タクシー運転手とトラブルになった!相談先は警察?弁護士?トラブル対処法とは?

スポンサーリンク
仕事の人間関係・近所の人間関係
スポンサーリンク

タクシーと言えば、終電に乗り遅れた時に利用するものですよね。つまり、酔った時に乗ることが多いと思います。

そのため、トラブルになってしまうことも多く、運転手さんによってはトラブルに慣れていて、大きなトラブルになりにくいかもしれませんが、逆に苛立って言い返されて口論がひどくなるケースもあるでしょう。トラブルになったどうすればいいのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

タクシー運転手とのトラブルになるケースとは?

タクシーに乗って運転手さんとトラブルになりがちなケースとして、よく挙げられるのは、泥酔してタクシーに乗った時です。泥酔している気がしない人でも、周りから見たら、支離滅裂なことを言っている場合ってありますよね。

泥酔して乗って、着いたら知らない場所だった場合などに運転手さんとトラブルになりがちでしょう。他にも、途中で下されてしまった時に喧嘩になることもしばしばです。

他には、急いでいる時に遠回りをされたり、近道を教えているのに断って別の道を行かれて、到着が遅くなった時に口論になりやすいでしょう。

運転手さんには運転手さんの言い分があるのは分かると思います。実際に、交通ルールや法律などで、近道ができない場合もあるのですが、お客側が分からない場合はどうしてもメーターのために遠回りしているように感じてしまいます。

さらに、汚す気がなくても、鞄やジャケット、トランクなどが汚れていたために、シートカバーを汚してしまう場合があるでしょう。

そういった時に、クリーニング代などでトラブルになってしまうこともあります。もちろん、汚した方が悪いですが、運転手さんによってはかなりきつい言い方をしてくることもあるので注意してください。

タクシーで大暴れ!その一部始終

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

タクシー運転手とトラブルになった場合はすぐに警察?

 

タクシー運転手とトラブルになった場合は、個人対個人となるので、なかなか埒が明かない場合も多いでしょう。

一番いいのは、その場はとりあえずおさめるようになんとか冷静に対処することですが、どうにもならないと思ったら、タクシーセンターにその場で電話してみるのもいいかもしれません。長引きそうならば警察を呼んで、間を取り持ってもらうのが得策でしょう。

ただ、運転手さんもトラブルは避けたいでしょうから、よほどのことではないと警察を呼ぼうとは思わないと思います。警察を呼んだところで、きちんと対応してくれないケースがおおいので、営業時間を削ってまでは呼ばない場合が多いです。

さらに、小さなタクシー会社の場合は、トラブルは自己責任となる場合が多いので、運転手さんの泣き寝入りになることが多いです。

タクシーを降りてから、腑に落ちない場合は、後からでもいいので、タクシー会社に電話したり、タクシーセンターに相談してみるといいでしょう。センターによっては、運転手さんに指導を行ってくれる場合もありますよ。

タクシー運転手やタクシー会社とトラブルに。弁護士費用は?

タクシー運転手やタクシー会社と裁判沙汰になるケースとして多いのは、暴力、恐喝、脅迫が行われた時でしょう。明らかに罪に問えるような行いがなされた場合は、監視カメラなどから、証拠をおさえられる限り、弁護士も動いてくれるでしょう。

弁護士の費用はまちまちですが、成功報酬として、慰謝料の2~3割を受け取ることが多いと思います。弁護士事務所によって、他の報酬は異なると思います。

しかし、大抵の場合は、弁護士に相談しても、動くだけ無駄という返答で終わってしまうことが多いようです。警察が動いてくれるレベルであれば、弁護士も動くと考えておいて良いでしょう。

逆にタクシー運転手から警察を呼ばれるケースは?もし呼ばれてしまったら?

タクシー運転手から警察を呼ばれるケースとしてよくあるのは、運転手さんに暴力や暴言を浴びせた時でしょう。運転手さんをしていると身の危険を感じることは多いようです。

お客は態度がデカいことが多く、ストレス発散に延々と暴言を浴びせてくることがあります。さらに、シートを後ろから蹴ったり、物を投げつけてきたりする場合もあります。酔っている客も、危険な場合があるので、警察の世話になることがあります。

他には、無賃乗車です。物を置いて、財布を取りに行き、そのまま帰ってこないケースは意外と多く、いつもよりも1000円高いなどと言って、値切り交渉をしてくる客も多いです。

しつこく、法を違反するような道に入るように言ってきたり一方通行を通って近道させることもあります。断るとトラブルになりやすいようです。

とにかく、警察を呼ぶと言うことは、運転手さんが一人で対処できない範囲だったり、明らかに法を犯しているケースなので、呼ばれたら逃げるのが一番でしょう。逃げたことで、それ以上に発展しないことも多いですし、相当なことであれば、警察が後から家に来るでしょう。

【最後に】

 

個人事業と変わらないタクシー運転手さんは、日々、いろんなトラブルに遭っています。日々の疲れで、些細なトラブルでも苛立って声を荒げられる場合もあります。お互いがヒートアップしてしまうと危険なので、どちらかが冷静さを保つ必要があるでしょう。

おかしいと思ったら、その場は冷静に対処して、折れずに後からセンターや警察に相談してみるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました