潮干狩り【愛知県】のおすすめスポット4選!美浜は無料なの?

スポンサーリンク


愛知県と言えば、潮干狩りスポットが豊富にある潮干狩りホットスポットですが、最近はあさりの生育不良や天敵による食害、貝毒の発生などであさりの数が激減しており、潮干狩りを中止にするスポットも多いんです。


2017年もそんな影響から、潮干狩りを中止にするスポットが出てくるかもしれません。なので、2016年に潮干狩りを中止にしなかった数少ないスポットをご紹介しますが、いつ中止になるか分からないので早めに行かれてくださいね。


スポンサーリンク

潮干狩り愛知県無料・おすすめスポット! 1:新舞子

中止の場所も多い2017年の愛知県の潮干狩りで、中止にならなかった数少ない無料スポットが新舞子です。新舞子マリンパークへと続く橋の下から北に広がる日長川の河口まで無料の潮干狩りスポットとなります。


天然のあさりを採取することができますよ。魚釣りができる施設もあるので、潮干狩りといっしょに魚釣りも楽しめますよ。採取できる時期は、3月下旬から8月下旬までになります。


トイレ・駐車場などの施設情報

無料ですが、トイレなどの設備はありません駐車場は多く用意されており、基本的には無料ですが、6月14日~8月31日までの期間は500円です。


アクセス情報

車で行くのに便利なスポットですが、電車でのアクセスもしやすい場所です。電車の場合は、名古屋鉄道常滑線新舞子駅から徒歩5分です。


潮干狩り 愛知県知多市新舞子




潮干狩り愛知県無料・おすすめスポット! 2:亀﨑海浜緑地

半田市の亀﨑港に近い場所にある亀﨑海浜緑地は、5月3日と5月4日の亀﨑潮干祭りの期間中以外は、無料で潮干狩りが楽しめるスポットです。


あさりを主に採取することができます。採取可能時期は、4月上旬から8月下旬までです。


トイレ・駐車場などの施設情報

亀﨑海浜緑地は、トイレも無料の50台分の駐車場もありますよ。ただ、海の家などはないので、道具のレンタルは不可です。


アクセス情報

電車で行かれる場合は、東海旅客鉄道武豊線亀﨑駅から徒歩15分です。

潮干狩りシーズンでも、さほど混雑せずに潮干狩りを楽しめるので地元の人に人気があるスポットですよ。


「亀崎潮干祭」の旅 その4 海浜曳き下ろし part1 2011/05/04



潮干狩り愛知県無料・おすすめスポット! 3:若松海水浴場

潮干狩りも楽しめますが、場所の名前の通り、海水浴場として人気があるスポットです。どちらもいっぺんに楽しめるので、レジャー施設として最適ですよね。大潮の干潮時には沖合約100mまである砂浜が現れるんだそうです。


あさりが採れるスポットですが、最近は貝の生育不良もあり、あまりとれないようです。採取可能な時期は、3月下旬から6月下旬までです。


トイレ・駐車場などの施設情報

海水浴場なので、1日1000円で300台収容可能な駐車場も、海の家もトイレも完備されていますよ。ぜひ水着も持参して楽しんでくださいね。


アクセス情報

アクセス方法は、名古屋鉄道・知多新線野間駅から徒歩15分です。周辺には民宿も何件かあるので、お泊りでのレジャーにも最適ですよ。


若松 潮干狩り場 海水浴場 知多半島の海



潮干狩り愛知県無料・おすすめスポット! 4:豊川河口

豊川河口は、豊橋市にある無料の潮干狩りスポットです。あさりの稚貝の宝庫とされており、地元の人には有名なスポットなんだそうです。


あさりや赤貝、はまぐり、マテ貝を採取することができます。採取可能時期は、3月下旬から5月下旬までです。このスポットでは、あさりは殻の長さが2.5m以下のものは採取禁止なので、気を付けてくださいね。


施設情報・アクセス情報

専用の駐車場はありませんが、周辺に数か所、少量ずつですが駐車場があります。電車で行くこともできなくはないですが、JR東海本線の愛知御津駅から徒歩約30分の場所なので、車で行かれた方が良いでしょう。


豊橋の豊川河口でマテ貝掘り



【最後に】


愛知県には無料じゃないけど、あさりの味噌汁を無料でふるまう特別サービス設備が素晴らしい潮干狩りスポットが多数存在しています。料金も潮干狩りが大人1人1000円、駐車代が500円ほどです。家族連れで潮干狩り体験を目的される場合なら、さほど高い買い物ではないと思うので、有料のスポットもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です