加湿器が臭い!どこが臭っている?加湿器の嫌な臭いをとるための掃除方法は?


冬場に大活躍の加湿器。でも加湿機を使用する時間が長いと、その分臭いや汚れが発生しやすくなります。そこで、臭う原因や、臭いを取る方法、臭いを防ぐお手入れ方法についてご紹介します。

加湿機本来の機能をしっかり引き出すためには、普段からのメンテナンスが大切です。参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

加湿器が臭い!加湿器のどこからイヤな臭いがでている?原因は?


生乾きの雑巾のような臭いがでるのは、フィルターや水に雑菌が繁殖している場合がほとんどです。匂いの原因になるカビの発生条件は湿気、あたたかい温度、ほこりなどです。暖房で部屋を温めて加湿器を使用していたら内部はカビにとって最高の条件が整っています。

加湿器といっても温かい蒸気を送る「スチーム式」水に空気を送って湿度を上げる「気化式」水を超音波によって微細な粒子にし、噴出する「超音波式」スチーム式と気化式の二つのタイプを合わせた「ハイブリッド式」の4タイプに分かれます。

中でも「気化式」「ハイブリット式」「超音波式」の加湿器はお手入れをこまめに行わないと雑菌が発生しやすくなってしまいますこまめなフィルター掃除や交換がおすすめです。


加湿器のイヤの臭いを撃退するには?自分で掃除はできるの?


加湿器は自分で掃除できます。取扱説明書などにもお手入れの方法などが記載されているので参考にしましょう。ここでは、主な掃除の方法を紹介していきます。

①フィルターのお手入れ

フィルターはつけおき洗いをします。1時間ほどが目安です。落ちにくい汚れは傷がつかないように、スポンジや歯ブラシなどで軽くこすります。つけおき洗いが終わったら水でよくすすぎ乾燥させてから加湿器に戻しましょう。

②タンクのお手入れ

給水タンクは水をすべて捨て、500mlの水に中性洗剤を入れて振ります。泡立たなくなるまですすぎを繰り返してから乾燥させます。

③加湿器内部の汚れ

水の量に対して1割くらいのクエン酸を溶かして、加湿器のタンクの中に入れ、加湿器を1時間作動させます。そしてタンクや加湿器の底に残ったクエン酸水を捨てて水でよくすすぎましょう。

④カビや白いカスの掃除

部品がつけおき出来るサイズの容器に、水1ℓに対しクエン酸を小さじ1程度入れよくかき混ぜます。給水タンクも同じ要領で行います。つけおき後に残った汚れがある場合にはスポンジや歯ブラシでこすります。汚れが落ちたら給水タンクを水ですすぎしっかり乾燥させてから加湿器本体に戻しましょう。

ピンク色の汚れ、赤カビには重曹を使います。水1ℓあたり重曹大さじ2を入れクエン酸の時と同じ要領でお手入れしてください。

最近ネットで良く見る「オキシ漬け」という手もあります。オキシクリーンには計量スプーンがついているので説明書を参考に40℃~60℃のお湯に溶かし20分以上つけおきしてください。こちらもクエン酸、重曹と同じ要領でお手入れしましょう。

加湿器のお手入れ&水垢落とし


加湿器を掃除してもイヤな臭いがとれない場合はやっぱり買い替え?


修理に出す場合は、まずメーカーのサイトを確認しましょう。わからなければサポート窓口に電話しましょう。補修用性能部品の保有期間があり、修理できない場合があります。製品の修理や部品の注文を受け付けない場合があるので注意が必要です。

修理料金の目安は4,000円~8,000円です。加湿器によっては買い替えたほうが安く上がる場合もあります。保証期間であれば製品を交換してくれるメーカーもあるようです。

加湿器の寿命は短く5年程度が寿命です。
加湿器の寿命が短い理由は「ミネラルを含んだ水道水を使用する」ということにあります。水が蒸発してもミネラルは残ってしまうため、加湿器の故障の原因になるのです。

加湿器の寿命は加湿方法によっても異なります。

スチーム式加湿器

スチーム式加湿器の電熱線は10,000時間程度使用できるものが一般的です。本体が温まらず蒸気が発生しないという症状がスチーム加湿器の故障の特徴です。

超音波式加湿器

超音波式加湿器で水蒸気を作り出す振動子の寿命は5,000時間程度が寿命です。
振動を生み出す部品によって加湿するため、スチーム式よりもやや部品寿命が短いのが超音波式の特徴といえるでしょう。

多機能の加湿器

加湿が必要ない湿度の場合には運転を控える機能を搭載しているため、製品寿命が長くなる傾向にあります。

しかしながら加湿器の寿命はメンテナンス不足によるものがほとんどです。長く使うためには、必要最低限のお手入れをする必要があります。

加湿器を長く使うためのコツは?日々のメンテナンス方法は?


最低限のお手入れとは、日常的にどんなことをすればよいのかご紹介します。決して難しいことではありません。そしてこのメンテナンスこそが加湿器を長く使うためのコツであり、本来の目的である部屋をきれいな空気のまま加湿するために必要不可欠な事なのです。

①タンク内の水は毎日交換する。

給水タンクに何日も同じ水をためておくとタンク内で雑菌が繁殖してニオイの原因となります。

水は浄水器をとおした水は絶対に使用しないことです。飲み水としては良いのですが、加湿器に使用するとカルキなどの殺菌成分が除去されて水が腐るスピードが速くなる場合があります。水道水を使用しましょう

加湿器用除菌液など、タンクの中に水と一緒に入れて、「ぬめり」や「臭い」を防止してくれるものも販売されています。

②白いカス汚れをこまめに取り除く

白いカスは水道水のミネラル成分が固まってこびりついた状態です。
加湿器を通して部屋中に拡散しないよう、こまめに掃除しましょう。

③使用しない時は本体を乾燥させる

使用しないときがタンクを空にして、乾燥させ、カビの繁殖を防ぐことが重要です。

水を入れ替えるついでに、汚れを取り除くなど日常のメンテナンスを習慣化しておけば、臭いを発生させる問題は解消されます。こびりついてしまってから時間を掛けて掃除するより楽ですよ!

加湿器の匂いは日々のメンテナンスで防げる!


健康のために使用している加湿器がカビや雑菌で体に悪影響を及ぼしてしまったら本末転倒。臭いで嫌な気分になるのも悲しいですね。どんなタイプの加湿器であってもお手入れは忘れずにしましょう
メンテナンスで故障も防いで加湿器を長く愛用してくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です