小学校の学級スローガン例!四字熟語・英語・おもしろスローガンまとめ!

スポンサーリンク


学級目標と言うものは、小学生なら毎年もしくは学期ごとに決めなきゃいけないことが多いでしょう。何年もやっていると、5~6年になると、学期ごとに決めろと言われつつも、「前回と同じに賛成」でクラス全員が一致して数秒で話し合いが終わることもありますね。


あんまり同じままにしすぎて、先生に変えろと言われたら、何にするか悩むこともあるでしょう。また、他のクラスが気合を入れて作っていると、面白いものやかっこいいものにしたいと思うこともあります。
そんな時に参考になるようなスローガンをまとめてみました。


スポンサーリンク

クラスの団結を促し、行動指針となる小学生らしいスローガン、作り方のコツとは?

まず、そもそも学級目標ってどうやって考えればいいのか分からないと言う人もいるでしょう。考え方としては、最初に現在の自分のクラスがどんな状態かを書き出して、現在の状況を把握するのが大事です。書き出してみれば、どこを改善すべきなのか見えてくるでしょう。


そしたら、今度はどんなクラスになればいいと思うのか、一番の問題点が何か決めましょう。問題点がどれか決まったら、それに沿ったかっこいい、もしくは分かりやすい、覚えやすいスローガンを考えてみましょう。


スローガンはふとした時にクラスのみんなが思い出しやすいもの口に出しやすいものがベストです。なので、短い方がいいですし、語呂が良くて言いやすいのも重要です。また、教室に書いてあって目に入った時に読みやすいのも大事だと思います。


なので、かっこいいからと言う理由で、難しい四字熟語や読めない英語で書いても、あまり意味がないかもしれませんね。でも、シンプルで簡単であれば、英語でも漢字でも良いと思います。


【学級目標の決め方!】4月に決めるのは正解?(学級づくり)




小学生らしい学級スローガンのヒント:四字熟語・漢字


四字熟語漢字は一文字から目標を書くことができるので、とてもシンプルで覚えやすいのが、最大のメリットだと思います。いくつか定番を挙げてみましょう。


笑顔

元気

努力

一日一善(一日に一度は善い行いをすること)

一致団結(特定の目的のために、皆が協力し合うこと)

有言実行(口に出したことは必ず行うこと)

異体同心(体は別でも心は一つであること)

日進月歩(毎日少しでも進歩するように努力すること)


小学生らしい学級スローガンのヒント:英語


英語にする場合は、とにかくクラス全員が意味を理解していることが大切です。また、カタカナで読みを書いたり意味を日本語で書いておく工夫も必要だと思います。ただ、とてもかっこいいですし、短くまとめることもできるでしょう。


Do your best (全力を尽くす)

One for all, all for one(一人はみんなのために、みんなは一人のために)

peace & smile (平和と笑顔)

Learn from friends(友達から学ぼう)

Be positive and try anything(前向きに、なんでもやってみよう)

Never give up!(決してあきらめるな)

Time is money!(時は金なり)


小学生らしい学級スローガンのヒント:おもしろ・ユニーク


・顔文字で表現!

かなりふざけたアイディアなので、学校の先生に怒られたら止めた方がいいですが、分かりやすいですし、目につきやすいスローガンになります。顔文字と言葉で書くとより分かりやすいですね。


みんな笑顔」や「みんな仲良し」→\(≧▽≦)/

ちゃんと手を上げる」や「ちゃんとあいさつをする」→(・ω・)ノ

分からない時はちゃんと質問しよう」→(´・ω・)? などなど。


・あいうえお作文

例えば、「きずな」という軸となる文字を決めておき、さらにそれぞれの音を頭文字にした目標を書き出すというものです。複数の目標を書くことができますし、見た目もかっこいいと思います。

……きちんとあいさつ
……ずっと仲良し
……なんでもトライ!


【最後に】


いかがだったでしょうか?いろんな方法があると思いますが、大事なのは、クラスの全員が納得して、クラス全員が掲げられる目標であることです。一部の人にしか意味がないもしくは響かない目標では意味がないので、反対意見が出た場合は、合体させてみたり、複数にしてみるのもいいでしょう。




日々の学校生活で意識できる素敵な学習目標をぜひ考えてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です