよにならないための予防法は、汚れた手で目をこすったりかいたりしないことです。

目への物理的な刺激が、直接の原因になります。

ですから、まず目をかかないことが大切です。

そして、目のかゆみを引き起こす原因が、身の回りにないか確認しましょう。

目のかゆみを引き起こす原因を失くしていけば、白目のぶよぶよに悩まされることもなくなります。

花粉症や、アレルギー性結膜炎などでかゆみが我慢できない時は、目を洗ったり、目薬を利用するなどします。

花粉症の人は、外出時に眼鏡を使用することで、花粉が目に入るのを防ぐことができます。

花粉症用のめがねが市販されていますので、外出には使用するのがオススメです。また、外出先から帰宅した時は、かるく服についた花粉をはらってから、家に入るようにすると、部屋の中に花粉を持ち込むのを防ぐことができます。

コンタクトレンズを普段使用している人は、レンズを清潔に保つようにしましょう。ドライアイになりやすいので、適度にに点眼するのも良い方法です。

また、ハウスダストが原因で、目のかゆみを引き起こすこともあります。

部屋はこまめに掃除機で掃除しましょう。

空気清浄機も、ハウスダストを減らすにはとても有効です。

ペットを飼っていることが、ハウスダストの原因になっていることもあります。

あまりにかゆみがひどい場合には、ペットを飼うことを見直すのも必要かもしれません。

まとめ

白目のブヨブヨは、なってしまうとびっくりしますよね。

でも、たいていの場合は、時間がたてば腫れはひきますので、あわてて眼科に行く必要もありません。

大切なのは、目をこすったりかいたりしないことです。

特に、小さなおこさんの場合は自分で、かゆみを我慢できないですから、かゆみの原因になるものを取り除いてあげましょう。

ただし、腫れがひどい場合には、他の病気の可能性もありますので、医療機関にかかることをおすすめします。

よく読まれている記事
オノマトペ
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました