顎下・顎の付け根にできたしこりが痛い!虫歯が原因かも!その理由とは?

スポンサーリンク
健康・美容・ファッション
スポンサーリンク

あごの下に触れるとしこりがあったことってありませんか?

突如現れるこのしこり、痛みがあると気になって余計に触ってしまいますね。

正体不明のようなしこりも、ちゃんと原因があるんです。実はそのしこり、虫歯が原因かもしれません!

今回は、顎の下にできるしこり、その原因と理由についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

顎下・顎の付け根にできたしこりの原因、それって「虫歯」かも!?

2

まずしこりができたら疑いたいのは「虫歯!」

忙しいからと、痛みがある歯を放置していませんか?

もし、虫歯をそのままにしていたり、治療しかけの歯があるなら、虫歯が原因である可能性があります。

虫歯が原因の理由

虫歯を放置すると、虫歯菌は少しずつ歯を蝕んでいきます。

そして歯でおこっている炎症も進行し顎の骨まで達してしまうのです!

膿がたまっている可能性もあり、早期治療が必要とされています。

虫歯が原因のしこりなら、治療後に徐々になくなっていくでしょう。

しかし、虫歯が原因ではない可能性もありますので、しこりが取れないようなら総合病院などで診てもらうことをおすすめします。

虫歯以外に原因があるかも!3つのしこりの原因と対処法

イラストACラフ2

そしてしこりの原因は他にも3つあります。

虫歯が考えられない場合は、この3つを参考にしてみて下さい。

リンパの腫れ

原因:細菌やウイルスなどがリンパ腺に入り炎症をおこす

(風邪やストレス、疲れなどによるもの)

対処法:体調不良が完治すれば自然と治る

痛み:触ると痛む

アテローム(粉瘤)

原因:皮膚の中に老廃物がたまり、老廃物が溜まった空間ができる

(膿からは悪臭を伴う)

対処法:皮膚科で切開し、老廃物のポケットを取り除く

痛み:痛みはあまり感じない。炎症をおこすと痛む場合も。

筋肉のコリ

原因:顎の筋肉の疲労。歯ぎしりや食いしばりが原因の場合も

対処法:顎を動かすことでコリをほぐす

歯ぎしりや食いしばりはマウスピースなどで対策を

痛み:動かすと痛い

ついつい触ってしまう!しこりを押したり触ったりしてもいいの?

4

体に異変がおきると、気になってついつい触ってしまいがちですよね。

特に顎下のしこりは、ふとした時に手をもっていきやすく、無意識に触ってしまうことも…。

でもこのしこり、触ってしまっていても良いのでしょうか。

しこりの原因は虫歯、リンパの腫れ、アテローム、筋肉のコリと4種類の原因がありました。

しかし、明らかに風邪や歯ぎしりなどが原因とわからないうちに自己判断するのは危険です。

原因が思い当たらず痛みのないしこりが長期間ある場合最悪のケースだと悪性腫瘍である可能性があるのです。

原因がまだ明らかになっていた状態で、しこりをコリコリと触ってしまうのはNG!

内部でおきている炎症をより刺激してしまうことにもなります。

あくまでもお医者さんに判断してもらうまでは、触りすぎないように気をつけましょう!

しこりの原因を知りたい場合は何科を受診すればいい?

5

ではしこりを診てもらうには、病院の何科がベストでしょうか。

原因がわからないものの受診って、何科にかかればいいのかよくわからないですよね。

ズバリ!顎のしこりでかかるべき病院は、耳鼻咽喉科です。

顎の下・顎の付け根に感じている異常なら、ちょうど喉のあたりですよね。

内科などでも問題ないかもしれませんが、耳鼻咽喉科にかかっておけば間違いありません。

しかし原因が分かっている場合はこの限りではありません。

虫歯、口内炎が原因…口腔外科

アテローム(粉瘤)…皮膚科、形成外科

悩む場合は、とりあえず耳鼻咽喉科にかかりましょう。

時間はかかるかもしれませんが、複数の専門医がいる総合病院で診てもらうのも手ですよ!
6

まとめ

顎のしこりの原因は4つ!

・虫歯
・リンパの腫れ
・アテローム(粉瘤)
・筋肉のコリ

※ 原因は様々!痛みあるなしに関わらず、触り過ぎないように!

受診すべき科は?

・原因不明…耳鼻咽喉科
・虫歯…口腔外科
・粉瘤…皮膚科、形成外科

いかがでしたでしょうか。

顎下のしこりの原因には様々なものがあるんですね。

確かに口内炎がものすごく痛いとき、顎下にしこりができていた気がします。

気になって触ってしまうんですよね…。

顎下のしこりの原因に、思い当たるものはありましたでしょうか??

思い当たる理由がなく原因不明な場合は、早めに病院で診てもらって下さい。

早くなくなると良いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました