郵便の保管期限切れの延長はできる?クレジットカードはどうなるの?

スポンサーリンク

受け取らなければならない郵便物が受け取れず不在届が投函されていた、なんてことは経験がある方も多いと思います。
でもさらに、ちょうど長期の旅行や出張、他の理由で保管期限が切れてしまいそう……なんてことになったら、とても困りますよね。


保管期限はそれぞれ必ず設定されていますが、その保管期間が切れそうな場合は延長は出来るのか、また郵便物によっても違うのかなど、状況によっても違う可能性を考えるとなかなか大変です。


そんなわけで今回は「郵便の保管期間が切れた場合は延長出来るのか」など、郵便物の保管期限についてチェックしていきたいと思います!


スポンサーリンク

【郵便物が不在だった場合、保管期限は何日?どこで保管される?】



ちなみにそもそも最も大切な「不在だった場合などで郵便局に保管された場合の保管期限」についてですが、通常の場合


7日間


となっています。
また冷蔵品などの場合も基本的には7日ですが、差出人が留置期間を設定出来ますのでそれより短い期間となっていることもありますのでご注意ください。
基本的にチルドのゆうパックなどはきちんと保冷されたまま保管してもらえますが、どちらにしてもナマモノの場合は早めに受け取ることが大切です。


またこの保管期間が過ぎてしまった場合は差出人に返送されてしまいますので、不在票が入っていたらどちらにしても早めに受け取りに行きたいところですね。




【郵便物がクレジットカードの場合、保管期限が過ぎたらどうなるの?】



一般のゆうパックなどの場合はまだ良い(良いわけではありませんが……)のですが、受け取りたい郵便物がクレジットカードだったりした場合はさらに焦ってしまいますよね。


基本的にクレジットカードの場合も不在届が入っていた場合は期間内に受け取れるようにすれば良いのですが、その期間が過ぎてしまうとルールの通り、差出人……クレジットカード会社に返送されてしまいます。


こうなると「クレジットカードを受け取れなくなってしまうんじゃ!?」とあせってしまうかもしれませんが、何度も繰り返し受け取れなかった場合などはともかく、一度くらい受取期限を過ぎてしまったからといってクレジットカードを送ってもらえなくなるわけではありません。
改めてクレジットカード会社に連絡し、「郵便局の保管期間が過ぎてしまったので再送してください」とお願いすれば大丈夫なので、安心してくださいね!


クレジットカード会社によっては返送された段階で確認の電話などを入れてくれることもあるそうですが、「それなら連絡を待っていればいいか」と思ってしまうとそのまま流されてしまうことも、もちろん可能性としてはありえます。
こちらのミスで保管期間を過ぎてしまったのは間違いありませんので、必ずクレジットカード会社に連絡して再送をお願いしておきましょう!


【保管期限までに受取ができない場合、延長をしてもらうことは可能なの?】



最初にもちょっとお話したのですが、その日に受け取るつもりだった郵便物をうっかり受け取り損ね、次の日から数日出張の予定が……なんてこともあるかもしれませんよね。
そういった場合は「もう返送されてしまうしかないのか」と思ってしまうかもしれませんが、どうしても受け取りが出来ない場合、郵便局「延長申請」をすることが可能です。


延長申請で延長出来るのは3日間となり、最大で郵便局の場合10日は保管してもらえるというわけですね。
連絡をするのは保管している郵便局になりますので不在届もしくは郵便局のホームページなどで保管されている郵便局を確認し、そちらに電話すればOKです。
心配な場合は追跡などで確認すると「保管期間延長受付」と表示もされますので、そちらで確認しておくとさらに安心だと思いますよ!


【保管期間中は24時間いつでもとりにいけるの?】



昼間はどうしても忙しく、出来れば夜に受け取りに郵便局に行きたい……と考えることもあるかもしれませんが、基本的に配達担当の郵便窓口の営業時間であれば受け取りが可能です。
しかしどの郵便局でも夜間受付が可能であるとは限りませんので、夜間など営業時間か怪しいタイミングで受け取りに行きたい場合は一度郵便局に連絡し、受け取れるかどうかを確認しておきましょう。
夜間の営業は郵便局によっても時間などが大きく違いますので、「他の郵便局の情報」ではなく必ず「受け取りたい郵便局の営業時間」を調べることが必要になります。


また郵便物を受け取りに行く際はいくつか必要なものがありますので、以下のリストをチェックして忘れ物がないようにしておきましょう!


・本人確認書類
→運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードやパスポートなど、受取人の名前と住所が確認出来る証明が必要となります。
・印鑑(署名でも可)
・不在連絡票(入っていた場合)


【まとめ】

不在票が入っていた上に当分取りにいけない、またチルドパックをうっかり受け取れなかった……なんて場合は本当に焦ってしまいますが、郵便局のシステムもこのようにしっかりしています。
その日は無理だとしても出来るだけ早めに、どうしても受け取れない場合も延長申請をしておけば安心ですので、慌てずきちんと対処していきましょう!


また郵便局に自分で受け取りに行く場合は本人確認書類など必要なものもありますので、慌てて行って忘れてしまい、二度手間に……なんてこともないように注意しておくと良いですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です