雨の日に革靴はやだ!手入れ方法を覚えておけば1足しかない革靴も大丈夫!

梅雨・雨

梅雨でジメジメして嫌ですね~。

しかしこんな季節でも男性はスーツを着て、革靴を履いて会社に行かなければなりません!

そんな会社勤めの男性向けに梅雨の季節だからこそ知っておきたい、雨の日に履いて濡れてしまった革靴のお手入れ方法を調べたので紹介します!

そもそも雨の日に革靴は履いても大丈夫?

3FotorCreated

梅雨の季節、雨の日に革靴を履くのはためらわれますよね。

でも、ビジネスシーンでスーツを着なくてはならない時など、やはりある程度の格好のよい靴を履きたいものです。

雨の日に履く靴選びというのは難しいものです。

撥水スプレーをすれば、ある程度はましになりますが、でも完璧に防水が出来るわけではありません。

結局は、水の浸入をできるだけ軽減できる素材の靴を選ぶことが大切です。

今は防水に優れた靴でデザイン性が高い靴もたくさん販売されていますよね♪

素材については撥水加工のされたものを選びます。

本革と合成皮革では、合皮の方が防水性や吐いた後の手入れの簡単さの点で優れていると言えるでしょう。

意外と雨に強いのがスウェードの靴。

実はスウェードの靴は、本来雨の日に履くことを目的として作られたのだそうです。

スウェードの靴に防水スプレーをすると、雨をはじいてくれます。

普段のお手入れも簡単なので、スウェード靴はおしゃれに取り入れたいアイテムのひとつです。

雨の日に革靴をはいたら白い斑点が、、、、この正体は?

1FotorCreated

雨の日に履いた革靴を放置しておくと、白い斑点ができることがあります。

これ、実は塩分なんです。

革靴はその製造工程に入るまえに塩漬けの状態で保存されています。

そのため、革の中には塩分などのミネラルが含まれているのです。

また、足の汗からのミネラルもあります。

革が一度水分を吸って、乾燥すると、これらのミネラルが表面に現れ、白い斑点になることがあるのです。

雨の日にはいて濡れてしまった靴、どのようにお手入れをしたらいい?

雨で靴が濡れてしまったら、まず帰宅後にすぐ乾いた布で水分を拭き取ります。

色むらやキズが付くこともあるので、拭くときは上から押さえるようにします。

靴の中が湿っていたら、新聞紙を詰めて水分を取ります。

ただし、靴の水分で濡れた新聞紙をそのまま放置しておくとカビが生えることもあります。

新聞紙は30分ぐらいしたら取り除き、まだ靴が濡れているようだったら、新しい新聞紙を詰めなおします。

出来れば、段差のあるところでかかとを浮かした状態で乾かしましょう。

そして、ある程度乾燥させたら、通常のお手入れとおなじか少し多めの乳化性クリームを塗っておきます。

こちらの動画も非常に参考になります。

【阪急メンズ大阪】2014年11月 プロが教える靴のお手入れ方法 雨の日のお手入れ

雨で中がびしょびしょに!! なるべく早く乾かす方法とは?

雨で濡れてしまった靴を早く乾かすには、まずタオルなどで表面の水をふきます。

そして、中敷きがある場合は、中敷きを外して別々に乾かしましょう。

新聞紙を靴の中に詰めて、かかとを下にして縦に立てかけて乾かすと早く乾きます。

このとき、つま先を下にすると、重さで靴が変形してしまうことがあるので注意します。

また、ドライヤーやヒーターで、熱を加えてやるのも早く乾かせますが、あまり熱しすぎると靴を傷めてしまいます。

まとめ

2FotorCreated

いかがでしたでしょうか?お手入れ方法を知っておけば雨の日でも安心ですよね!

最低限防水スプレーは手に入れておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました