離婚寸前の夫婦の特徴は?離婚寸前になってしまった原因は?離婚寸前から修復方法は?

6月のお祭り

離婚する夫婦の特徴を調べれば、離婚寸前でも改善して、離婚を逃れることができるかもしれません。

離婚する原因はさまざまでしょうが、多くが性格の不一致やコミュニケーション不足と言われています。愛し合ってきちんと悩んで結婚したのですから、改善させればきっと関係を修復できることでしょう。

じっくり観察すればわかる!離婚寸前夫婦の特徴は?

最初に語った通り、離婚する原因として、性格の不一致やコミュニケーション不足が挙げられます。相手が浮気をしていたとしても、それはコミュニケーション不足が根源にあるでしょう。

夫婦とは家族になることです。同じ通帳を使い、同じ家に暮らすことです。それができない夫婦は相手のことを思いやる気持ちが欠けています。なので、事後報告になりがちです。相談せずに決めてしまうと、相手に不信感を抱かせてしまい、最終的には離婚となってしまいがちです。

さらに、相手にきちんと謝ることができない夫婦も危険です。謝ることができると言うことは、お互いを尊敬し合い、対等に思っていることを意味します。

助け合うことができない夫婦も危険ですね。相手の家族に何か問題が起きた時に、自分の家族だろ、自分で何とかしろ、などと言われては、なぜ夫婦になったのか分かりませんね。さらに、相手の話をきちんと最後まで聴こうとしない場合も同じです。コミュニケーションを取ろうと言う構えが見られないので、離婚に至りやすいです。

結婚前にわかる?離婚しやすいカップルの特徴【恋愛成就応援団】【みやびももか】【ももちゃんねる】

結婚前にわかる?離婚しやすいカップルの特徴【恋愛成就応援団】【みやびももか】【ももちゃんねる】

きっかけは些細なこと!?離婚寸前になってしまった原因は?

離婚の原因として、日々のすれ違いから発展するケースがほとんどですが、ほかにも、どちらかの浮気癖浪費癖親との親密な仲が原因と言うこともあり得ます。浮気癖や浪費癖は付き合っている段階から探れるものです。一度でも、はっきりと明るみに出たのであれば、その相手は結婚相手にはふさわしくないでしょう。

他にも、家に帰ってこない家にお金を入れない気性が激しいなども離婚の原因の上位に上がります。家に帰ってこないのは、すでに離婚が秒読みの状態ですが、そうではなくても、しょっちゅう帰りが遅かったり、休みもいっしょに過ごしてくれない、家族との時間を大切にしてくれないなどの理由で離婚する夫婦は多いものです。

家にお金を入れないもしくは、完全にお金を分けてしまい、必要最低限のお金をお互いが共同で使う通帳に入れて、後はノータッチ、お互いの貯金額を知らないという夫婦も初めから関係がドライであるために、支え合うのが苦手であるため夫婦として長続きしません。

離婚理由ランキング10夫の理由10妻の理由10

離婚理由ランキング10夫の理由10妻の理由10

離婚寸前から修復することは可能?どうやって修復をする?

もちろん、離婚寸前でも、きちんとお互いが話し合って、解決をする姿勢があれば、関係を修復することができます。もしくは、一度離婚して、別々に暮らして、もう一度いっしょに暮らしたいかどうかを考えてみるのも効果的だと思います。

離婚寸前で関係を修復したい場合は、お互いが不満に思っていることを紙に書いて交換して、熟読し、どうやって改善できるかを真剣に考えるといいでしょう。紙に書くことで、口頭で伝えると喧嘩になることも冷静に伝えることができます。

改善期間を設けて、お互いに関係を修復することに努めてみましょう。この時に大切なのは、お互いが真剣に、関係を修復したいと思っていることです。どちらかが諦めてしまっていると、改善は難しいです。

子供ができたことで離婚を留まる夫婦もいますが、改善する努力をしない場合は、結局数年後に離婚して、子供に片親の家庭を与えることになります。

離婚回避して関係修復するための3つのステップ(1)

離婚回避して関係修復するための3つのステップ(1)

せっかくジューンブライドをしても。。。結局離婚をする夫婦の特徴は?

 

ジューンブライドにこだわるカップルは多いですが、離婚する時は離婚するものです。お互いを思いやる心がないと夫婦仲は続きません。きちんと、挨拶をしたり、ちょっとした会話をしたり、冗談を言い合えたりするだけで離婚の危機を回避できるものです。

夫婦なのですから、お互いが相手を支え合って、きちんとなんでも話せる関係を築き上げておけば、大丈夫です。子供ができたら、なおのこと、夫婦は子育てにおいて、チームを組んで取り組むべきです。どちらかに重点を置いてしまうと、そこからほころびが出て、関係を悪化させてしまいます。

子供が何かを相談してきたら、すぐに配偶者にそれを伝え、両親の意見として、子供に伝えるようにしましょう。「ママはこう思っている、けど、パパに訊いたら?」などと言うと、どんどん夫婦のチームワークは崩れてしまいます。きちんと子供のことや家のこと、仕事のことなど、どんな些細なことでも、夫婦で取り組むように心がけましょう。

【最後に/まとめ】

離婚率は年々高まるばかりです。片親の子供もとても多いですし、離婚が身近ですよね?ですが、離婚せずに何十年もいっしょに暮らせる夫婦もたくさんいます。夫婦間のことですから、どの方法がベストとは言い切れません。

ですが、基本として、どんな夫婦の在り方であっても、そこには夫婦できちんと話し合って、取り決めをした事柄があります。なので、離婚に陥りそうだと感じたら、何度でもきちんと話し合って絆を確かめ合うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました