夏休みの工作!貯金箱は紙粘土で作ろう!作り方パーフェクトガイド!

スポンサーリンク

piggy-bank-760993_1280

子供が夏休みになると、お昼ご飯も毎日つくらないといけなくなるので大変ですが、さらに大変なのが、子供の夏休みの宿題ですよね


自由研究は日記も面倒ですが、自由工作も毎年となるとネタが尽きて大変ですね。

なるだけ、簡単に作れるものをお探しなら、紙粘土を使った貯金箱はいかがですか?

小学校中学年から高学年でもOKだと思いますよ。



スポンサーリンク

夏休みの自由工作は貯金箱を作ろう!紙粘土工作がおすすめの理由とは?

nendo_kaminendo

夏休みの自由工作の定番と言えば、貯金箱です。

子供が好きなデザインにすることができますし、作った後は本人に使わせて、お金の管理を楽しく学ばせる良い機会にもなるでしょう。

さらに、紙粘土での工作がおすすめなのは、安価で加工がしやすく、しかも安全で子供だけでやらせても安心なところです。

100均一でも陥入可能で、最近はとっても軽いものが販売されているので、扱いやすいんですよ。



紙粘土で貯金箱を作ろう!何をつくる?

maneki-neko-453124_1280

子供の自由な発想に任せるのが一番ですが、基本的に紙粘土で作る場合は土台となる容器が必要です。

空き缶が一番ですが、ペットボトルプラスチックのボールもおすすめですよ。


空き缶で作るなら、ホールケーキや招き猫、犬などの動物、もしくはマグカップ、ペットボトルなら、帆船やワニなどがおすすめですね。

ボールを使うなら、サッカーボールやラグビーボール、UFOなんてもユニークでしょう。



材料を準備しよう! 紙粘土貯金箱の材料一覧

gomi_akikan

紙粘土は100均一や文房具屋さんで購入可能です。

おすすめなのは、軽いものやすでに色がついているものです。

スポンサーリンク

他に必要な材料は土台となるもので、上記でも話したように空き缶ペットボトルプラスチックのボールなどがあればよいでしょう。

プラスチックのふたつきの紙コップガムなどが入っているボトルなども丁度良い大きさですよ。


色づけには、アクリル絵の具がおすすめです。

紙粘土にあらかじめ絵具を混ぜて使うと淡い色合いになってかわいく仕上がりますよ。


必要とあれば、ニスもあるといいでしょう。

ニスがない場合は、マニュキュア用のトップコートでも代用できますが、広範囲となるので、なるだけニスを探してみてください。

ニスも100均一や文房具屋さんで買えますよ。



紙粘土貯金箱、失敗しない作り方のステップ

紙粘土貯金箱を作る際に気を付けてほしいのは、土台となる容器に紙粘土を張り付けていく作業です。

最初は5ミリ程度の厚さにしてその状態で500円玉が入るほどの大きさの穴をあけておく必要があります。

乾いたら紙粘土は縮んでしまうので、500円玉の大きさの倍ほどの大きさで穴をあけておくと良いでしょう。

後から穴を調節するのは難しいので、このポイントは親御さんがしっかりとサポートしてあげてくださいね。


さらに、全体がしっかりと乾くには2~3日間必要です。

しっかりと乾いてから色を塗る様に心がけてくださいね。


【MoE】粘土で作ろう福猫貯金箱.wmv




【最後に】

piggy-bank-29154_1280

多くの人が子供の時に一度は工作で貯金箱を作るのではないでしょうか?

牛乳パックで作るのも定番ですが、紙粘土の方が凝ったデザインも作りやすいので、よりおすすめです。


最近ではもっと完成度の高いものが作れるように600円程度でキットも販売されています。

これを使えば、複雑な土台を使って作れるので、もっとかわいいものが作れますよ。

気になる方はぜひ探してみてくださいね。

スポンサーリンク