厄払いを神社で!埼玉で人気の厄払いの御利益神社3選!マナー・お作法も!

スポンサーリンク
お寺・神社・教会
スポンサーリンク

厄年になると、やはり信仰が薄い人でも気になりますよね。

埼玉県で厄払いをしてくれる神社を3つ(秩父神社、川越氷川神社、高麗神社)ご紹介しましょう。

気持ち的なことですが、お正月から節分にかけての期間に一度、お祓いに行くようにしましょう。

スポンサーリンク

そもそも厄年・厄払いとはどんな風習?厄払いの作法は?

厄払いの風習は、平安時代から始まっているとされ、特定の年齢になると、神社で厄除けをしてもらうのが一般的です。

男性と女性で厄年が違うのも特徴で、男性の場合は42歳、女性の場合は33歳の厄年が特に重要と言われています。

厄払いを行ってもらう時期としては、年明けから節分までの期間が一般的です。

また、誕生日の1か月前というのもあります。

お祓いをしてもらう時は、正装が必須ですので、スーツ姿かワンピースにしましょう。

のし袋は、紅白の水引のついたもので、神社の場合は「玉串料」「御初穂料」と書いて、お寺の場合は、「お布施」と書きましょう。

埼玉人気厄払い神社3選!:その1.秩父神社

秩父市にある秩父神社は、江戸時代初期の建築様式であることから、埼玉県の有形文化財に指定されています。

毎年12月3日行われている秩父夜祭として、国の重要無形民俗文化財に指定されており、日本の三大曳山祭の一つとしても数えられていますよ。

参拝日・時間:5:00~20:00 年中無休

参拝料:無料

各種参拝・祈願のお申し込み:毎日朝9時~夕方4時半まで随時受け付けております。ご希望の方は、ご本殿前「授与所」にてお申し込み下さい。

祈願料:5,000円より

場所:埼玉県秩父市番場町1-3

秩父神社

公共交通機関:秩父鉄道秩父駅より徒歩3分。西武秩父線西武秩父駅より徒歩15分。
車:関越自動車道 花園I.C.より約30km。

駐車場:あり(無料)

電話:0494-22-0262

秩父神社 公式ホームページ

秩父神社

秩父神社 Chichibu Jinja (平成23年6月6日)

埼玉人気厄払い神社3選!:その2.川越氷川神社

埼玉県川越市にある川越氷川神社の主祭神は、スサノオノミコトです。

さらに、縁結びの神様として知られるオオナムチノミコトなどは5柱の神様も祀られています。

5柱の神々は家族であることから家族円満のご利益があり、2組の夫婦神様が祀られていることから夫婦円満や縁結びのご利益もありますよ。

祈祷受付時間:9:00~17:00 毎日

祈祷料:お気持ちの額を熨斗袋に包んで持参(5,000円程度から)

場所:埼玉県川越市宮下町2-11-3

川越氷川神社

公共交通機関:東武東上線川越駅(本川越駅)から
東武バス上尾駅西口行きほか(埼玉医大経由)「宮下町」下車1分
東武バス神明町車庫行きほか(蔵のまち経由)「喜多町」下車徒歩5分
小江戸巡回バス「氷川神社前」下車徒歩0分
小江戸名所めぐりバス「宮下町」下車徒歩0分
車:川越ICから車で20分

駐車場:あり(無料)

電話:0494-22-0262

縁結びの神様 川越氷川神社 公式ホームページ

縁結びの神様 川越氷川神社:安産、お宮参り、戌の日
縁結び、結婚、良縁、川越、安産、お宮参り、川越まつり、厄除、婚活、七五三、:川越氷川神社です。

縁むすび風鈴 〜川越氷川神社〜

埼玉人気厄払い神社3選!:その3.高麗神社

高麗神社(こまじんじゃ)日高市にある神社で、高麗王若光をご祭神としています。

子孫繁栄、家内安全、延命長寿、病気平癒、子授け、安産などのご利益があると言われています。

また、この神社に参拝後に内閣総理大臣になった政治家が多いことから、出世名神として、世界からも注目されているスポットで、世界中から多くの人々が訪れていますよ。

参拝は24時間で無料です。

祈祷受付時間:8:30~17:00

祈祷受付場所:参集殿2F

玉串料(祈願料):お考えでお納め下さい

祈願所要時間:15分~20分ほど

場所:日高市新堀833

高麗神社

公共交通機関:JR川越線・JR八高線「高麗川駅」から徒歩で25分
車:首都圏中央連絡自動車道「狭山日高」ICより約25分。関越自動車道「鶴ヶ島」ICより約30分。

駐車場:あり(無料)

電話:042-989-1403

高麗神社 公式ホームページ

高麗神社
高麗神社,高麗,日高市,建都1300年,お祓い,結婚式,獅子舞,例大祭,埼玉県,パワースポット,

出世明神 高麗神社

まとめ

 

厄年は数え年でやるものなので、間違えないようにしましょう。

地域によって厄払いの風習は異なり、厄年から3年間はお祓いに行った方がよいとする地域もあります。

よく分からない場合は、自分の地域のお寺や神社に問い合わせをするようにしてくださいね。

よく読まれている記事
お寺・神社・教会
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました