小学校の謝恩会で卒業生が歌う曲はこれで決まり!歌の選び方や練習方法は?

入学式・卒業式・卒園式・進級式・謝恩会・お別れ会

謝恩会では、保護者が出し物をすることも多いですが、卒業生たちにも何かを歌わせることが多いでしょう。1曲でも出し物として用意しておくと場が持つので良いと思います。ただ、その場合は、選曲がとても難しいんですよね。

子供と親では世代が異なりすぎて、子供が知らない曲になってしまうかもしれませんし、子供に合わせると場に合わない曲になってしまうかもしれません。

小学校の謝恩会で歌う曲の決め方は?練習方法は?

小学校の謝恩会で卒業生が出し物として、何かを歌うことは多く、ほとんどが定番の卒業式ソングになります。そのため、合唱コンクールで歌われるような曲であったり、教科書に載っているような曲になります。

しかし、多くの場合、卒業式でそれらの曲は歌われてしまっているので、ちょっと変わったチョイスが望まれます

おすすめなのは、一昔前の流行った曲です。そういった曲は楽譜が巷に溢れており、音源自体も手に入りやすいからです。ただ、この場合は、子供たちが知らない場合も多いので、選曲がとても難しくなります。

各自で練習して当日に合わせるレベルでの出し物であれば、ただ、流行っている曲を歌わせるのが一番です。アニメやドラマなどで流行った曲を選ぶのが一番です。

 

謝恩会で先生に向けて発表する歌のおすすめ4選!【小学校編】どんな歌が人気?

 

伴奏に関しては、カラオケのCD音源を流して、それに合わせて歌うのが一番手っ取り早いのでおすすめです。誰かがピアノで伴奏をしてもいいですが、その場合はどうしても1度や2度は全員での練習が必要になってしまいます。

どうしても、ピアノなどで伴奏をする場合は、集まれる人だけで練習させて、その子たちにリードさせましょう。

小学校の謝恩会で卒業生が歌うおすすめの曲 その1:レミオロメンの「3月9日」

現代の小学生にとっては、レミオロメンは古すぎてよく分からないと思いますが、「3月9日」の歌詞はとても良く、卒業式に友達との別れを惜しんで、歌うのにぴったりだと思います。

定番ソングと言えば、教科書に載っているような曲だと思いますが、それだと誰もが聞き飽きていることが多いですし、卒業式ですでに歌っている場合が多いので、ちょっと変化球で少し古い曲をチョイスすると、簡単に音源を探して来れるし、楽譜も手に入りやすいので、とても便利です。

また、カラオケ音源も探しやすいと思います。新しい曲には、カラオケ音源がない場合もあるので、少し古い曲がおすすめですよ。

Remioromen – Sangatsu Kokonoka ( レミオロメン 3月9日 )

Remioromen – Sangatsu Kokonoka ( レミオロメン 3月9日 )

小学校の謝恩会で卒業生が歌うおすすめの曲 その2:SMAPの世界にひとつだけの花

言わずと知れた名曲ですね。SMAPが解散騒動となった時にも、街中で耳にした曲なので、現在の小学生でも聞いたことがある曲の一つでしょう。

男性ボーカルの曲なので、高いキーが少なく、誰もが口ずさみやすいメロディーラインなので、歌いやすいと思います。

さらに、練習ができるのであれば、簡単な振り付けだけみんなでやっても素敵な出し物になると思います。

歌詞の内容も、これから中学生へとなっていく我が子たちに贈る応援ソングとしてぴったりだと思います。謝恩会でも定番の曲として知られているので、おすすめです。

世界に一つだけの花 – SMAP

世界に一つだけの花 – SMAP

小学校の謝恩会で卒業生が歌うおすすめの曲 その3:いきものがかりのありがとう

ありがとうの気持ちに溢れた歌詞が卒業式にぴったりだと、卒業式シーズンに歌われる曲の定番と化している、いきものがかりのありがとうは、女性ボーカルの曲なので、子供たちが歌いやすいキーだと思います。

いきものがかりは根強い人気なので、子供でも知っている人は多いと思います。子供たちに歌わせると、親御さんも先生たちも感動してくれることでしょう。また、友達へのありがとうの気持ちも込めることができるでしょう。

素敵な歌詞なので、子供たちにはぜひ歌詞をきちんと知った上で歌ってほしい曲ですね。

ありがとう – いきものがかり

ありがとう – いきものがかり

【最後に】

 

小学生くらいだと、まだまだ保護者達が主導で用意することが多いので、選曲は難しくなりますが、なるだけ子供たちが聴いたことがある曲を選べるようにしたいものですね。また、きちんと卒業式に合うようなすてきな歌詞の曲を選べるように、ぜひいろいろ吟味してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました