津和野の鷺舞神事2019みどころ完全ガイド!優雅な白鷺の舞に酔いしれよう!

7月のお祭り

島根県の津和野市で毎年行われている神事として「鷺舞」というものがあり、長く続いている伝統行事として知られています。

鷺舞は京都発祥ですが現在「鷺舞」と言うと津和野の鷺舞を指していることが多く、華やかでありながらも厳格さも感じさせられる、美しい舞なんですね。

また津和野の鷺舞では鷺舞一行が津和野の街を練り歩く、そしてその道中で鷺舞を披露するということで、観光客にもとても人気があります。

ぜひ津和野の鷺舞についてもっと詳しく知っておき、一度見に行ってみてはいかがでしょうか!

津和野の7月の風物詩 鷺舞神事とは?

毎年祇園祭りの日が鷺舞の日と決まっています。

開催日時:
渡御:2019年07月20日(土)15時00分〜
環御:2019年07月27日(土)15時00分〜

開催地:弥栄神社ほか町内各所

毎年祇園祭りの7月20日(渡御)と27日(環御)に町内11ヶ所の昔から定められた場所で舞われ、京都の弥栄神社祇園会から山口へ、山口から津和野へと伝えられました。

津和野祗園祭 鷺舞(さぎまい)神事 2010年7月20日 島根県津和野町

津和野祗園祭 鷺舞(さぎまい)神事 2010年7月20日 島根県津和野町

鷺舞が伝えられたのは400年もの昔、その後京都発祥の神事ではありますが現在まで消えてしまうこともなく、毎年奉納され続けています。

そんな津和野の鷺舞は国の重要無形文化財にも指定されていて、「津和野の鷺舞」として知られているのも納得ですね。

「日本にただひとつ残る鷺舞」として知られている津和野の鷺舞ですが、津和野の鷺舞神事では津和野の街を練り歩き、その道中で鷺舞を披露するので簡単に見ることが出来ます。

伝統ある鷺舞を一目見ようと、津和野の鷺舞は地元の方だけではなく遠方からもたくさんの観光客が訪れます。

観光としても長い伝統を伝えているという誇りとしても津和野の鷺舞は地元の方にとって大切で、これからも伝えていきたいものなんですね。

鷺舞神事|観光情報|山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ
三方を海に開かれた本州最西端の地 山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ

アクセス情報

弥栄神社

公共交通機関:JR津和野駅から徒歩で10分

車:中国自動車道六日市ICから車で約60分

そもそも白鷺ってどんな鳥?

「鷺舞」として美しい白鷺が舞うような舞を見ることが出来る津和野の鷺舞ですが、そもそも白鷺とはどのような鳥なのかご存知でしょうか。

白鷺とは名前の通りサギ科のうちでも全身がほぼ真っ白のサギのことであり、厳密に言うと「白鷺」という分類があるわけではありません。

日本ではダイサギやチュウサギ、コサギ、カラシラサギ、クロサギなどの白いサギのことを指し、実は「白鷺」といっても幅も広いんですね。

白鷺の多くは他のサギと同じ場所にいることが多く、栄養豊富な水域でよく見かけることができます。

「水のある場所にはサギがいる」と言ってもいいほど各地に生息しているので、「津和野に鷺舞が伝わっているから津和野に白鷺が多い」というわけでもないんですね。

城下町に響く鐘の音と、優雅な白鷺の舞

津和野の鷺舞は弥栄神社の例祭に合わせて7月20日、そして27日に行われると決まっていて、鷺舞行事は「頭屋」と呼ばれる人物が執り行います。

頭屋は舞を奉納する主役ですが、その他舞を演じる舞方、お囃子などの楽器をかき鳴らす囃方、唄う唄方、そしてこの行列を警護する人など合計20人になります。

鷺舞とは言いますがこの白鷺は「鵲(カササギ)」であるとも言われていて、舞も七夕伝説の織姫と彦星のために天の川に桟を渡したものを表現しています。

鵲は黒いものですが当時京都では鵲を見ることはなく、傘をかぶった白鷺=鵲と見立てて表現したのですね。

頭屋は毎年別の人物が受け持ち、そのため27日の還御の日を終えると翌年の頭屋を決めるための引き継ぎも行われています。

また鷺舞に合わせた女子の「子さぎ踊り」も奉納されていますが、こちらは子ども達に伝統行事への関心を持ってもらうため、地元小学校の3~6年生の児童から選ばれて奉納することになっています。

津和野弥栄神社の鷺舞 弥栄神社 2016年7月20日

【津和野弥栄神社の鷺舞】津和野の鷺舞 2016 弥栄神社 Sagimai Heron Dance Festival, Tsuwano

その他 鷺舞神事のみどころ3選!

せっかく津和野の鷺舞を見に行くのですから、様々な見どころも是非事前に把握しておき、見逃さないようにしておきましょう!

見どころ1:子鷺舞

先程少しお話した通り津和野の鷺舞では子ども達へ伝統行事への関心を持ってもらうため、小学生女子による子鷺舞も見ることが出来ます!
とてもかわいらしい子鷺舞、ぜひこちらも見逃さないようにしてくださいね!

子鷺舞   1991/08/01   津和野駅前

子鷺舞   1991/08/01   津和野駅前

見どころ2:行列

津和野の鷺舞はもちろん舞っている姿もおすすめですが、町内各所に移動するための行列も様々な衣装をじっくり見る機会であり、おすすめです!
事前にルートなどもある程度把握しておき、様々な方向からじっくり見られるようにしておくと更に楽しめると思いますよ!

平成29年7月 津和野鷺舞神事

平成29年7月 津和野鷺舞神事

見どころ3:鷺舞

やはり津和野の鷺舞は鷺舞を見るのが本番、また合わせて楽しめるお囃子や唄なども見どころです!
舞とお囃子、唄すべてが合わさって津和野の鷺舞の魅力となっていますので、ぜひ最初から最後までゆっくり見てくださいね!

2013.7.20. 津和野 鷺舞神事

2013.7.20. 津和野 鷺舞神事

まとめ

津和野の鷺舞は昔からの伝統を守った古典であるということ、見た目の美しさや華やかさ、そして合わせて感じる厳格さなど、一言では言い表せない魅力があります。

開催日時:
渡御:2019年07月20日(土)15時00分〜
環御:2019年07月27日(土)15時00分〜

実際に目の前で舞う姿、音楽と合わせてぜひご自分の目で見ていただき、本物の津和野の鷺舞を楽しんでいただければと思います。

ぜひ今年の夏は島根の津和野に、長い歴史を持つ津和野の鷺舞を見に行ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました