豚汁を夏場に大量に作った!保存方法は?冷凍保存ってできるの?

スポンサーリンク
料理・レシピ
スポンサーリンク

よく夏バテになって食欲がなくなる人がいると思いますが、そんな時こそ、野菜もお肉も入っている栄養素たっぷりの豚汁はぴったりですよね。

健康を考えてたくさん作ったのはいいけど、食べきれなくて保存を考えている場合、どんな方法がベストでしょうか?

気になりますよね。

そんな時にぜひこの記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

豚汁を夏場にたくさん作ってしまった!保存は常温?それとも冷蔵?

夏場ってすぐに腐っちゃいますよね。

せっかく作ったのに、腐ってしまったらとっても悲しいですよね。

そんな時にはタッパーに入れて、冷蔵庫の中で、冷蔵保存するのが一番です。

冷蔵保存なら食材の食感を悪くすることなく安全に保存できますよ。

豚汁の作り方 Pork miso soup

保存した豚汁をつくりたてのように美味しくいただくには?

nutrition-1206476_1280

冷蔵保存にした場合でも、安全においしく頂くには、3日までが限度だと思います。

より長い間保たせる場合は、鍋に入れてしっかりと熱することが大事ですが、なんども煮込むとはやり煮詰まって味が落ちてしまいます。

冷蔵保存で、食べるだけをレンジで温めるくらいが良いと思いますよ。

豚汁は冷凍保存可能?

先ほどまで、冷蔵保存をお勧めしていましたが、冷凍保存も可能ではあります。

しかし、冷凍保存する場合は、冷凍に向かない食材は避けなければなりません。

例えば、こんにゃく大根です。

豆腐も入れない方が良いでしょう。

こんにゃくと豆腐はすかすかした食感になってしまうので、特におすすめしません。

具材としては、根菜類を中心に入れて下さい。

冷凍保存する際は、袋ではなく冷凍保存用のタッパーに一杯ずつしっかりと熱した状態で入れて、粗熱をとってから冷凍庫に入れるとよいでしょう。

冷凍保存の豚汁をできたてのように美味しくいただくには??

冷凍した豚汁を解凍する場合は、タッパーごとレンジで一分半ほど温めた後に、鍋に入れて温めなすとおいしく解凍できますよ。

さらにおいしくしたい場合は、冷凍保存するために入れなかった具材の豆腐やこんにゃく、だいこん、にんじんを柔らかくした状態で加えて、少し煮込めばよいでしょう。

最後に

いかがでしたか?

こんにゃくやとうふは豚汁には欠かせない食材なので、冷凍保存に向かないからといって入れないのは物足りないでしょう。

そう言う場合は、ぜひ解凍した際に加えてひと煮立ちさせて好みの味にするとよいでしょう。

しかし、後から具材を加えるのは面倒なので、冷蔵保存で早めに食べてしまうことをおすすめしますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました